001

大きい目と長い耳がとてもキュートで、跳んでいるように駆け回るのが特徴のキャバリア。正式名称は「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」と少々長くて呼びにくいため、一般的にはキャバリアの名前で親しまれています。

甘えるのが上手、おとなしい、そして無駄吠えが少ないという、室内犬としては非常に飼いやすい性格をしています。そのため、人気がとても高い小型犬です。

そんなキャバリアを飼っていけば癒されること間違いなしですが、その代りに私たちの責務として「キャバリアのなりやすい病気」は最低限知っておきたいところです。知っていることで、「この症状はもしかしてあの病気かな・・?」という予測もでき、躊躇なく病院に連れて行くという選択もできるかと思います。

このページでは

  1. なりやすい病気
  2. お勧めのペット保険
  3. 愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

の3つのテーマをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク


キャバリアがなりやすい病気

【心臓病(僧帽弁閉鎖不全)】
キャバリアで特に気を付けたいのが「僧帽弁閉鎖不全」という心臓病。弁の異常が原因で、左心室から左心房へ血液が逆流してしまう病気です。咳をしたり、すぐに疲れた様子を見せるといった症状を起こしますので、普段から注意して見ておく必要があるでしょう。悪くなると心不全を起こすことがあるため、不安を感じたら動物病院に連れて行くのがベストです。

老齢によって発生することが多いですが、肥満が引き金で心臓病になることもありますので、キャバリアは常に食べ過ぎに注意する必要があります。

僧帽弁閉鎖不全は内科治療が行われますが、状態によっては外科治療をすることもあります。外科手術は高額で、30万円前後かかるケースが普通ですし、キャバリアを飼っている方はかなり高い確率で僧帽弁閉鎖不全になるため、高額治療に対する備えが必要となってきます。

【膝蓋骨脱臼】
主に小型犬種がなりやすい病気で、キャバリアもその例にあがります。この病気は後ろ脚の膝のお皿がずれてしまうことで起こります。

発祥のサインは「スキップをするように走る」「脚を上げて3本足で歩く」「膝の痛みを訴える」「膝関節が動かせなくなる」などがあります。

階段などの段差で脚をひねったり、滑りやすいフローリングの上にずっといたり、肥満で足腰に負担がかかるといったことで発症してしまうと言われていますので、出来るだけ早く生活環境をキャバリア用に仕上げて予防してあげたいところです。

軽度~重度まで、治療には外科手術が必要になるため、高額手術に対する備えをしておく必要があります。

【流涙症】
目と鼻をつないでいる管が狭かったり詰まったりしていて涙が止まらない症状のこと、目頭が汚れて目の周りの毛を変色させます。

対処法としてはこまめに涙を拭き取ってあげること、点眼薬を差すことが挙げられます。

【外耳炎】
キャバリアはたれ耳なこともあり、外耳道に耳垢が溜まりやすく、それが原因で炎症を起こすことがあります。この炎症が外耳炎という症状で、かなりのかゆみのためにキャバリアを苦しめることになります。心臓病と共に、キャバリアの宿命とも言える病気です。

外耳炎は原因によって使用する薬が異なるため、動物病院で処方される薬で治療するのが良いです。また、こまめに耳を掃除してあげることが外耳炎を予防に繋がりますので、日々のケアをしっかりとしてあげるのが何よりも大切です。、

【その他の病気】
眼瞼内反症など

+++++++++++

キャバリアだけでなく、ペットの治療には人間の様な保険が適用されないため、基本的に治療費は全額自腹となってしまいます。特に外科手術を含む治療はかなり高額になってしまうので経済的に非常に痛いのですが、それでも手術することで元気な姿に戻ってくれる可能性が高まることを考えると、やはり高額手術を選択してしまうものです。

愛犬に十分な治療を受けさせてあげて、さらに高額治療による出費を抑えたいのであれば、あらかじめペット保険に入っておくのが一番良いと思います。

002

キャバリアを飼うなら心臓病に備えるべき

キャバリアは心臓病(僧帽弁閉鎖不全)にとてもなりやすく、飼い主さん達の間では「避けては通れない道」とささやかれているほど発症率が高いです。基本的には老犬、そして肥満犬の場合に発症しやすいと言われていますが、小さいうちから発症することもあります(1歳ですでに33%が心臓病を持っているという話)。

