このページでは保険専門のFPである管理人takaが、小型犬・中型犬・大型犬用のペット保険として特にお勧めと思っている商品をご紹介していきます。

「ペット保険に加入したいけど、どこを選べばいいのか分からない!」という方のためにペット保険をランキング形式でピックアップしていますので、もし「これは良さそう!」と思うサービスがあったら是非とも加入を検討してみてください。

このページの内容

このページでは、以下の順番でペット保険のランキング・お勧め保険情報を紹介しています。

知りたい情報のところをクリックしてもらっても良いですし、このまま読み進めてもらっても問題ありません。

それでは、いきます。

  1. FPC(ペット保険)

保険料がどこよりも安い
保険料の引き上げ回数、引き上げ率が少ない
保険料の割に補償内容が良い
終身で契約できる
1~10歳までの保険料(50%補償)
小型犬:22万800円
中型犬:23万2,200円
大型犬:23万8,100円
保険料が一番安い

FPCはどんな種類の犬であろうと最も安い保険料で契約できる貴重なペット保険です。特に中型犬や大型犬では他のペット保険だと小型犬に比べて一段階保険料が上がってしまうのに対し、FPCは小型犬よりも少しだけ高い程度となっています。つまり、中型犬・大型犬になればなるほどFPCはお得度が増していくという感じなのです。

また、小型犬でも保険料の安さは際立っています。FPCは1歳から10歳までの10年間の保険料は22万800円です(50%補償)。安い安いと言われているPS保険の小型犬コース(50%補償)は23万8,720円、ペッツベストの小型犬コース(80%、免責金額あり)は24万9,700円ですので、それらよりも若干安いことになります。

一方、業界で最も有名なペット保険であるアニコムの小型犬コース(スタンダードタイプ、50%補償)は10年間で35万7,350円、アイペットの小型犬コース(うちの子、50%補償)は10年間で40万9,520円です。

なんと、FPCなら10年間でアニコムよりも13万円以上安く、アイペットよりも19万円近くも安く済むのです。この安さは経済的に非常に大きなメリットを与えてくれると言えるでしょう。

FPCは補償割合が50%のコースしか用意されていませんが、もし50%補償での保険加入を検討している場合、他よりも安くてお得なFPCは小型犬・中型犬・大型犬の全てでお勧めのペット保険と言えるでしょう。

補償内容も他と遜色ない

こうも安いと補償内容がイマイチなのでは?と思ってしまうものですが、実はFPCは他と比べて全く遜色ない内容となっているのです。

以下は各保険会社の補償内容をまとめた表です。(ペッツベスト、アクサダイレクト、ペット&ファミリーなどは補償形態が異なるため、この表には含んでいません)

保険会社 通院保険金
支払い限度額
入院保険金
支払い限度額
手術保険金
支払い限度額
年間補償限度額
FPC 1日あたり1万2,500円
年間30日まで
1入院あたり12万5,000円
年間3回まで
1回あたり10万円
年間1回まで
85万円
アニコム 1日あたり1万円
年間20日まで
1日あたり1万円
年間20日まで
1回あたり10万円
年間2回まで
設定なし
アイペット 1日あたり1万2千円
年間22日まで
1日あたり1万2千円
年間22日まで
1回あたり10万円
年間2回まで
72.8万円
PS保険 1日あたり1万円
年間20日まで
1日あたり2万円
年間30日まで
1回あたり10万円
年間2回まで
100万円

比べてみると分かりますが、保険料の差が補償内容に大きな影響を与えている訳ではなく、むしろFPCは内容的に引けを取っていません。

それでいて保険料が一番安いので、リーズナブルで中身が良いペット保険を探している方にとってはかなり大きな魅力を感じるのではないでしょうか。

気になる点は

「手術が年1回まで」というのが痛いです。多くのペットは手術自体そこまで頻繁にあるものではありませんが、やはり他の会社のように年2回あった方が安心感が違いますね。ここは気になる点と言えるでしょう。

