月額保険料:150円~
賠償責任(限度額):1億円

自転車の大手販売業者である「サイクルベースあさひ」と「au損保」によって開発されたオリジナルの自転車保険です。自転車保険の中でも保険料が非常に安いのが大きな特徴となっています。

手術と通院の保障は付いていないものの、死亡・後遺障害の保障額がとても高く、個人賠償責任補償額も1億円ありますので、リーズナブルの自転車保険を探している方には最適と言える商品です。

スポンサーリンク


サイクルパートナーの詳細

保険金額と保険料

保障内容 本人タイプ 家族タイプ
保険料 月額:150円
年間:1,680円
月額:270円
年間:2,920円
死亡・後遺障害 400万円
入院日額 2,000円
賠償金の
限度額
1億円
示談交渉 あり
備考 ・手術・通院保障は無し
・保険料の支払いに「auかんたん決済」が利用できる

保障内容

傷害保険 自転車事故による被保険者のケガを保障します。
死亡・後遺障害、入院等
賠償責任保険 自転車走行中、および日常生活中の事故によって発生した損害賠償金を保障。
(他人へのケガ、他人のものを壊したなど)
示談交渉サービス 自転車や日常生活中の賠償事故について、示談交渉を代わりに行ってくれます。
メリット部分

個人利用で月々150円、家族でも月々270円という、自転車保険の中でも激安と言える自転車保険です。手術・通院の保障こそありませんが、この保険料の安さで死亡・後遺障害が400万円、入院日額2,000円が付いているのはかなり嬉しいところです。

賠償責任に関しても保障額が最大で1億円で、示談交渉サービスも付いているので文句なしです。

とりあえず、自転車保険の中では断トツトップの安さです。実際、個人賠償責任保険だけでも月々150円以上かかる場合も多々ありますし、そこにプラスして死亡保障と入院保障が付いているのはかなり凄いです。個人的には自転車保険の中ではトップクラスでお勧めだと思います。

また、auかんたん決済が利用できるのもポイントです。auの携帯電話・スマートフォンを利用している方であれば、保険料の支払いは月々の通話料と一緒に支払われることになるので、クレジットカードを利用したくないという方にはかなりありがたいと言えるでしょう。(ドコモとソフトバンクユーザーの場合は利用できません)

イマイチな点

やはり、手術と通院の保障が付いていないのが気になります。自転車保険としてその部分を求める場合は、他の商品を検討した方が良いでしょう。

管理人taka管理人taka

ただ、個人的には自転車保険には「個人賠償責任保険」だけ付いていれば特に問題ないと思っています。サイクルパートナーは個人賠償責任保険レベルの安い保険料でありながら死亡・後遺障害と入院保障が付いているので、その点を考慮するとお勧めには変わりありません。

お勧めの自転車保険をお探しの方へ

自転車保険への新規加入を考えている、または保険料を見直してもっと安い所を探しているという方に向けて『保険料が安くて補償内容が良い自転車保険』を考察・紹介しているページを作りました。

もちろん、他人にケガを負わせた場合に保障してくれる「個人賠償責任保険」も含めてのお勧めを探っていますので、興味がある方は是非ともチェックしてみてください。

特に小学生、中学生、高校生のお子さんをお持ちの方にはこのページは見て欲しいです。
自転車保険 おすすめの比較と評価ランキング

スポンサーリンク