男性の保険料(月額):9,493円
女性の保険料(月額):9,462円
(30歳、被保険者0歳、ステップ型、満期22歳、払込期間17歳)

【返戻率】
男性:108.4%
女性:108.7%

みらいのつばさは学資保険の中でも特に高い返戻率となっており、貯蓄性を考慮する場合は候補に入れておきたい商品となっています。

受取プランは、入園・入学時に祝金を受け取れる「S(ステップ)型」と、大学進学時に一気に祝金を受け取れる「J(ジャンプ)型」の2つから選べます。(ジャンプ)型の方が高い返戻率になっていますが、そこまで大差はありませんので、経済状況や将来設計に合う方を選ぶのが良いかと思われます。

また、兄弟割引があるので、二人目以降の契約はさらに安くなるという点も見逃せません。

基本的に学資保険の中でもかなりのお勧め商品と言えますが、満期が22歳なのが微妙ということと、解約返戻金は払込保険料総額よりも低くなるという点は注意しておきましょう。

押さえておきたい注目ポイント

フコク生命の学資保険 [みらいのつばさ]の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

  • 学資保険なので貯蓄性がある
  • 所定の時期(小学校入学、大学入学など)に祝金が支払われ、最後に満期保険金が支払われる
  • 契約者が死亡または高度障害となった場合、以後の保険料の払い込みが不要になる。その際、祝金・満期保険金は通常通りに受け取ることが出来る
  • 保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
  • 返戻率がとても高い
  • ステップ型とジャンプ型の二つから選べる。ジャンプ型の方が少しだけ返戻率が高い
  • 兄弟割引があるので、二人目以降の契約はさらにお得になる
  • 解約返戻金がある。ただし、払込保険料総額よりも少ない金額になる
  • 満期が22歳で決められているのが痛い

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

みらいのつばさの詳細

男性の月払保険料と返戻率の例
・保険期間:22歳満期
・保険料払込期間:17歳まで
・満期保険金額:100万円
・被保険者(お子さん)の年齢:0歳
・兄弟割引:なし

契約年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
30歳
S(ステップ)型
9,493円 1,936,572円 2,100,000円 約108.4%
30歳
J(ジャンプ)型
8,897円 1,814,988円 2,000,000円 約110.1%

女性の月払保険料と返戻率の例
・保険期間:22歳満期
・保険料払込期間:17歳まで
・満期保険金額:100万円
・被保険者(お子さん)の年齢:0歳
・兄弟割引:なし

契約年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
30歳
S(ステップ)型
9,462円 1,930,248円 2,100,000円 約108.7%
30歳
J(ジャンプ)型
8,867円 1,808,868円 2,000,000円 約110.5%

※ 上の表は2015年11月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

返戻率は学資保険の中でもトップクラスですので、よりお得な商品を選びたいと思っている方に非常にお勧めの保険です。

保障内容

項目 内容
種類 【学資保険】
・所定の時期に祝金、満期保険金が支払われる
・契約者が死亡、または高度障害状態になった場合、以後の保険料の払い込みが不要になる。その際、祝金・満期保険金は通常通りに受け取ることが出来る
・保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
契約可能年齢 【契約者年齢】
男性:18歳~70歳(子供の年齢により変動)
女性:16歳~70歳(子供の年齢により変動)
【被保険者(お子様)年齢】
0歳~7歳
満期保険金額 100万円~(10万円単位で変更可能)
保険料払込期間 17歳まで
満期 22歳
受取プラン 【S(ステップ)型】
・入園、入学など進学にかかる際に祝金を受け取れるプラン
・祝金は据え置いて必要な時に引き出すことも可能
【J(ジャンプ)型】
・大学の進学時に一気に祝金を受け取るプラン
・ステップ型より保険料が安く、ほんの少しだけ戻り率が高い
払込回数 月払、半年払、年払
払込方法 ・口座振替
・振込用紙
配当金 あり
保険料の
払込免除
保険料払込期間中に契約者が死亡されたとき、高度障害状態に該当したとき、不慮の事故により所定の身体障害の状態に該当したとき、以後の保険料の払込みは不要。もちろん、祝金・満期保険金は保険料が払い込まれたものとして受け取ることが可能
割引 兄弟割引

メリット部分

返戻率がとても高い

みらいのつばさは数ある学資保険の中でも返戻率がトップクラスで高いです。特に祝金を大学入学のみにしているJ(ジャンプ)型の場合、返戻率は110%を超えることも普通にあります。

