006

自転車事故による高額賠償を背景に、2015年10月1日から兵庫県で始まった自転車保険への加入義務化。

いち早く兵庫県がスタートを切った訳ですが、大阪府も2016年7月の施行を目指すと表明しており、さらに今後は全国でその動きが加速されることが予想されます。

どんな保険に入ればいいのか

では、どんな保険に加入しておけばいいのでしょうか。「自転車保険」と言われるものに本当に入らなければいけないのでしょうか。

実はそんなことはないのです。自転車事故によって生じた他人へのケガを補償することができる保険、または共済であれば問題ないとされています。

つまり、自転車利用者、またはその保護者の方は個人賠償責任保険にさえ加入していればその義務を果たしたことになります。

そうなのです、一般的に「自転車保険の加入を義務化」と言われているのですが、専用の自転車保険に加入する必要はなく、他人のケガによる高額賠償に備えられる「個人賠償責任保険」にだけ入っていれば大丈夫なのです。

そして個人賠償責任保険は単品で契約することが可能となっており、それが一番保険料を安く済ませることができます。また、個人賠償責任保険は自転車保険に含まれている他、自動車保険・火災保険・傷害保険に付帯することも出来ます。共済やTSマーク付帯保険も同様です。

個人賠償責任保険は最低でもこれだけの条件が欲しい

一口に個人賠償責任保険と言っても、提供する会社ごとにその内容は異なります。そのため、もしかしたら「これは絶対必要!」という保障が付いていない可能性もあるのです。

例えば示談交渉が付いていないものを選んでしまった場合、万が一の事故の際は自分で相手方と色々な交渉をしなければならなくなります。事故を起こしてとても滅入っている時に、示談交渉をしてくれる人がいることがどれほど大きな助けになるか、容易に想像できると思います。

このように、個人賠償責任保険には「これだけは付いていて欲しい!」という保障があるのです。個人的には以下の点を満たしているものを選んでほしいなと思っています。

  • 示談交渉付き
  • 5,000万円以上の賠償責任補償額がある(出来れば1億円)
  • 家族全員が対象
  • 自転車以外の日常生活も保障してくれるものが良い
  • 保険料が安い

示談交渉が付いているのはもはや外せません。また、事故の程度によってはもの凄い高額賠償になってしまう可能性もありますので、5,000万円以上の賠償責任補償額は欲しいです。ただし、事例では9,000万円を超える賠償金を請求されるケースもありますので、出来れば1億円は欲しいですね。(事故例:母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」 – MSN産経west

家族全員をカバーしてくれるもののであれば、自分が入っておけばそれだけで子供の自転車利用分の義務もはたしていることになります。

そして自転車以外でも他人にケガを負わせてしまう可能性は日常生活中、またはスポーツ中(特にスキー・スノボなど)にも潜んでいますので、日常生活全般を保障してくれるものだと嬉しいです。

007

お勧めはJCBの「日常生活賠償プラン」

出来れば以上の保障内容を満たしている個人賠償責任保険を探し、加入を検討してもらえればと思っています。

参考として特に私がお勧めだと思っているものを挙げますと、私はJCBの「日常生活賠償プラン」月々150円の保険料で最高1億円の補償が受けられるので非常にお勧めだと思っています。

JCBの「日常生活賠償プラン」の特徴をまとめると

保険料は月々150円
補償限度額は1億円
家族全員が対象
示談交渉サービス付き
死亡・後遺障害の保障が100万円(自分自身、交通事故のみ)
日常生活中の事故(スキー・スノボなど)にも対応

というかなり魅力的な内容になっています。JCBカードを持っていないと利用できないのが一番のハードルなのですが、「JCB EIT」であれば年会費永年無料で発行できますので、個人賠償責任保険を探している方はチェックしておくことをお勧めします。

詳細はこちら。
JCBカードのトッピング保険「日常生活賠償プラン」の魅力・注意点など

すでに個人賠償責任保険に入っている可能性もある

今現在、自動車保険・火災保険・傷害保険のいずれかに加入している方は、すでに個人賠償責任保険を付帯して契約している可能性があります。

その場合は契約内容を見直し、上で挙げた項目をどれほど満たしているか確認しておいてください。ちなみに家族全員が対象となっているのであれば、他で加入する必要はなくなります。(もしも条件を満たしていない保障内容であれば、他も検討した方が良いかも知れません)

もし加入がまだであり、その内容が良いモノであったならば、そちらで加入しておくのが一番楽な方法となります。

専用の自転車保険はどうなのか

自転車保険は個人賠償責任が付いているのはもちろん、自転車事故による自分(被保険者)のケガ・死亡・高度障害に対して保障してくれます。

保険料は個人だと月々300円~400円、家族全員だと月々400円~1,000円くらいが相場となっています。

確かに個人賠償責任単品と比べると保険料は少し高めですが、医療保険と比べると非常に安いため、「医療保険には入ってないけど、何かしら自分(または子供)の自転車事故に対するケガへの保障が欲しい」という場合は自転車保険を検討してみても良いと思っています。

自転車保険のお勧めや比較情報に関してはこちらのページでまとめています。
おすすめの自転車保険の比較と評価ランキング

管理人taka管理人taka

とはいえ、基本的に個人賠償責任保険さえあれば自転車保険はいらないかなというのが個人的な見解です。

義務化はされているが、今のところは加入していなくても罰則はなし

ここまで解説しておいてなんですが、実は兵庫県では自転車保険は加入を義務化されてはいるものの、それを破ったところで罰則を受けることはありません。

何故かと言うと、保険に入っているかどうかを個人個人で確認していくことが非常に難しいと判断されたからです
。そのため、もし自転車保険(正確には個人賠償責任保険)に入っていなかったとしても、今のところは大きな問題になることはないのです。

ですが、自転車事故による高額賠償は年々増えてきており、万が一の場合はとてもすぐには支払いきれない賠償金を請求されることもあり得ます。

最近はスマホの「ながら運転」も問題になっており、残念ながら何かしらの法的規制でもされない限りはスマホ操作による事故はさらに増えると思われます。特に自転車通学をしているお子さんがいるご家庭では他人事ではない問題となるでしょう。

008

また、賠償金狙いでわざと当たってくる人もいないとも限りません(実際増えているそうです・・)。

そのような背景も踏まえ、自転車保険の加入の義務化という話が兵庫県を中心に出てきたのだと思います。もちろん強制ではなく、罰則もないので加入しなくてもいいのかも知れませんが、万が一高額賠償になった場合は自分や家族の人生、そして被害者の人生を大きく左右させてしまいます。

そのような重大な問題発生を未然に防ぐためにも、個人賠償責任保険だけには加入しておいた方が間違いないと言えるでしょう。

スポンサーリンク