ゴルフ保険の補償の一つに「ホールインワン・アルバトロス保険」というものがあります。

これはゴルフ保険という名目を付けている保険であればほぼ必ず入っている補償ですので、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、初めて聞く方には「何でホールインワンやアルバトロスに保険が必要なの?」という疑問を持っている人も多いはず。

そんな人に向けて、このページではホールインワン・アルバトロス保険について簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク


ホールインワン・アルバトロス保険についての基本的なこと

日本ではホールインワンやアルバトロスを達成した場合、祝賀会や記念コンペ大会を行う慣習があります。また、ゴルフ場に対して記念植樹をしたり、贈呈品・記念品を他のプレイヤーさんに贈ったり、同伴してくれたキャディさんに祝儀をやったりするという慣習があるのです。

そして、その費用は「ホールインワン・アルバトロスを達成した人」が払うということになっています。多い時は数十万の費用になってしまうため、普通のサラリーマンには非常に厳しい出費となります。

ホールインワンはなにも上級者やプロにだけ出る訳ではありません。グリーンに1打で乗せることが出来てしまうホールであれば、誰にでも起こり得ることです。アルバトロスも同様に、起こってしまう可能性はゼロではなく、多少飛距離のある方ならばいつ達成してもおかしくないことなのです。(ちなみにプロにはこの保険は適用外の場合がほとんどです)

たまたま入ったホールインワンやアルバトロス。本来なら喜ばしいはずなのに、何故か数十万の出費が発生してしまう・・。これは普通の経済状況の方には正直言ってたまりません。

もちろん、このような祝賀会や贈呈、記念植樹は必ずやらなければいけない訳ではありません。当然ですが法的に強制力はないです。

しかしながら、会社関係のゴルフは色々と面倒なことが起こり得ます。もし、「この慣習、断りきれないかも・・」と感じるような人達とのゴルフをする予定があるのであれば、ゴルフ保険に入っておいた方が安心と言えるでしょう。

条件は細かいので、規約をよく読んでおこう

ホールインワン・アルバトロス保険は不正に繋がりやすい性質上、様々な規約が付けられています。保険会社によって微妙に違うところもありますが、大体似た様な規約があり、その条件を満たす場合でしか保険金は支払われません。

なので、ゴルファー保険に入っている場合は、ホールインワン・アルバトロス時の保険金が支払われる条件をよく読んでおいた方が良いでしょう。不明な点があれば細かいことでも保険会社に聞き、満足できないようなら別のゴルフ保険を選ぶことも必要になるかも知れません。

私がこれまで調べてきた中で、以下の条件は高い頻度で見かけます。

  • 日本国内のみ
  • ゴルフ競技中に限る。コンペなどは対象外の場合もある
  • プロゴルファー、またはゴルフ指導者は除く
  • キャディ付きでプレーしている(または、ゴルフ場関係者で目撃者がいる、ビデオ映像がある、など)

これ以外にも各会社で細かく条件が指定されていますので、よく見ておいてください。

また、基本的にゴルフ場の証明が必要な場合がほとんどですので、達成したらとりあえずゴルフ場の方や保険会社に今後やるべきことなどを聞いておきましょう。

こちらの記事も参考になると思います。
ホールインワンとゴルファー保険の注意点 [損害保険] All About

スポンサーリンク