月額:無料(その代り、カードの年会費27,000円~)
賠償責任(限度額):1億円

ダイナースクラブ ビジネスカードにはゴルファー保険が自動付帯しており、カードを持っていれば補償を受けることが出来るようになっています。

賠償責任保険金額が1事故1億円とかなり良く、他の補償も悪くありません(用品損害が少し低めですが・・)。ゴルフをするうえで必要となる補償は揃っていますので、カードに自動付帯するゴルフ保険としてはかなり良いと思います。

スポンサーリンク


ダイナースクラブ ビジネスカードの「ゴルファー保険」の詳細

ダイナースクラブ ビジネスカードに付帯しているゴルファー保険は、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

国内、国外を問わず、ゴルフ場や練習場敷地内で競技や練習中に、誤って他人の物を壊したりケガをさせてしまった場合に補償されます。

賠償責任限度額は1億円

●傷害

国内、国外を問わず、ゴルフ場や練習場敷地内で競技や練習中にケガをした場合に補償されます。

●用品損害

国内、国外を問わず、ゴルフ場や練習場敷地内でのゴルフ用品の破損、盗難を補償してくれます。

●ホールインワン、アルバトロス費用

ホールインワンやアルバトロスを達成したお祝いの祝賀会費用や贈呈品購入費用などを保険金額の範囲内で知ら張ってくれます。(条件あり)

保険内容の詳細はPDFをご覧ください。
ダイナースクラブ ビジネスカードのゴルファー保険PDF

注目ポイント

無料で自動付帯するゴルファー保険の中では特に内容がいいです。損害賠償が1億円ですし、傷害による入院・通院保険金もかなり良いです。

また、ダイナースクラブ ビジネスカード自体がビジネスオーナーに特化したカードであり、持っていれば信用の証になるし、ビジネスに利用できる大きな特典も付いてきます。

さらに、オフの時でも旅行・グルメ・エンタテイメントなどで各種サービスが受けられます。

無料付帯のゴルファー保険のみならず、ダイナースクラブ ビジネスカードを持っていればビジネスでもプライベートでも役立ってくれることでしょう。

イマイチな点

ゴルファー保険自体は無料付帯ですが、カード自体の年会費が27,000円ということと、発行に多少のハードルがある(個人事業主、法人企業の役員など)ことから、誰にでもお勧めできるという訳ではありません。ゴルファー保険目当てにカード発行・・という選択肢はまずないと思います。

初めにビジネスやプライベートでの充実のサービス、またはカードを持っていることのステイタスというものがあり、ゴルファー保険はその後に来る「ちょっとした付属」という位置付けです。

ダイナースクラブ ビジネスカードを作る

カードの発行はこちらから出来ます。
ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード「ゴルファー保険」の保険金額

補償内容ゴルファー保険
死亡・後遺障害300万円
入院日額4,500円
通院日額3,000円
賠償責任1事故 1億円限度
ホールインワン
アルバトロス
10万円
携行品損害5万円
保険料なし(ただし、カードの年会費が27,000円~)
公式サイトダイナースクラブ ビジネスカード
ゴルファー保険PDF

スポンサーリンク