また、ある獣医の話ではキャバリアはほぼ100%に近い確率で心臓病になるということを聞いたこともあります。ただし、ウィキペディアの情報では16歳で75%となっています(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル – Wikipedia)。どちらにしても、いずれ8割くらいは心臓病になってしまうことになるので、やはり心構えはしておく必要があるでしょう。

そのため、キャバリアを飼う方はこの心臓病への対処のためにも、ペット保険に入るという選択肢は真剣に考えた方が良いです。キャバリアの場合、ペット保険の必要性はかなり高いと思います。

また、心臓病になってからでは保険に入れなくなる(または補償適用外になる)ため、キャバリアを飼う方は小さいうちから保険に入っておくのがベストの選択肢となります。

「まだ大丈夫だろう」と思っていても突然心臓病になってしまうのがキャバリアです。高額な治療費を払う段階になって「やっぱり保険に入っておけば良かった・・」と後悔する飼い主さんはかなり多いので、そうならないために今の内にペット保険に入って万全の態勢を作っておきましょう。

管理人taka管理人taka

キャバリアを飼う場合、心臓病への対処のために保険に入っておくことを真剣に考えた方が良いですね!

キャバリア君キャバリア君

いつ心臓病になるか分からないから、ちょっともったいないかも知れないけど小さいうちから保険に入っておくと万全だよ

キャバリアにお勧めのペット保険

キャバリアは小型犬のため、基本的には愛犬にお勧めのペット保険のページで紹介しているペッツベストPS保険がお勧めかと思います。

この2つは保険料が安くて補償内容も悪くないお勧め保険です。

ですが、2つ同時に加入することは出来ませんので、どちらが一番キャバリアに向いている保険なのかを考察してみたいと思います。

ペッツベストはどうか?

ペッツベストは保険料が安い上に80%補償ということで、管理人が非常に気に入っているペット保険の一つですが、キャバリアの場合は凄くお勧めとは言えないかも知れません。

ペッツベストはベーシックプランだと1回の事故(傷病)に対して25万円まで出してくれます。当然心臓病に関しても25万までは出してくれるのですが、逆に言うとそれ以上は出してくれないのです。

他の犬種のように、色々な病気にかかる可能性があるのならペッツベストは非常にお勧めなのですが、キャバリアは心臓病以外は丈夫な面を見せるため、心臓病(僧帽弁閉鎖不全)に備えられれば良いという人も多いはず。

そうなると、生涯にわたって保険に入っていて、それで僧帽弁閉鎖不全の補償が25万円だけというのはちょっともったいない気がします。もちろん他の病気にかかる可能性もあり、そうなるとペッツベストが結果的に一番良くなったりもするのですが、主に心臓病に備えたいのであれば他の保険の方が魅力を感じるかも知れません。

また、ファーストプランであれば1回の事故(傷病)に対して50万円まで出してくれるのですが、こちらは保険料が少々高めになってしまうため、ファーストプランに入るのであれば家庭でペット貯金をするという選択肢もアリになってきます。

PS保険はどうか?

解説を最後に持ってきたPS保険。するどい方は「あ、お勧めはPS保険なんだな」と察する方がいるかも知れませんが、全くその通りです(笑)

何故お勧めかというと、PS保険は小型犬の保険料が安いうえに1つの傷病で最高100万円まで出してくれるからです。

PS保険の補償内容は以下のようになっています。

  • 通院:1日あたり1万円(年間20日まで)
  • 入院:1日あたり2万円(年間30日まで)
  • 手術:1回あたり10万円(年間2回まで)
  • 年間補償限度額:100万円
  • 保険料:月々1,500円~(小型犬の場合)

これ、年間での最高補償日数と金額ではあるのですが、実は「保険に入っている期間中、1回の事故(傷病)に対して最高でこれだけ出すよ」という値でもあるのです。

ここらへんはちょっと公式サイトを見ても分からないです。確認したい場合はPS保険に直接電話で聞いてみてください。

で、本題を進めます。つまりキャバリアが心臓病になった場合、通院が1万円×20日=20万円まで、入院が2万円×30日=60万円まで、手術が10万円×2回=20万円までが出るということです。