他は概ね問題ない内容となっています。年間限度額も85万円と、業界でもトップクラスとなっています。圧倒的な保険料の安さで、なおかつこの充実の補償内容なので、FPCは本当にお勧めのペット保険と言えるでしょう。小型犬はもちろんですが、特に中型犬・大型犬のペット保険を探している方は出来るだけチェックしておいてください。

  1. PS保険(ペットメディカルサポート)

ユーザー評価がとても高い
保険料が安い
終身まで継続可能
保険金の支払いが早い
1~10歳までの保険料(50%補償)
小型犬:23万8,720円
中型犬:27万4,240円
大型犬:29万9,920円
保険料の安さと補償内容の良さが魅力!

FPCには及びませんが、PS保険は保険料がとても安いのでお勧めです。

PS保険は1歳から10歳までの10年間の小型犬の保険料が23万8,720円です(50%補償)。FPCは22万800円(50%補償)なので、それよりも少しだけ高い設定となっていますが、これでもペット保険業界の中ではトップクラスに安いです。

それに、FPCは「手術保険金は1回あたり10万円まで。年1回」という内容に対し、PS保険は「手術保険金は1回あたり10万円まで。年2回」となっています。10年間で2万円弱の保険料の違いで、10万円の手術補償が毎年1回多く付いてくるので、PS保険にした方がお得だったという結果も普通にあり得るのです。

さらに、入院保険金が1日あたり2万円までという補償の高さ、そして年間補償限度額が100万円(車イスの補償を入れると110万円)となっているので、正直言ってアニコムやアイペットと比べても全く遜色のない補償内容となっています。この安さでこの補償内容は本当に素晴らしいです。

手術や入院でFPCよりも充実した補償を求めたい場合は、小型犬の場合はPS保険にしておくのがいいかもしれませんね。また、中型犬や大型犬の場合でもそれほど高い保険料は取られませんので、中型犬や大型犬を飼っている方でも加入を検討する価値は十分にあります。(中型犬の保険料は10年間で27万4,240円、大型犬は29万9,920円)

70%補償がある

PS保険は50%補償だけでなく、70%と100%補償のコースが用意されています。

実は70%補償がユーザーから一番多く利用されている(と関係者に聞いたことがある)ので、70%補償を選ぶ際は小型犬・中型犬・大型犬を問わず、PS保険はかなりお勧め保険となるでしょう。

ちなみに、FPCには70%補償はありません。50%補償のみです。

オリコンで3年連続総合1位

PS保険は2012年・13年・14年度のオリコン顧客満足度ランキングにおいて、ペット保険部門3年連続総合第1位に選ばれているという素晴らしい実績を持っています。

総合で1位を3年連続で取っているというのは驚異的な実績です。ペット保険はたくさんありますが、その中で一番評価されているのがPS保険と言えるのです。

これからペット保険に入ろうとしている方にとって、この実績は見逃せないポイントとなるでしょう。

気になる点は

高額治療の代表とも言える「手術」に対し、1手術あたり10万円までしか補償されないのは気になるところです。

年間で2回まで補償してくれるとはいえ、ペットの手術は30万円以上かかる場合もあり、健康保険が効かないため、高額手術の場合はかなりの金額を自分で負担することになるのが痛いですね。

  1. ペッツベスト

保険料が安い上に80%補償
高額治療に対応できる
16歳11か月まで新規加入ができる
通院・入院・手術の回数制限がなく、1日の限度額もない
1~10歳までの保険料(80%補償)
小型犬(A):24万9,700円
中型犬(B):35万6,370円
大型犬(D):45万7,230円
管理人taka管理人taka

すみませんが、ペッツベストに関しては解説がかなり長くなっています

高額治療に備えたいなら最もお勧め

ペットの治療は健康保険がきかないため、高額になりがちです。ペッツベストはそんな高額治療にかなり備えられるペット保険であるため、個人的にはかなり気に入っています。

ペッツベストは年間補償限度額が50万円(ベーシックプラン)と、他と比べるとかなり低くなっています。ですが、とにかく「補償内容に無駄がなく、高額治療に関しては素晴らしい補償をしてくれる」という大きな魅力を持っているため、年間補償限度額が低いのにも関わらず、個人的に非常にお勧めの保険という位置付けになっています。

何故なのか?例を挙げて説明しましょう。

例えばすぐ上でお勧めしているPS保険は年間補償限度額が100万円なので、単純計算でペッツベストの倍の補償が得られることになります。

ですが、PS保険の補償内容は

通院補償 1日あたり1万円まで
(限度日数:20日)
入院補償 1日あたり2万円まで
(限度日数:30日)
手術補償 1回あたり10万円まで
(限度回数:2回)

となっているため、例えば手術で30万円という高額治療になった場合でも10万円しか補償されないことになります。あとの20万円は当然自腹で払うことになります。

年間補償限度額が100万円とはいえ、手術1回の限度額が10万円しかないので、手術などの高額治療の場合はちょっと柔軟性に欠ける内容と言えるのです。

ところがペッツベストは1傷病に対する保険金額内であれば1日の限度額はありません。ベーシックプランの場合は1傷病あたり25万円まで出ます。

ベーシックプランの詳細

補償内容 病気やケガの治療費を年間50万円まで補償してくれる
保険料の支払割合 全プラン共通で80%
※ 実際にかかった治療費から免責金額(自己負担額)を引いた80%
回数制限、および1回あたりの補償額制限 入院・通院・手術の回数制限、および1日の限度額なし
1年あたりの保険金額 50万円まで
1回の事故(傷病)に対する保険金額 25万円まで
1回の事故(傷病)に対する免責金額(自己負担額) 2万円
※ 治療費から差し引かれる金額です。私たちがこの額を全て負担する訳ではありません

ペッツベストは80%補償で統一されているので、仮に30万円の手術費用がかかった場合でも22.4万円が補償されます(免責金額を含めての計算)。つまり、自腹で払うお金は7万6千円のみということになります。

そうなのです、ペッツベストは治療費が高ければ高いほどありがたみを実感できる保険なのです。

また、年間補償限度額こそ50万円と少ないのですが、そもそも1年でそこまで補償してもらうことはあまりありません。正直言って年間50万円で足りる人がほとんどですので、年間補償限度額に不満を感じることはあまりないと思います。(病気がちな犬の場合はその限りではありませんが)

気になる点は

ペッツベストには一つ注意点があります。それは「少額治療の補償には向いていない」のです。

「80%補償だし、少額の治療でも凄く役に立つのでは?」と思うかも知れませんが、ペッツベストには免責金額というものがあり、ベーシックプランだと2万円の免責金額が設定されています。

この免責金額のおかげで、治療費が安く済んだ場合(軽度のケガ、1回の通院など)にはあまりお得感がなくなってしまうのです。

免責金額について、少額治療を例に具体的に説明します。

【免責金額の解説】

ベーシックプランだと2万円の免責金額が設定されていますので、仮に数回の通院と数日の入院で5万円の治療費が掛かった場合は80%補償のペッツベストだと

(50,000円-20,000円)×0.8=24,000円

となり、5万円の治療費のうちの2万4千円しか補償してくれません。

そして免責金額がない他のペット保険の70%補償の場合だと

50,000円×0,7=35,000円

となり、3万5千円も補償してくれるので、他のペット保険の方がお得になるのです。このように、少額治療費の場合はペッツベストでは大きなメリットを得ることが出来ないと言えます。

ただし、ペッツベストは治療費の80%を補償してくれるので、治療費が高くなればなるほどより多くのお金が還ってきます。

具体的には、ベーシックプランの場合だと治療費が16万円を超えると70%補償の他のペット保険よりもお得になる計算で、そこから高くなればなるほどお得になっていきます。また、50%補償のペット保険と比べると治療費が5万3,334円を超えるとペッツベストの方がお得になるので、高額治療には凄く活きてくる設定と言えるのです。(計算式についてはペッツベストの特徴と魅力、欠点のページで解説しています)

