月額:500円
賠償責任(限度額):3,000万円

月にワンコイン(月額500円)で日常でのケガによる入院・手術などを補償してくれます。

ワンコイン保険には「賠償責任補償タイプ」「携行品補償タイプ」「カード被害等補償タイプ」の3種類ありますが、今回はスポーツ・レジャー全般で特に役に立つであろう「賠償責任補償タイプ」について解説します。

スポンサーリンク


アメリカンホーム保険会社のワンコイン保険「賠償責任補償タイプ」の詳細

アメリカンホーム・ダイレクトの「賠償責任補償タイプ」に加入すると、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

日常生活中(スポーツ・レジャー含む)に他人にケガをさせたり、他人の物を壊した場合の損害を賠償してくれます。

賠償責任限度額は3,000万円

●傷害

スポーツ・レジャーを含む日常生活中の事故でケガをした時に補償されます。死亡・後遺障害、入院、手術保険金を支払ってくれます。

●レンタル品の補償

レンタル業者から賃借したレンタル用品を誤って破損、盗難にあった場合に補償されます。

●保険の対象

被保険者本人のみ

保険内容の詳細は公式サイトをご覧ください。
ワンコイン保険 補償内容と保険金額 賠償責任補償タイプ

注目ポイント

ケガによる入院保険金が3,000円で、手術保険金も付いているため、ケガに対する補償としては悪くないかも知れません。(通院保険金がないのが気になりますが・・)

また、「賠償責任補償タイプ」には「レンタル品の補償」が付いています。これは傷害保険ではあまり見かけず、比較的珍しい補償ですが、スキーやスノーボードなどのレンタルを活用するレジャーやスポーツの際に役立つでしょう。

イマイチな点

月々ワンコインという触れ込みなので一見すると安そうですが、年間にすると6,000円かかります。このくらいの価格帯なら他にも保険はありますし、内容的にもそちらの方が充実している場合があります。

それに、月500円ならば賠償責任補償と携行品補償を別のコースにする必要はないです。一緒にしても全然良いと思います。それに賠償責任補償が最高3,000万円なので、万が一の高額賠償のことを考えると心もとないかも知れません。

ワンコイン保険には「賠償責任補償タイプ」「携行品補償タイプ」「カード被害等補償タイプ」と3つのコースがありますが、価格の割にそれぞれ何かが足りない・・という印象を受けてしまいます。

アメリカンホーム保険会社「ワンコイン保険」の保険金額と保険料

補償内容賠償責任補償タイプ携行品補償タイプカード被害等補償タイプ
死亡・後遺障害最高 80~240万円最高 70~210万円最高 75~225万円
入院日額3,000円3,000円3,000円
手術保険金3・6・12万円3・6・12万円3・6・12万円
賠償責任最高 3,000万円なしなし
携行品損害なし最高 10万円なし
レンタル品の補償最高 20万円なしなし
カード不正利用による被害なしなし最高 100万円
保険料(月額)500円500円500円
公式サイト月々500円で安心を賢く備える!アメリカンホーム・ダイレクトのワンコイン保険

※ 上の表では「賠償責任補償タイプ」「携行品補償タイプ」「カード被害等補償タイプ」の3つの保険内容を載せています。

スポンサーリンク