1人旅行の保険料:2,000円~
2人旅行の保険料:3,690円~
(北米・ハワイ地域、5日間の旅行)

アジア・オセアニア・グアム地域の保険料がとても安い海外旅行保険です。保障内容も悪くないので、韓国・中国・オーストラリア・グアムなどに旅行の予定の方はチェックしておくべき保険と言えるでしょう。

その反面、その他の地域は少し高めとなっています。

スポンサーリンク


押さえておきたい注目ポイント

HS(エイチ・エス)損保の「スマートネッとU」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

アジア・オセアニア・グアム地域は保険料が安い
治療費用を無制限に出来るプランも割安で可能
ネットから10人まで契約可能(家族は6人まで)
海外留学は店頭契約なら1年間まで契約可能(留学の詳細はこちら
北米やヨーロッパ、アフリカ、中南米は保険料が高くなる
フリープランがない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

HS(エイチ・エス)損保の海外旅行保険「スマートネッとU」の詳細

保険金額と保険料
・P1タイプ
・旅行先:北米・ハワイ地域
・旅行期間:5日間
・[]内は同行者の保険金額

保障内容 一人旅行
(P1タイプ)
一人旅行
(P3タイプ)
二人旅行
(ファミリープラン F1)
保険料 2,000円 3,310円 3,690円
治療費用 1,000万円 無制限 1,000万円
[1,000万円]
傷害死亡 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
疾病死亡 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
救援者費用 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
個人賠償責任
(示談交渉なし)
1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 30万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円 10万円 10万円
備考 航空機遅延を付けることができる(安いので付けても問題なし)
管理人taka管理人taka

友人、恋人と旅行する場合はファミリープランは利用できません。それぞれで個人契約か、グループで申し込みをする必要があります。また、旅行先によって保険料が変わる仕組みになっています。

旅行場所と人数別での保険料の違い
・2人~3人は家族での旅行
・旅行期間は5日間
・最も安いタイプで試算

旅行場所 1人旅行 2人旅行 3人旅行
アジア・オセアニア
・グアム地域
1,660円 3,030円 4,090円
北米、ハワイ地域 2,000円 3,690円 5,070円
ヨーロッパ・
アフリカ・中南米
2,190円 3,740円 4,800円

詳細

保険期間 31日以内
申込み期間 60日前~当日まで
加入可能年齢 18歳以上69歳以下
サポートサービス ・24時間、365日、日本語対応
・世界各国にある提携医療機関でキャッシュレスで治療を受けられる
・ケガや病気になった時の各種情報の提供・紹介・手配など
・パスポートやクレジットカードの盗難や紛失の際の手続き案内
・破損した旅行鞄(スーツケース)の引き取り、修理、納品
・破損したカメラ・ビデオカメラ等の引き取り、修理および納品
フリープラン なし

保障内容

治療費用 海外旅行中の事故によるケガが原因で、医師の治療を受けた場合に補償
傷害死亡
疾病死亡
旅行中の事故によるケガ、または病気により死亡した場合に補償
傷害後遺障害 事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合に補償
救援者費用等 海外旅行中の事故によるケガが原因で事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に補償
個人賠償責任 他人にケガをさせた、お店の物を壊してしまった場合に補償される
(示談交渉はなし)
携行品損害 旅行中にスーツケース、カメラ、時計などを盗まれたり、破損した場合に補償される
航空機寄託手荷物遅延等費用 乗客として搭乗する航空機に寄託した手荷物が、航空機の目的地到着後6時間を経過してもその目的地に運搬されなかった場合に補償される
メリット部分

地域で保険料が変動するタイプで、アジア・オセアニア・グアム地域に旅行する場合は個人・ファミリー共にかなり安い保険料で契約することができます。

そのため、韓国や中国、オーストラリア、グアムなどの地域に旅行に行く予定の方はこの「スマートネッとU」は出来るだけチェックしておくことをお勧めします。(ただし、それ以外の地域は少し高めです)