しかもペッツベストは1歳から10歳までの10年間の保険料が24万9,700円(小型犬コース、ベーシックプラン)という素晴らしい安さを誇っています。この保険料は上のFPC(22万800円)、PS保険(23万8,720円)とあまり変わらない安さです。しかもFPCとPS保険は50%補償での保険料ですが、ペッツベストはこの格安保険料で80%補償なのです。

ただし、大型犬(ゴールデンやブルドッグなど)の保険料は10年間で45万7,230円と少々高いです(中型犬は、小型犬と大型犬の中間くらいの保険料)。この価格はFPCやPS保険よりもだいぶ高くなっているので、大型犬に関しては保険料だけを見てしまうとペッツベストは微妙に思えるかも知れません。

ただし、高額治療に備えたいと考えている場合は、大型犬でもペッツベストに入っておくメリットは十分にあります。FPCやPS保険との保険料の差は高額手術1~2回でチャラになりますので、大きく備える場合はペッツベストを選ぶのも賢明な選択と言えるのです。

というか、そもそもペット保険に入る人の多くは手術や長期入院による高額治療に備えたいという人ですので、現状ではペッツベストが一番そのニーズに対してベストに近い形で応えているのではないかと思っています。

アニコムは有名だけど保険料が高い

名前を知っているペット保険はありますか?と聞かれて「アニコムなら知ってる」と答える人はそこそこ多いと思います。それもそのはず、アニコムはペット保険業界の最古参であり、シェア率がNo.1のため、ペット保険に加入している中でアニコムに入っている人が一番多いのです。

それほどシェアされていて人気が高いアニコムですが、このページでは特にお勧めはしていません。

これほど皆が入っているのに何故?と思うかも知れませんが、アニコムはこのページで紹介しているFPC、PS保険、ペッツベストよりも保険料がかなり高く、それでいて補償内容が他3つと比べて大きく変わるわけではないため、私はアニコムはお勧めペット保険という位置付けにはしませんでした。

ただ、確かにアニコムは保険料を高くしているだけのメリットがあります。アニコムはペット保険の中では数少ない「窓口精算」ができる会社で、しかもその中でも対応病院数が6,043(2017年1月現在)と断トツに多いため、保険金の請求という面倒な手間を省くことが出来るというメリットがあるのです。(他はアイペットが2013年3月時点で3071病院、ペット&ファミリーが70病院となっています)

アニコムは知名度が非常に高いため、動物病院でも「ああ、アニコムね、対応してますよ」となる可能性が高く、スムーズに精算してくれるのが素晴らしいですね。

また、犬猫だけでなく、鳥、うさぎ、フェレットでも保険に加入できるため、それらのペットを飼っている方にとってはアニコムはとても貴重な存在になってくれるはずです。

カスタマーの対応も親切丁寧と好評ですし、公式ホームページの「痒いところに手が届くような作り」にはとても好感が持てます。ペットに対するサポートもしっかりしているので、お金に少し余裕がある方にとってはアニコムは非常に安心感があり、役立つペット保険になることでしょう。

ただ逆に言うと、犬猫を飼っていて、保険料を出来るだけ抑えたいという方には向いている保険とは言えません。今現在アニコムに入っている方で、もし保険料の見直しを検討しているという方は、是非このページを参考に新たなペット保険を検討してみてください。

10年間の保険料表

このページで話題に出てくるペット保険の1歳から10歳までの10年間の保険料を見やすいように表にまとめました。基本的に一時払いの方が安いため、ここでは一時払いの保険料での計算となります。

このページでは10年間の保険料を比較材料として多用していますので、このような表で予備知識を出しておかないと混乱してしまうよ・・と知り合いの女性の方に言われたため、表を作ることにしました。

