子供が生まれるとこれまでよりも確実に支出が増え、働き手に万が一のことがあった時の不安要素が大幅に増えてしまいます。そのため、リスクを回避するための保険の新規加入を検討したり、これまでの保険を見直す必要が出てきます。

特に死亡保障は重要になりますので、出来れば真剣に検討しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク


子育て中は何故保険が必要なのか

子供が出来るとその成長と家族の未来が輝かしく見える一方、金銭面での負担が重くのしかかってきます。また、万が一の時の生活費不足などの不安要素も大きくなります。

  • 働き手に万が一のことがあったら、その後はどうやって子供を養っていくのか
  • 子供の教育資金はどうやって捻出すべきか?大学進学時の学費は足りるのか??
  • マイホームも欲しいから、その資金も貯めなくてはいけない
  • 老後の年金は足りるのだろうか
  • 夫または妻が病気で入院・手術した時の保障は?

などなど、子供が生まれると大きな喜びと未来への希望が見えてくるものですが、それと同時に様々な不安要素も見えてきてしまいます。

そして一般的な経済状況の方にとって、金銭面での不安要素をすべて解決していくのはなかなか難しいことです。ですが、保険を活用することで万が一の場合に備えられるようになり、不安要素をかなり解消することができるのです。

例えば働き手に万が一のことがあった時、前もって終身保険収入保障保険などの死亡保険に加入しておくことでその後の生活費の大きな助けになってくれるため、今すぐ生活に困窮するということはなくなります。残った親がパート・アルバイトをやりだしたり、資格を取って仕事をやりだしたりするまでの間の生活費くらいは保険金で十分賄えるようになります。

子供が成人するまで毎月いくら必要になるかを計算し、それを考慮してしっかりとしたプランの生命保険に加入することで、子供が成人するまでは万が一のことがあっても残った家族が十分に生活できる分は保障されることになるのです。

また、子供の学費については考えれば考えるほど大きな悩みになっているかと思います。幼稚園から大学まで通う場合、全て国公立に通ったとしても1,000万円近く(またはそれ以上)かかってしまいます。私立を利用した場合、何と1,500万円から高いところで2,500万円くらいの学費が必要となります。

普通に働いて生活費をギリギリにおさえても大学までの学費を捻出できるかどうかという状況なのに、もしも働き手である夫(または妻)が死んでしまったら、大学入学はおろかその後の生活が全く違ったものになってしまいます。ですがそこも死亡保険に入っておくことで、万が一の時の生活に対する不安を感じる必要がなくなります。

このように、子供が出来ることで明るい未来が見えてくる反面、万が一の時には一転して生活苦になってしまう可能性も高くなってしまうのです。共働きなら何とかなるかも知れませんが、子供の世話を妻(または夫)がしっかりと見ていこうという家庭方針の場合は、やはり万が一のリスクに備えることはとても重要になってくるのです。

子供と家族のためにお勧めな保険はこちら

出産後の子育て中、または子供が増えた時などにお勧めしたいのが、「定期保険」「終身保険」「収入保障保険」といった死亡保険と、子供の学業を中心に組み立てる「学資保険」になります。

【定期保険】
働き手に万が一のことがあった場合、とても大きな死亡保険金を受け取れます。高い保険金でありながら少ない保険料なのが最大のメリットです。子供が成人するまでなど、一定期間大きな保障が欲しい時に非常に役立ってくれます。

ただし、満期を迎えた時点で保障が消滅してしまい、それ以後に何かあっても一切お金は貰えません。いわゆる「掛け捨て」の保険であることを理解した上で加入する必要があるのが注意点です。

豆知識として、男性からはあまり定期保険は人気はありませんが、結婚した女性からは人気が高いです。子供が大きくなるまで、働き手に万が一のことがあった場合に生活が成り立つように大きなお金が欲しい・・ということが背景にあるようです。

【終身保険】
働き手に万が一のことがあった場合でも、満期を迎えて解約した場合でも、払い込んだ保険料以上のお金が還ってくるという貯蓄性の高い商品が終身保険です。満期まで払い込むことが出来るのであれば、子供がいるいないに関わらず非常にお勧めの保険です。

ただし、定期保険と比べると保険金の割に保険料はとても高くなります。また、満期前に解約すると払込保険料の70%程度しか還ってきません。

【収入保障保険】
働き手に万が一のことがあった場合、満期まで年金を受け取り続けることが出来るのが収入保障保険です。保険料がとても安いため、子供が成人になるまでの保険として特に役立ってくれます。

ただし、満期まで働き手(契約者)が健康でいた場合は何も貰えない、いわゆる掛け捨てになることは理解しておきましょう。

【学資保険】
入園・入学・大学受験など、子供の成長に伴う大きな出費が必要な時に祝金が貰えるのが学資保険です。満期保険金を含めて最終的な受取総額は払い込んだ保険料よりも高くなる商品が多くあるため、貯蓄の意味でも選択肢として考えておきたい保険です。また、契約者(働き手)に万が一のことがあった場合でも保障は継続しますが、保険料の払い込みが免除されるのも大きなポイントです。

ただし、返戻率を重視する場合は学資保険だけでなく、終身保険も合わせて検討を行いましょう。

FPに無料保険相談できるサービスを活用しよう

ここまでこのページを読んで、もしあなたが「保険が必要だ」と感じて興味を持ったとしても、保険選びには最後に大きなハードルが待っています。

それがどの保険商品を選ぶべきかというところです。これは各保険商品を一つ一つ正確に調べて内容を比較していかなければ分からないことなのですが、もし保険の知識があまりない人がこれをやろうとした場合は膨大な時間を割かなくてはいけなくなります。

また、家庭の経済状況や子供の数などによって、終身保険が良いのか、学資保険が良いのか、収入保障保険が良いのか、または複数組み合わせるべきかが変わってきます。そしてその判断を自分たちで下すのはとても難しいのです。もちろん保険について勉強すればある程度は分かるようになりますが、その時間を割くのがそもそも大変なのであまりやりたくないですよね・・。

そういった事態を解消するため、そして専門家がお勧めする保険商品を知りたいという方に向けてお勧めなのが「無料保険相談サービス」です。

無料保険相談サービスであれば経験豊富なFPさん(ファイナンシャル・プランナー)が自宅、もしくは近所の喫茶店やファミレスまで無料で出向いてくれて、今の自分たちに必要になるであろう保険を適確に紹介してくれますし、その中で特にお勧めの商品も教えてくれます。

また、今後は子供の教育資金やマイホーム資金なども考える必要が出てくるため、その道の専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)のアドバイスを貰える環境を持つことは大きなメリットになるはずです。万が一の時の遺族年金(子供がいれば毎月10万円前後貰える)などと合わせて色々とアドバイスもしてもらえるので、是非とも保険相談のついでにそれらについてもご教授してもらいたいところです。

ちなみに、無料保険相談サービスは保険加入への勧誘などは一切ありませんので、安心して利用していけます。

無料保険相談サービスについてはこちらのページで詳しく紹介しています。
【口コミ・評判通り?】無料保険相談 おすすめの比較と評価ランキング

スポンサーリンク