1人旅行の保険料:1,970円~
2人旅行の保険料:3,940円~
(ハワイ、5日間の旅行、49歳以下の場合)

保障内容が安い上に保険料が安いというかなり魅力ある海外旅行保険です。自由に設計ができるフリープランもあるため、クレジットカード付帯の海外旅行保険と併用できるというのも大きなメリットとなっています。

ただし、旅行場所や年齢によって保険料が変わるという仕組みを採用しており、危険度が高い地域、そして50歳以上になると保険料がかなり高くなってしまうため、該当する方は他の海外旅行保険と比較・検討した上で決めることをお勧めします。

スポンサーリンク


押さえておきたい注目ポイント

ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険「t@biho(たびほ)」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

49歳までの方には特に安い保険料
リピーター割引でさらに安く
自由設計が可能なため、クレジットカードとの併用も
専用のアプリが用意されている
1年以上の海外留学・ワーホリも契約可能(留学の詳細はこちら
50歳以上になると保険料が高くなる
アフリカや中南米への旅行は保険料が高め

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

t@biho(たびほ)の詳細

保険金額と保険料
・旅行先:ハワイ
・旅行期間:5日間
・18歳以上49歳以下の場合

保障内容 一人旅行
(保険料節約プラン)
一人旅行
(おすすめプラン)
二人旅行
(保険料節約プラン)
保険料 1,970円 2,630円 3,940円
傷害死亡 1,000万円 3,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円 1,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円 5,000万円 1,000万円
緊急歯科治療 10万円 10万円 10万円
個人賠償責任
(示談交渉なし)
1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 30万円
航空機寄託
手荷物遅延
1万円 1万円 1万円
弁護士費用等 100万円 100万円 100万円
テロ等対応 日額1万円 日額1万円 日額1万円
備考 その他、オプションで航空機遅延、ペット預入延長なども付けることが可能
管理人taka管理人taka

保障内容が良く、保険料も安いという大きな魅力を持っています。フリープランも設定できるので、現状では非常にお勧めの海外旅行保険と言えるでしょう。ただし、旅行先や年齢で保険料が変わってきてしまうので、場合によっては高いこともあります。

旅行場所と人数別での保険料の違い
・2人~3人は家族での旅行
・旅行期間は5日間
・最も安いタイプ(保険料節約プラン)で試算

旅行場所 1人旅行 2人旅行 3人旅行
アジア・オセアニア
・グアム・サイパン地域
1,840円 3,680円 5,520円
北米・ハワイ
ヨーロッパ地域
1,970円 3,940円 5,910円
アフリカ・中南米 2,550円 5,100円 7,650円

年齢別での保険料の違い
・一人、ハワイ、5日間の旅行で試算
・最も安いタイプ(保険料節約プラン)

年齢 保険料
18歳~49歳 1,970円
50歳~59歳 2,640円
60歳~69歳 3,070円
70歳~79歳 5,660円
80歳以上 14,000円
管理人taka管理人taka

年齢が上がるとどんどんと保険料が高くなっていきます。80歳以上だと1万円を超えているのが印象的ですね。

t@biho(たびほ)の詳細

保険期間 観光・商用:31日以内
留学・駐在・ワーキングホリデー:1年以内
申込み期間 3ヶ月前~当日まで
加入可能年齢 出発日時点で18歳以上
サポートサービス ・ケガや病、トラブル時の各種ご相談
・キャッシュレス提携病院の手配・案内
・電話による医療翻訳の手配
・24時間365日、通話料無料で日本語対応
・専用アプリを用意
フリープラン あり

t@biho(たびほ)の保障内容

傷害死亡・疾病死亡 海外旅行中に発生した事故や病気により死亡した場合に補償される
傷害後遺障害 海外旅行中に発生した事故等によるケガにより後遺障害が生じた場合に補償される
治療・救援費用 ・ケガや病気等により病院で治療を受けた場合に補償
・入院等により家族が急遽現地に赴いた場合の費用を保障
緊急歯科治療 海外で突然の歯痛により歯科医院で応急治療を受けた場合に補償される
寄託手荷物遅延 手荷物・スーツケース等が飛行機到着後6時間以内に届かず、日用品の購入等により追加の出費が発生した場合
個人賠償責任 他人にケガをさせてしまったり、他人のものを壊したりした場合に補償される
(示談交渉はなし)
弁護士費用 旅行中の被害事故により法律上の損害賠償請求を行った場合に補償
テロ等対応保険金 搭乗する交通機関や入場施設が第三者の不法支配やテロ行為等により使用できず追加出費が発生した場合に補償
携行品損害 身の回り品の破損や盗難・引ったくりにあった場合に補償される
メリット部分
49歳までの方には特に安い保険料

保険料が安い割に保障内容が良い(保険金額も高く、緊急歯科治療や弁護士費用、テロ等対応もある等)という注目すべき海外旅行保険です。特に49歳以下の場合の保険料の安さはかなりのもので、他と見比べてもトップクラスの安さなのは間違いありません。

ただし、複数人での旅行の場合の割引がないため、家族や友人・恋人との旅行の場合はちょっと保険料が高く感じてしまうかも知れません(その分、同行者の保障金額も低くならないので、保障内容的にはコチラの方が良いケースが多いですが)。

リピーター割引でさらに安く

「たびほ」にはリピーター割引があるため、過去3年以内に利用している場合は保険料が3%割引されます。ただでさえ安い保険料がさらに安くなるので、よく旅行に行く方は「たびほ」に一点集中で使っていくとお得です。

自由設計が可能なため、クレジットカードとの併用も

かなり注目なのが「自由設計が可能」という点です。

海外旅行保険はクレジットカードにも無料(もしくは有料)で付帯している場合が多いです。ですが内容がそこまで充実している訳ではないため、その保障に「たびほ」で足りない分だけ上乗せする形でカスタマイズすれば、保険料を最小限に抑えることもできるのです。

このフリープランがあることでクレジットカード付帯の海外旅行保険と両方活用することができますので、より安く契約したい方はかなり注目の海外旅行保険であると言えるでしょう。

専用のアプリが用意されている

「たびほ」の契約者専用のアプリが用意されており、旅行先で困ったことがあった時に非常に役立つ存在となってくれます。

アプリの主な機能としては

  • 「たびほ」サポートラインへの電話発信
  • キャッシュレス提携病院のGoogleMap連動表示
  • (保険金請求時に必要な)写真の撮影カメラ
  • ジェイアイ傷害火災へ(保険金請求時に必要な)写真とメッセージの送信
  • ドクターパスポート(病気やケガの際に症状や痛みのある部位を外国語で伝えることができます)

などがあります。ドクターパスポートの対応言語は日本語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語(簡体字)・韓国語と、幅広く用意されているのが嬉しいポイントです。

海外での万が一の時に、スマホのアプリで解決策を探せるのはかなりの安心感となるでしょう。

イマイチな点

たびほは年齢によって保険料が変わるという(おそらく現在では唯一の)保険のため、49歳までの場合は確かに保険料が安いのですが、50歳以上になると保険料が高くなるという仕組みになっています。(具体的な価格については上の「年齢別での保険料の違い」をご覧ください)

また、旅先によっても保険料が変わります。危険度が高い地域(アフリカや中南米)などに旅行をする場合は例え49歳以下であってもそこそこ高い保険料になってしまいます。

年齢と場所によっては他の海外旅行保険の方が安いということにもなってしまうため、自分たちの旅行が条件的に高くなりそうな場合は他と比較してから決める必要が出てくるでしょう。

また、メリット部分でも書きましたが、複数人で旅行する場合でも保険料が割引になりませんので、少しでも安くしたい場合は他も検討してみてください(※保険料が高い分、同行者の保障金額も低くならないというメリットもあります)。

お勧めの海外旅行保険をお探しの方へ

どの海外旅行保険に加入するか迷っている方に向けて、管理人が特にお勧めだと判断したものを紹介しているページを作りました。

保険選びの参考になると思いますので、どこを選ぶべきか悩んでいる方は良ければ見ていってください。
人気の海外旅行保険の中でお勧めなのはこれ!

海外留学について

期間が1年までの留学・ワーキングホリデーであれば、t@biho(たびほ)から申し込むことが可能です。

以下に補償内容と保険料の例を載せておきますので、1年までの留学やワーキングホリデーに行く予定がある方は参考にしてみてください。ちなみに補償内容をカスタマイズすることも可能です。

保険金額と保険料
・留学先:カナダ(北米)
・留学期間:1年間
・年齢:10~32歳

保障内容 保険料節約プラン おすすめプラン
保険料 199,870円 224,760円
傷害死亡 1,000万円 3,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 無制限
個人賠償責任
(長期契約用)
1億円 1億円
生活用動産
(長期契約用)
100万円 150万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円 10万円
航空機遅延費用 2万円 2万円
弁護士費用等 100万円 100万円
テロ等対応 日額1万円 日額1万円
備考 その他、オプションで緊急一時帰国費用、
疾病に対する応急治療・救援費用、歯科治療費用なども付けることが可能

また、ジェイアイ傷害火災保険では1年以上の留学・ワーホリに行く方向けの長期保険も用意されています。そちらは1年超から5年までの期間を申し込むことができるので、長期の海外留学保険を探している方はこちらの通信販売契約の方をチェックしてみてください。

お勧めの海外留学保険を探している方はこちらのページもご覧ください。
⇒作成中

管理人taka管理人taka

まだ留学・ワーホリの申し込みをしていない方はこちらで無料相談ができます。実は私のテニス仲間の女性が代表を務めているサービスなのです。信頼できる方なのでお勧めですよ。
↓↓
語学学校入学手続き・サポート全て無料!
留学エージェントBlossa

スポンサーリンク