基本的に保険料はかなり安めですが、ちょっと値段を高くすれば「治療費用」を無制限にしたりすることもできるので、充実した保障を望む方でも十分な満足度があるはずです。

また、グループの場合はインターネットからでも10人まで契約可能なので、大人数での旅行もネットから簡単に申し込めるのが嬉しい所です。(ただし、家族旅行の場合は6人まで)

イマイチな点

アジア・オセアニア・グアム地域はかなり安いのは間違いないですが、それ以外の地域(北米・ハワイ・ヨーロッパ・中南米・アフリカ)に関しては少し保険料が高めとなっています。少しでも安いところを探したいという場合は、他の海外旅行保険と比較する必要があるでしょう。

また、フリープランがないので自由に保障内容を決めることができないため、クレジットカード付帯の海外旅行保険と併用して足りない分だけを補うという方法が使えません。

クレジットカード付帯の海外旅行保険も上手く活用したいという場合は、自由設計ができるジェイアイ傷害火災保険の「t@biho(たびほ)」などを利用すると良いでしょう。

また、保障内容も充実していますが、テロ等対応費用、緊急歯科治療費用、弁護士費用等など、他の海外旅行保険には付いていたりする細かい保障が付いていないのが少し気になるところでしょうか。とはいえ、治療費用や死亡保障などの必要性が高い保障に関しては他と遜色ない内容となっていますので、基本的な保障に関しては何の問題もありません。

お勧めの海外旅行保険をお探しの方へ

どの海外旅行保険に加入するか迷っている方に向けて、管理人が特にお勧めだと判断したものを紹介しているページを作りました。

保険選びの参考になると思いますので、どこを選ぶべきか悩んでいる方は良ければ見ていってください。
人気の海外旅行保険の中でお勧めなのはこれ!

海外留学について

HS(エイチ・エス)損保はインターネット(スマートネッとU)からだと31日までしか契約できませんが、店頭契約なら1年間までの長期契約が出来るようになっています。
海外旅行保険(店頭契約) |海外旅行保険のエイチ・エス損保【公式】

さらに1年を超える海外留学の場合は、満期前に日本で更改手続きを取る必要がありますが、日本にいる代理の方(家族・知人等)を介して手続きをすることも可能なので、実質的には1年以上の海外留学をする場合でも安心して契約できます。(代理の方がいない場合は日本に一旦帰る必要があるので厳しいかも知れません・・)

また、長期間の留学に備えて長期用の個人賠償責任があり、家主への賠償責任も補償してくれるプランもあります。一般の海外旅行保険についている「携行品損害」では補償されない住宅内の家財なども補償してくれるプランも用意してくれています。

以下、1年間の留学の補償内容と保険料の例を載せておきますので、留学やワーキングホリデーに行く予定がある方は参考にしてみてください。

保険金額と保険料
・旅行先:北米
・旅行期間:1年間(365日)

保障内容 寮・ホームステイ
(R01プラン)
アパート・借家
(A01プラン)
保険料 239,420円 247,650円
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 30万円~1,000万円 30万円~1,000万円
治療・救援費用 無制限 無制限
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
個人賠償責任 1億円 なし
携行品損害 30万円 なし
個人賠償責任
(長期用)
なし 1億円
生活用動産
(長期用)
なし 100万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円 10万円
航空機遅延 3万円 3万円
備考 ・緊急一時帰国費用を付けることができる

お勧めの海外留学保険を探している方はこちらのページもご覧ください。
⇒作成中

管理人taka管理人taka

まだ留学・ワーホリの申し込みをしていない方はこちらで無料相談ができます。実は私のテニス仲間の女性が代表を務めているサービスなのです。信頼できる方なのでお勧めですよ。
↓↓
語学学校入学手続き・サポート全て無料!
留学エージェントBlossa

スポンサーリンク