クレジットカードによっては専用の保険が用意されており、低価格でありながら補償額の良いゴルファー保険を提供してくれるところもあります。

また、特定のクレジットカードは、所有することで自動的に無料のゴルフ保険が付帯するものもあります。

このページでは、そんなクレジットカードを持つことで加入することが出来るゴルフ保険を挙げていますので、自分の持っているカードでゴルフ保険に入ることが出来るか(または自動的に付帯しているかどうか)をチェックしてみてください。

また、かなり割のいいゴルフ保険を用意してくれているクレジットカードもあり、しかもカード自体の年会費が無料というものも少なからずあります。もし気になる保険がありましたら、新たにカードを発行することも検討してみてください。

スポンサーリンク


専用のゴルファー保険に加入することが出来るクレジットカード

【セゾンカードの「ゴルフ安心プラン」】

セゾンカードを持っている人が加入できる保険に「ゴルフ安心プラン」があります。この保険は月々300円という低価格でありながら、補償額はかなりいいのでお勧めです。

セゾンカード自体も年会費永久無料で、ネットからでも最短で即日発行も可能なカードです。新たにクレジットカードが1枚欲しいな・・という考えがあるなら、ゴルフ保険への加入と一緒にこのカードを作るのもいいと思います。

この保険のお勧め度はかなり高いです。
セゾンカードの「ゴルフ安心プラン」の詳細

【JCBカードの「ホールインワン付ゴルファー保険」】

JCBカードを持っている人が加入できるのが「ホールインワン付ゴルファー保険」です。年間3,000円というかなりリーズナブルな価格なうえに、補償額も悪くありません。賠償責任は最大5,000万円ですので、万が一の事故にも対応できるでしょう。

JCB EITカードなら年会費永年無料で作れて、ショッピング時のポイントが2倍、海外旅行損害保険は最高2,000万円まで補償、その他色々な特典が付いてきます。

この保険のお勧め度はかなり高いです。
JCBカードの「ホールインワン付ゴルファー保険」の詳細

【JCBカードの「日常生活賠償プラン」】

JCBカードを持っていると「トッピング保険」というものに入ることが出来ます。そしてこのトッピング保険の中にある「日常生活賠償プラン」が素晴らしく有用で、月々120円で家族全員の賠償責任を補償してくれるのです。

しかも補償額は最大1億円。

さらに、この保険はスポーツ中に関わらず、高額補償が発生しやすいお子さんの自転車事故や、ペットが他人を噛んだ場合などにも適用されます。事故は日常で起こり得るものですが、多額の損害賠償に対して安心を求める場合には最適な保険と言えます。

月120円で最高1億円の賠償責任補償が受けられるので、ゴルフをしている方だけでなく、他人への損害賠償に不安を感じているすべての人にお勧めです。

この保険のお勧め度はかなり高いです。ちなみにゴルフ保険ではなく、個人賠償責任保険です。
JCBカードの「日常生活賠償プラン」の詳細

【三井住友VISAカードの「ゴルフコース」】

三井住友VISAカードを持っている人限定で入れる「ポケット保険」の中には「ゴルフコース」という保険があります。この保険は月々500円~で加入することができます。

カードは初年度年会費無料ですが、2年目からは1,250円+税の年会費がかかります。※ 年会費無料のカードもあります。
三井住友VISAカードの「ゴルフコース」の詳細

【アメリカン・エキスプレスの「ゴルファー・プロテクション」】

アメリカン・エキスプレス(別名:アメックス)を持っていると「ゴルファー・プロテクション」に加入することが出来ます。年間保険料が2,380円~というリーズナブルさでありながら、なかなか悪くない補償額が期待できます(ただし、賠償責任は3,000万円と少な目)。

ただし、アメックスカード自体が年会費がけっこうかかります。すでに持っている人なら良いですが、ゴルファー保険のために新たにカードを発行する場合には向いていないかも知れません。
アメリカン・エキスプレスの「ゴルファー・プロテクション」の詳細

【JALカードの「ゴルファー保険」】

JALの普通カード、もしくはCLUB-Aカードを持っていると「ゴルファー保険」に入ることが出来ます。一番安いタイプでも年間6,370円かかるので、ゴルフ保険の中では高い方かも知れません。その分、補償額は良いと思います。

また、JALの普通カードの年会費は2,100円、CLUB-Aカードの年会費は10,500円かかります。これにプラスしてゴルファー保険料が加わるので、他のカードと比べると出費が大きいです。
JALカードの「ゴルファー保険」の詳細

以上です。

ゴルファー保険が自動付帯しているクレジットカード一覧

【KGA Golfer’sカード】

セディナの「KGA Golfer’sカード」と「KGA Golfer’s GOLDカード」にはゴルファー保険が無料で付帯しています。補償内容はかなり良く、KGA Golfer’sカードなら年会費も高くないため、ゴルフ保険目当てで発行するのも良しと思えるくらいの魅力があります。

KGA Golfer’sカードの年会費は3,000円(税別)、KGA Golfer’s GOLDカードの年会費は10,000円(税別)となっています。
KGA Golfer’sカードの「ゴルファー保険」の詳細

【CLUB ALBA A’S CARD、またはCLUB ALBA A’S GOLD CARD】

ゴルファー専用カードとして名高い「CLUB ALBA A’S CARD」または「CLUB ALBA A’S GOLD CARD」には、無料のゴルファー保険が自動付帯されています。ただし、自身のケガに対する補償はなく、さらに賠償責任の限度額が500万円と、補償額はかなり低いものとなっています(有料オプションを付けることで補償内容を充実させることも可能です)。

また、CLUB ALBA A’S CARDの年会費は4,715円(税別)、CLUB ALBA A’S GOLD CARDの年会費は25,000円(税別)となっています。
CLUB ALBA A’S CARDの「ゴルファー保険」の詳細

【ダイナースクラブ ビジネスカード】

ダイナースクラブ ビジネスカードを持っていると、自動的に無料のゴルファー保険が付帯します。無料なのに賠償責任は1事故1億円という嬉しい補償額。その他の補償内容も良いため、自動付帯のゴルファー保険としては素晴らしい内容と言えるでしょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードは年会費が27,000円となっています。
ダイナースクラブ ビジネスカードの「ゴルファー保険」の詳細

【JALダイナースカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナ会員】

JALダイナースカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナ会員の方はゴルファー保険が自動付帯されています。この保険は無料で付いているのに賠償責任が1億円を超えるという素晴らしい補償額を持っています。

さらにオプションプランとして有料で保険を追加することも出来ます。

JALダイナースカードの年会費は30,240円、CLUB-Aゴールドカードの年会費は17,280円となっています。
JALカード – オプション・ゴルファー保険(JALダイナースカード/CLUB-Aゴールドカード会員用)

スポンサーリンク