日本人にとって定番の犬と言えば「柴犬」と答える人は多いでしょう。柴犬は古くから日本人のよきパートナーとして親しまれており、外来犬種が増えてきた今でも変わらずトップクラスの人気を誇っています。

健康で賢く、愛情深くて我慢強い。きちんと愛情を持ってしつけていけば生涯にわたって最高のパートナーとなり、お互いに幸せな時を共有できるでしょう。

ですが、健康な柴犬でも老犬になると病気が目立ってくるようになります。健康に甘んじて何も備えてないと「病気→手術→高額治療」という事態になることも考えられますので、パートナーに十分な治療を受けさせるためにも、今のうちから備えはしておきましょう。

このページでは柴犬がなりやすい病気、お勧めのペット保険などを紹介していますので、よければチェックしておいてください。

このページの内容

このページでは、以下の順番で情報を載せています。

  1. 柴犬がなりやすい病気
  2. 柴犬にペット保険は必要あるのか?
  3. お勧めのペット保険
  4. 愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

それでは、いきます。

スポンサーリンク


柴犬がなりやすい病気

膝蓋骨脱臼

主に小型犬種がなりやすい病気ですが、中型犬である柴犬も膝蓋骨脱臼になりやすいと言われています。この病気は後ろ脚の膝のお皿がずれてしまう(脱臼する)ことで起こります。

発祥のサインは「スキップをするように走る」「脚を上げて3本足で歩く」「膝の痛みを訴える」「膝関節が動かせなくなる」などがあります。

階段などの段差で脚をひねったり、滑りやすいフローリングの上にずっといたり、肥満で足腰に負担がかかるといったことで発症してしまうと言われていますので、出来るだけ早く生活環境を柴犬用に仕上げて予防してあげたいところです。

軽度~重度まで、治療には外科手術が必要になるため、高額手術に対する備えをしておく必要があります。

アレルギー性皮膚炎

アレルギーの原因物質が呼吸や皮膚を通じて体内に侵入することで発症します。ノミに噛まれて発症することも多く、その痒みで体を噛んだりしてしまう症状です。

住環境を清潔にしてあげること、普段からこまめにノミ取り櫛などで取ってあげることが重要です。

緑内障

眼球内の水分量の調節が上手くいかず、眼内圧が高くなって視神経を圧迫してしって一気に失明になってしまう可能性を持っている怖い病気です。健康がウリの柴犬でも中老年になってくると緑内障になりやすいと言われているため、目の痛みを訴えたりした場合は早急に動物病院に連れて行きましょう。

治療は内科的治療と外科治療があります。手術までする症状になると治療費は30万円以上かかるケースもあります。治すにはかなりの出費が必要ですが、失明になる前に全力で治療に専念させてあげたいところです。

その他の病気

悪性腫瘍、外耳炎など

+++++++++++

柴犬だけでなく、ペットの治療には人間の様な保険が適用されないため、基本的に治療費は全額自腹となってしまいます。特に外科手術を含む治療はかなり高額になってしまうので経済的に非常に痛いのですが、それでも手術することで元気な姿に戻ってくれる可能性が高まることを考えると、やはり高額手術を選択してしまうものです。

愛犬に十分な治療を受けさせてあげて、さらに高額治療による出費を抑えたいのであれば、ペット保険に入るという選択肢も考えなくてはいけません。

柴犬にペット保険は必要あるのか?

柴犬は丈夫で健康なのが特徴であり、病気をするイメージがあまりないという人も少なくありません。

そのため、ペット保険には入らずに家庭でペット貯金をする人も多いと思います。

確かに柴犬の場合は家庭でペット貯金をしていた方がいいという状況が多いかも知れません。もし最後の時まで大きな病気にならずにいてくれたら、ペット保険に入っていたお金は無駄になりますからね。家庭ペット貯金の方がお得な場合が多いのかも知れません。

長生きが逆に病気につながることに

ですが、最近は医療技術が発達し、食事の栄養バランスも凄く良くなり、ありがたいことに柴犬も凄く長生きするようになりました。

そして長生きするようになった影響として、老犬になった時に病気をしやすくなるという問題まで出てきてしまったのです。

人間もそうですが、高齢化してくるとどうしても病気になりやすくなってしまいます。柴犬も例外ではなく、年齢を重ねるにつれて慢性腎不全、白内障、甲状腺機能異常、がんなども目立ってくるし、肥満が原因で心臓病などにもなりやすくなっています。

そのため、若いうちは全く手間がかからなかった柴犬でも、老年時の様々な病気で100万円くらい治療費が飛んでいくというケースもあるのです。このように老年時の病気問題が他人事ではなくなってきており、そのことをちゃんと想定して備えていくことが重要となってくるのです。

また、いくら健康で丈夫とは言っていても、犬によっては早い段階で病気になることもあり、そのままずっと病院通いになることもあります。このように丈夫な柴犬とはいえ、場合によってはペット保険に入っていた方がお得なケースもあるのです。

保険はあくまで万が一のリスクに備えるためと考えよう

ただ、これは人間の保険でもそうですが、加入する段階では将来的に得になるのか損をするのかは分からないため、「こちらの選択が良いですよ」という断定は出来ないのです。

  • 柴犬が健康でいてくれることを予想するなら家庭でのペット貯金を
  • 長生きしてもらう予定で、老年時の病気にしっかりと備えたい場合はペット保険に加入を

残念ながら、このような意見しか言えません。

ペット保険に加入すべきかどうか迷うところではありますが、万が一のリスクを減らしたいならペット保険を検討してみる価値はあると思います。

個人的には、一般的な経済状況の家庭の場合は入っておいた方がいいと思ってます。経済的に余裕がある方にはペット保険は必要ないでしょう。

柴犬にお勧めのペット保険

柴犬は健康で丈夫なため、一般的に病気になりにくいと言われています。ですが中老犬になるころから様々な病気になる危険性が増えてきます。

そのため、ペット保険は出来るだけ長く継続して入れるもので、なおかつ病気になる可能性が他の犬よりも低いであろうことから、月々の保険料が出来るだけ安く抑えられるところがいいと思われます。

また、ペット保険では柴犬はいわゆる「中型犬」の部類に入っていることが多いです。

以上のことをふまえて考察すると

  • 中型犬の保険料が出来るだけ安く、さらに年齢による値上がりも少なくて
  • そして長生きした時を想定して継続期間が終身まであるもの
  • それでいて補償内容が悪くない

にこのようなペット保険に入るのがベストとなります。

お勧めはFPC

この条件に当てはまるペット保険を探すとなると、個人的にはFPCが最もお勧めなのではないかと思います。

FPCは保険料が安いわりに補償内容が良いので犬用でも猫用でもペット保険としてお勧めなのですが、中型犬・大型犬の保険料が他と比べると非常に安いため、柴犬のような中型犬の場合は真っ先にお勧めしたい保険といえるのです。

以前は11歳までしか継続できなかったのでFPCは柴犬用保険としてはお勧めしてはいませんでしたが、2015年8月1日の商品改定で終身まで継続できるようになりましたので、それからはFPCがイチオシとなりました。

そのため、柴犬のペット保険選びに迷ったらFPCにしておくのが良いのではないかと思います。

PS保険もお勧め

柴犬のペット保険としてはPS保険もお勧めです。

PS保険は

  1. 終身まで継続可能
  2. 中型犬の保険料が凄く安い(業界トップクラスです)
  3. 保険料が安いのに補償内容は普通に良い
  4. オリコン満足度ランキングで3年連続総合1位を獲っている
  5. 保険金の支払いが簡単なうえに凄く早い(平均3.6日)
  6. 全国の動物病院が補償の対象

という大きな魅力を持っているペット保険です。オリコン満足度ランキングで3年連続総合1位という素晴らしい実績は注目すべき点といえます。

それに、PS保険の補償内容は

  • 通院:1日あたり1万円(年間20日まで)
  • 入院:1日あたり2万円(年間30日まで)
  • 手術:1回あたり10万円(年間2回まで)
  • 年間補償限度額:100万円
  • 保険料:月々1,670円~(中型犬、50%補償)

となっており、他の月額が高い大手ペット保険と比べても全く遜色ない内容となっています。

そして満9歳になるまでは加入することが出来るので、「うちの柴犬、今までは元気だったけど、そろそろ保険に入った方がいいかな」と思った時でも、10歳になる前なら加入することが出来ます。

以上の事から、柴犬にはPS保険もかなりお勧めなのではないかと考えています。柴犬を現在飼っている、またはこれから飼う予定という方は、PS保険もチェックしておくことをお勧めします。資料は公式サイトから無料で取り寄せられます。

ペッツベストはどうか?

当サイトでは犬のペット保険 おすすめの比較と評価ランキングというページを作っており、その中では上記の他にもペッツベストを取り上げています。

が、今回の柴犬に関してはFPC、もしくはPS保険が良いという結論に達したため、ペッツベストの出番はありませんでした。

何故ペッツベストを柴犬の保険として選ばなかったのかというと、やはり理由があります。

ペッツベストは保険料が安い上に80%補償なのでペット保険として凄く良いのは間違いないのですが、16歳11ヵ月までしか継続できないのと、中型犬の保険料が他の2つよりもかなり高くなってしまうことから、今回はペッツベストをイチオシにはしませんでした。

ただし、もしもペットの柴犬が病気がちで、色々な病気になる可能性を持っている場合は、80%補償のペッツベストの方がお得になる可能性もあります。それにペッツベストは高額治療に向いている保険ですので、万が一を考えるならペッツベストを選ぶという選択肢も十分にあると思います。

とりあえずは資料を請求しておき、補償内容や保険料などをじっくりと見比べてみるのも良いかも知れません。

愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

愛犬が他人に噛みついてケガをさせると賠償責任が発生します。お相手の怪我の具合によってはかなりの高額賠償になる場合があり、1,000万円を超える高額賠償になってしまうこともあります。

そんな愛犬の噛みつき事故に備えるには『個人賠償責任保険』に加入することで解決します。一応ペット保険には特約として個人賠償責任保険を付けられるところもありますが、ペッツベストもPS保険もその特約は用意されていません。

また、例えペット保険側で個人賠償責任保険を用意している場合でも、正直言って全然たいしたことのない内容のものがほとんどです。『個人賠償責任保険』は他に凄く良い内容のところがありますので、ペット保険とは別口で入っておくことをお勧めします。

※ 別口で入るのであれば、ペット保険の特約で付いている個人賠償責任保険に入る必要がなくなります。(ペット保険では個人賠償責任保険のことを「ペット賠償責任特約」などの名前にしていますが、同じ保険です)

噛みつき事故の場合のお勧め保険についてはこちらのページで解説しています。噛みつき事故は他人事では済まされないため、ペット保険と合わせてこちらもチェックしておくことをお勧めします。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

ちなみに、このページでは月額150円で年間1億円までの補償が受けられるという超お勧めの個人賠償責任保険もご紹介しています。クレジットカード発行という条件があるのが少々痛いですが、経済的にほとんど負担にならずに加入できるので、入っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク