001

「海外留学・ワーホリ保険に加入したいんだけど、どこを選べば良いのかさっぱり分からない・・」という方に向けて、管理人評価でのお勧めどころをランキング形式で紹介させてもらっています。

保険料を安く済ませられる、1年間を超える契約が出来る、インターネットで完結できる、などを踏まえてお勧めをピックアップしていますので、これから海外留学・ワーキングホリデーを検討したいと考えている方は是非ともチェックしていってください。

管理人taka管理人taka

まだ留学・ワーホリの申し込みをしていない方はこちらで無料相談ができます。実は私のテニス仲間の女性が代表を務めているサービスなのです。信頼できる方なのでお勧めですよ。
↓↓
語学学校入学手続き・サポート全て無料!
留学エージェントBlossa

このページの内容

このページでは、以下の順番で海外留学・ワーホリ保険のランキング・お勧め保険情報を紹介しています。

知りたい情報のところをクリックしてもらっても良いですし、このまま読み進めてもらっても問題ありません。

それでは、いきます。

No.1 AIUの「海外旅行保険」

保険料がとても安い
1年までの契約ならネット上で簡単にできる
アパート・借家での長期保障プランも用意されている
詳細ページ
1年間(365日)の保険料と補償内容
保障内容 寮・ホームステイ
(シンプルプラン)
アパート・借家
(シンプルプラン)
保険料 165,760円 175,250円
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 30万円~1,000万円 30万円~1,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 2,000万円 2,000万円
個人賠償責任 1億円 なし
携行品損害 30万円 なし
個人賠償責任
(長期用)
なし 1億円
生活用動産
(長期用)
なし 100万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円 10万円
航空機
遅延費用
2万円 2万円
備考 ・緊急一時費用を付けることができる
この保険のここが良い!

必要最低限の保障が揃っており、1年間までの留学・ワーホリならインターネットから簡単に契約できるのがお勧めです。他の保険だと代理店で契約する必要があるため、この点は大きな魅力です。

また、治療・救援費用が2,000万円のプランでありながら保険料がとても安いことも注目ポイントです。現状では最もリーズナブルな海外留学保険を用意してくれているところではないかと思います。3ヶ月・6ヶ月・1年のどの期間をとっても頭一つ安いので、ここはかなりのメリット部分ではないかと思っています。

さらに、保険期間31日超の場合は一般の海外旅行保険の「個人賠償責任」と「携行品」では保障しきれない部分もありますが、AIUの「アパート・借家プラン」なら一般ではカバーしきれていなかった家主への賠償責任、住宅内の家財なども補償してくれるようになっています。この点は何気にありがたいところです。

気になる点は

気になるデメリット部分は特にありません。滞在期間が1年を超える場合は、AIUまたは代理店に直接お問い合せしてみてください。


公式サイトはこちら(保険期間:1年まで)
海外旅行保険 インターネット契約 | AIU保険会社

No.2 東京海上日動の「海外留学保険」

6ヶ月までならネットから申し込める
6ヶ月以上2年未満の留学保険も契約できる
保険料がかなり安い
詳細ページ
1年間(365日)の保険料と補償内容
保障内容 M2タイプ N4タイプ
保険料 171,130円 214,960円
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円
治療・
救援費用
3,000万円 無制限
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
個人賠償責任
(示談交渉なし)
1億円 1億円
携行品損害 10万円 20万円
航空機
寄託手荷物
10万円 10万円
航空機
遅延費用
2万円 2万円
備考  - 
この保険のここが良い!

東京海上日動は6ヶ月までならネットから簡単に契約できる上、保険料がかなり安いです。しかも安い上に治療・救援費用の補償が3,000万円なので、補償内容としては文句ありません。

また、6ヶ月以上の保険を求める場合も、かなり安い保険料で契約することができます。治療・救援費用が3,000万円でありながら、2,000万円のところとほとんど変わらない保険料となっているため、非常にお勧めです。

気になる点は

6ヶ月以上の海外留学・ワーホリになると公式サイトから資料を請求してから申し込む形になるため、少々面倒に感じられます。ただし、その面倒が気にならないくらい保険料は安いですので、チェックしておきたい保険にかわりはありません。


公式サイトはこちら
安心の東京海上日動長期留学保険・留学生保険・ワーホリ保険・駐在保険

No.3 ジェイアイ傷害火災保険の「t@biho(たびほ)」

1年までの契約ならネット上で簡単にできる
治療・救援費用が無制限の割に保険料が安い
通信販売なら5年までの加入も可能
50歳を超えると急に保険料が高くなる
詳細ページ
1年間(365日)の保険料と補償内容
保障内容 保険料節約プラン おすすめプラン
保険料 199,870円 224,760円
傷害死亡 1,000万円 3,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 無制限
個人賠償責任
(長期契約用)
1億円 1億円
生活用動産
(長期契約用)
100万円 150万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円 10万円
航空機遅延費用 2万円 2万円
弁護士費用等 100万円 100万円
テロ等対応 日額1万円 日額1万円
備考 その他、オプションで緊急一時帰国費用、
疾病に対する応急治療・救援費用、歯科治療費用なども付けることが可能
この保険のここが良い!

治療・救援費用が無制限でありながら非常に安い保険料を提示してくれています。たびほ自体は海外旅行保険ではありますが、1年までの海外留学・ワーホリならたびほ公式サイトから簡単に申し込めるのが嬉しい所です。

また、1年以上の留学をする予定の方向けに通信販売が用意されており、5年までの期間の加入も可能となっています。一度にここまで長期間の契約が出来るのはかなり珍しいので、1年を超える海外留学の場合はジェイアイを検討しておくことをお勧めします。

通信販売はこちらから(保険期間:1年~5年)
通信販売契約|留学保険/ワーホリ保険-JTBグループ・ジェイアイ傷害火災-

気になる点は

保険料が安いのは良いのですが、それはあくまで49歳まで。50歳を超えると急に保険料が高くなりますので、50歳以上の方は他の海外留学保険と料金の比較をした上で決める必要が出てくるでしょう。


公式サイトはこちら(保険期間:1年まで)
【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》

まだ留学・ワーキングホリデーの申し込みをしていない方へ

まだ留学・ワーホリの申し込みをしていない方はこちらで無料相談ができます。実は私のテニス仲間の女性が代表を務めているサービスなのです。信頼できる方なのでお勧めです。
↓↓
語学学校入学手続き・サポート全て無料!
留学エージェントBlossa

スポンサーリンク