合計すると20万円+60万円+20万円=100万円。PS保険に入っている間であれば、心臓病(僧帽弁閉鎖不全)に対して最高で100万まで出してくれるのです。ペッツベストの25万円と比べると4倍くらい多く補償してもらえる計算になりますね。

心臓病(僧帽弁閉鎖不全)が特に不安視されるキャバリアにとって、PS保険はかなりお勧めということになります。

管理人taka管理人taka

心臓病になった場合、保険期間中に最大100万円まで補償してくれるのはとても魅力的ですね!もちろん他の病気(ケガ)でも最大で100万円まで補償されます。

また、PS保険は他にも

  • 終身まで継続できる
  • オリコン満足度ランキングで3年連続総合1位を獲っている
  • 保険金の支払いが簡単なうえに凄く早い(平均3.6日)

という魅力を持っています。もちろん全国の動物病院が補償の対象となりますし、保険料もかなり安いです。オリコン満足度ランキングで3年連続総合1位は伊達じゃないということですね。

興味がある方は、是非とも資料を取り寄せてじっくりと検討してみてください。個人的には、キャバリアを飼うときには一番お勧めかなと思っています。

ある程度経済的に余裕のある方へのお勧め保険

お金にある程度余裕がある方は、アニコム損害保険株式会社をお勧めします。

アニコムはペット保険のシェア率52%を誇っていますので、周りでも使っている人は多いと思います。そしてアニコムでは動物病院の窓口で保険金の請求(精算)が出来たり、獣医師によるペットのしつけや子育て相談サポートが付いていたり、電話対応がとても良かったりと、保険料は高いですがサポートに関してはとても充実しているという特徴があります。

知名度も非常に高いので、お金がある経済状況の中で「間違いないペット保険」に入りたいならアニコムがべストと言えるでしょう。

また、ペッツベストやPS保険で見られた「1回の事故(傷病)に対しての上限」というシステムもアニコムにはなく、年をまたげば支払限度はリセットされるのもお勧めな点です。心臓病に対し、生涯にわたって補償してくれるでしょう。

公式サイトはこちらから
ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」

ただし、保険料がPS保険と比べるとかなり高い上に、補償内容は大きく変わらないため、純粋に『保険のみ』を求める場合や、保険料を抑えたい場合はPS保険にしておくと良いでしょう。

愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

キャバリア君キャバリア君

僕が他人に噛みつくと、とても面倒なことになるかも・・。ゴメンナサイ

管理人taka管理人taka

ペットの噛みつき事故のよる高額賠償は他人事ではありません。ここはチェックしておいて欲しい部分です。

愛犬が他人に噛みついてケガをさせると賠償責任が発生します。お相手の怪我の具合によってはかなりの高額賠償になる場合があり、1,000万円を超える高額賠償になってしまうこともあります。

そんな愛犬の噛みつき事故に備えるには『個人賠償責任保険』に加入することで解決します。一応ペット保険には特約として個人賠償責任保険を付けられるところもありますが、ペッツベストもPS保険もその特約は用意されていません。

また、例えペット保険側で個人賠償責任保険を用意している場合でも、正直言って全然たいしたことのない内容のものがほとんどです。『個人賠償責任保険』は他に凄く良い内容のところがありますので、ペット保険とは別口で入っておくことをお勧めします。

※ 別口で入るのであれば、ペット保険の特約で付いている個人賠償責任保険に入る必要がなくなります。(ペット保険では個人賠償責任保険のことを「ペット賠償責任特約」などの名前にしていますが、同じ保険です)

噛みつき事故の場合のお勧め保険についてはこちらのページで解説しています。噛みつき事故は他人事では済まされないため、ペット保険と合わせてこちらもチェックしておくことをお勧めします。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

ちなみに、このページでは月額120円で年間1億円までの補償が受けられるという超お勧めの個人賠償責任保険もご紹介しています。クレジットカード発行という条件があるのが少々痛いですが、経済的にほとんど負担にならずに加入できるので、入っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク