月額:370円~
賠償責任(限度額):1億円~

自分だけなら月370円から、家族全員なら月890円から利用できるau損保の自転車向けサービスが「自転車向け保険 Bycle(旧ケガの保険 Bycle)」です。

各保険金額がなかなか良く、しかも家族コースもあるため、自転車保険を探している方は一度はチェックしておいた方がいいかも知れません。

スポンサーリンク


自転車向け保険 Bycleの詳細

保険金額と保険料

保障内容 ブロンズ シルバー ゴールド
月額保険料 本人:370円
家族:890円
本人:610円
家族:1,490円
本人:1,050円
家族:2,090円
死亡・後遺障害
()内は自転車事故の場合
300万円
(600万円)
400万円
(800万円)
400円
(800万円)
入院一時金
()内は自転車事故の場合
 -  2万円
(4万円)
5万円
(10万円)
入院日額
()内は自転車事故の場合
4,000円
(8,000円)
6,000円
(12,000円)
6,000円
(12,000円)
手術保険金
()内は自転車事故の場合
2万円または4万円
(4万円または8万円)
3万円または6万円
(6万円または12万円)
3万円または6万円
(6万円または12万円)
通院日額
()内は自転車事故の場合
 -  1,000円
(2,000円)
2,000円
(4,000円)
賠償責任 1億円 1億円 2億円
法律相談費用  -   -  5万円
弁護士費用等  -   -  300万円
備考 示談交渉付き

保障内容

傷害保険 自転車事故を含む交通事故全般を保障します。
死亡・後遺障害、入院、手術、通院等
賠償責任保険 自転車走行中、および日常生活中の事故によって発生した損害賠償金を保障。
(他人へのケガ、他人のものを壊したなど)
示談交渉サービス 自転車や日常生活中の賠償事故について、示談交渉を代わりに行ってくれます。
公式サイトはこちら
自転車保険「Bycle」|au損保
注目ポイント

シルバーコース以上になると、他の自転車保険にはあまり付いていない「入院一時金」「通院保険金」が付けられます。これは確かに嬉しい点ではありますが、自転車保険は保険料の安い「ブロンズコース」で十分なため、活かす機会は限られてくるでしょう。

さらに手術保険金も付いているため、万が一のケガへの備えになってくれるでしょう。

また、出来るだけ避けたい「示談交渉」も、代行してくれるサービスが付いているのがありがたいです。

そして最も注目なのは「自転車に係る事故」によるケガの補償(死亡・後遺障害、入院一時金、入院・通院・手術保険金)に関しては、保険金額が2倍になるということです。これでケガの補償に限っては、他の追随を許さないくらいの補償額となってしまいます。これは見逃せません。

正直言って、かなりおすすめと言える自転車保険です。

ちなみに保険料は月払いだけでなく、1年間と2年間の一時払いも出来ます。その場合は月払いよりも保険料が安くなるため、長く利用する場合はお得になります。

イマイチな点

入院一時金と通院保険金がシルバーコース以上に加入していないと出ないため、全ての傷害保障が欲しい場合はブロンズコースと比べて保険料が高くなってしまうのが痛いです。

ちなみに「シルバーコースで家族タイプ」を選ぶと月々1,490円もかかってしまうため、自転車保険としてはかなり高いのではないか・・という印象を受けてしまいます。他の会社ではもっとお手軽な価格で利用できるものが多くあるため、どうしてもこの保険料の高さで自転車保険を利用するのは気が引けてしまうかも知れません。

とはいえ、自転車保険はブロンズタイプで十分だと思いますし、そのブロンズタイプも自転車保険の中ではかなり安い方でありながら保障内容はとても良いため、お勧めであることに変わりはありません。

お勧めの自転車保険をお探しの方へ

自転車保険への新規加入を考えている、または保険料を見直してもっと安い所を探しているという方に向けて『保険料が安くて補償内容が良い自転車保険』を考察・紹介しているページを作りました。

もちろん、他人にケガを負わせた場合に保障してくれる「個人賠償責任保険」も含めてのお勧めを探っていますので、興味がある方は是非ともチェックしてみてください。

特に小学生、中学生、高校生のお子さんをお持ちの方にはこのページは見て欲しいです。
自転車保険 おすすめの比較と評価ランキング

スポンサーリンク