支払った保険料分、より多く還ってきてほしいと誰もが希望するものですが、みらいのつばさは高い満足度を提供してくれる商品となっています。

ステップ型とジャンプ型の二つから選べる

受取プランをステップ型とジャンプ型の二つから選べるようになっています。将来設計に合う方を選択していきたいですね。

【S(ステップ)型】
・入園、入学など進学にかかる際に祝金を受け取れるプランです。幼稚園入園から大学入学まで、そして成人式(20歳)で祝金を受け取ることが出来ます。満期保険金は22歳で受け取れます。

祝金は据え置いて必要な時に引き出すことも可能なので、自由度が高いのも特徴です

【J(ジャンプ)型】
大きなお金が必要な大学の進学時(17歳の時)に一気に祝金を受け取るプランです。ステップ型より保険料が安く、ほんの少しだけ戻り率が高いため、貯蓄性はさらに高くなります。

兄弟割引があるからさらにお得に!

みらいのつばさには「兄弟割引」があるため、二人目のお子さんが新たに加入する場合には保険料が割安になるようになっています。二人以上のお子さんがいるご家庭の場合はありがたいですね。

具体的には、満期保険金額を100万円で契約した場合は二人目のお子さんの保険料は100円安くなります。そこから満期保険金額が10万円上がるごとに10円割引になっていきます。

ただでさえ返戻率が高い商品ですが、兄弟割引を利用することでさらにお得になりますね。

解約返戻金がある

契約を途中で解約した場合でも解約返戻金が支払われます。

ただし、基本的に払込保険料総額よりも少ない金額になりますので、何らかの事情がない限りは継続していた方が良いでしょう。

デメリット部分

満期が22歳で決められているのが痛い

みらいのつばさは満期保険金が貰えるのは22歳となっていますので、これから社会人になろうという時に貰うことになります。

確かに卒業旅行で海外に行ったり、社会人になる時に車を買ったり、新天地でのアパートやマンションを借りる資金にするなど、22歳の時点でお金が必要となる人はたくさんいると思います。

ですが、大学在学時の方がお金が必要となる人も多くいますので、もっと満期保険金を自由に受け取れる形にして欲しかったかなと思います。

一応満了日を繰り上げることは可能となっていますが、その場合は満期保険金額が下がってしまうので、どうしても必要な時以外は22歳の満了まで待った方が良いでしょう。

申し込み前の注意点

一時払いは出来ないが、全期全納は出来る

みらいのつばさはホームページ上では「一時払の取扱いはありません」と書いてありますが、実は全期全納は出来るようになっているため、一括で支払うことは可能です。

契約時のお子さんの年齢が低ければ低いほど、返戻率が高くなる

学資保険全般に言えることですが、お子さんが0歳の時に加入する場合と、7歳の時に加入する場合とでは、返戻率に差が出てしまいます。

具体的な数値で出しています。

【みらいのつばさで検証】
・契約者:男性30歳
・満期保険金額:100万円
・受取りプラン:J(ジャンプ)型

加入時の
お子さんの年齢
返戻率
0歳 約110.1%
1歳 約109.2%
2歳 約108.7%
3歳 約108.2%
4歳 約107.6%
5歳 約107.1%
6歳 約106.6%
7歳 約106.1%

表を見れば一目瞭然ですが、加入時のお子さんの年齢が高くなればなるほど返戻率が低くなっていきます。そのため、よりお得な契約を望む場合は早い段階で加入した方が良くなります。

ただし、加入が遅ければ絶対的に損なのかというと、決してそうではありません。学資保険に限ったことではありませんが、保険業界は定期的にお得な商品が新たに出てくるし、今までの商品が改良されて以前よりも断然お得になるケースがたくさんあります。

なので、今の段階で一番良いところに入っておくのが結局のところベストになるのではないかと思っています。

現時点ではお子さんの年齢に関わらず、みらいのつばさはかなりお勧めの学資保険なのは間違いありません。

管理人の最終評価

返戻率が高く、さらに配当が付いているのである程度インフレに対応できるため、おすすめの学資保険です。保険雑誌の評価も高いです。

ですが、みらいのつばさよりも返戻率が高くて配当が付いている学資保険があるため、そちらを検討した方が良いかも知れません。(⇒ニッセイ学資保険

ただし、みらいのつばさには兄弟割引があるため、子供2人以上加入する場合はこちらの方がお得になります。

管理人taka管理人taka

学資保険をお探しの方はこちらの学資保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク