年間保険料:3,000円~
賠償責任(限度額):5,000万円~

ゴルフ保険の中でもトップクラスに安い保険料でありながら、賠償責任が5,000万円、ケガの補償は320万円という充実の補償内容を誇るのが三井住友海上のゴルファー保険。

ネット上でも「この保険に入っているよ」という人をよく見かけるほどで、その人気の高さが伺えます。ゴルフを頻繁にやっている場合、まず候補に入れたい保険なのは間違いありません。

スポンサーリンク


三井住友海上の「ゴルファー保険」の詳細

三井住友海上のゴルファー保険に加入すると、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

練習を含むゴルフプレー中に、他人にケガをさせたり、他人の財物を壊したりした場合に保険金が支払われます。

賠償責任限度額は5,000万円~1億2,000万円

●傷害

ゴルフ場や練習場でプレイ中にケガをした時に保険金が支払われます。

●用品損害

ゴルフ場や練習場でゴルフクラブなどを破損、盗難にあった場合に損害の額が支払われます。

●ホールインワン、アルバトロス費用

ホールインワン、アルバトロスを達成した時のお祝いの費用が支払われます。ただし、キャディを同伴していないセルフプレー時には保険金支払いの対象にはなりません。

●保険の対象

被保険者本人のみ、または特約をセットすると家族も対象に

保険内容の詳細は公式サイトのPDFをご覧ください。
三井住友海上のゴルファー保険PDF

注目ポイント

ゴルフ保険として必要な補償が揃っているだけでなく、保険料の安さ、賠償責任の限度額の高さなど、満足度はかなり高いと思います。特に保険料の安さは、数あるゴルフ保険の中でもトップクラスです。特約をセットすることで家族も適用になるように出来ますので、家族でゴルフをしている場合にも向いています。

また、プランは年間3,000円、6,000円、9,000円の中から選べるので、要望に沿ったプランに加入することが出来ます。

全体的に素晴らしい内容なので、ゴルフ保険を探している方はまずチェックしておくべき保険と言えるでしょう。

イマイチな点

基本的に保険内容が他と比べて良い点が多いですが、月払いでなくて年払いなのが気になるところです。やはり、お手軽感を考えると月払いの方が良いかなと感じてしまいます。

ただし、保険内容自体が良いので、ゴルフを真剣にやっている場合はずっとこの保険に入っていればいいという考えもあるので、年払いというのはそれほど影響ないのかも知れません。

三井住友海上「ゴルファー保険」の保険金額と保険料

補償内容コースその.1コースその.2コースその.3
ケガの補償320万円280万円280万円
賠償責任最高 5,000万円最高 1億円最高 1億2,000万円
ホールインワン
アルバトロス
10万円20万円40万円
用品の損害10万円27万円29万円
保険料年間 3,000円年間 6,000円年間 9,000円
公式サイトゴルファー保険 | 三井住友海上
保険内容の詳細(PDF)

スポンサーリンク