「何やら保険料がたくさん出てくるから混乱しちゃったよ・・」という感じになったら、ここで見直していただけたらと思います。

保険会社 1~10歳までの保険料
【FPC】
50%補償
小型犬:22万800円
中型犬:23万2,200円
大型犬:23万8,100円
【PS保険】
50%補償
小型犬:23万8,720円
中型犬:27万4,240円
大型犬:29万9,920円
【ペッツベスト】
ベーシックプラン
80%補償
小型犬(A):24万9,700円
中型犬(B):35万6,370円
大型犬(D):45万7,230円
【PS保険】
70%補償
小型犬:30万9,350円
中型犬:35万5,860円
大型犬:38万9,880円
【アニコム】
スタンダードタイプ
50%補償
小型犬(A):35万7,350円
中型犬(C):43万4,690円
大型犬(E):56万4,020円

【重要!】愛犬の噛みつき事故による損害賠償に備えておこう

犬を飼っている場合、ペット保険以外にも加入しておくべき保険があります。それが「個人賠償責任保険」です。これは飼い犬の噛みつき事故による賠償責任が発生した時に補償してくれる保険です。

お相手の怪我が大したことがなければ良いのですが、もし大怪我をさせてしまった場合はかなりの高額賠償になる可能性があります。事例では1,000万円を超える高額賠償になったケースもあります。

そんな愛犬の噛みつき事故に備えるために、個人賠償責任保険に加入しておく必要があります。一応ペット保険には特約として個人賠償責任保険を付けられるところもありますが、このページでお勧めとして扱っているペッツベストもPS保険もFPCも、その特約は用意されていません。

また、例えペット保険側で個人賠償責任保険を用意している場合でも、正直言って全然たいしたことのない内容のものがほとんどです。『個人賠償責任保険』は他に凄く良い内容のところがありますので、ペット保険とは別口で入っておくことをお勧めします。

※ 別口で入るのであれば、ペット保険の特約で付いている個人賠償責任保険に入る必要がなくなります。(ペット保険では個人賠償責任保険のことを「ペット賠償責任特約」などの名前にしていますが、同じ保険です)

噛みつき事故の場合のお勧め保険についてはこちらのページで解説しています。噛みつき事故は他人事では済まされないため、ペット保険と合わせてこちらもチェックしておくことをお勧めします。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

ちなみに、このページでは月額150円で年間1億円までの補償が受けられるという超お勧めの個人賠償責任保険もご紹介しています。クレジットカード発行という条件があるのが少々痛いですが、経済的にほとんど負担にならずに加入できるので、入っておくことをお勧めします。

我が家の犬は小型犬?中型犬?それとも大型犬??

ほとんどのペット保険は小型犬・中型犬・大型犬で保険料が変わってきます。そこで重要になってくるのが「我が家の愛犬はどのタイプに当てはまるのか?」という点になるかと思います。

小型犬・中型犬・大型犬の定義はペット保険によって異なるため、「これが正解!」という答えはないのですが、大体同じような傾向にあります。

以下、それぞれのタイプに当てはまる犬種を紹介していきますので、愛犬がどれに当てはまるのか参考にしていただけたらと思います。ただし、全ての犬種を紹介している訳ではありません。

小型犬

小型犬は主にトイ・プードル、パピヨン、チワワ、ポメラニアン、マルチーズ、スピッツ、ミニチュア・ダックスフンド、ヨークシャー・テリア、キャバリアなどが対象ですが、会社によっては異なる場合もあります。

中型犬

中型犬は主に柴犬、フレンチ・ブルドッグ、アメリカン・コッカー・スパニエル、ボーダー・コリー、ボストン・テリア、ビーグルなどが対象ですが、会社によっては異なる場合もあります。

大型犬

大型犬は主にゴールデン・レトリーバー、セント・バーナード、ブルドッグ、ボクサー、ドーベルマン、シベリアン・ハスキー、ボルゾイなどが対象ですが、会社によっては異なる場合もあります。

スポンサーリンク