年間保険料:5,000円
救援者費用保険金:300万円

遭難した際のレスキュー費用に特化したのが「日本費用補償少額短期保険」です。登山はもちろん、スキー・スノーボード、山での釣り、ハイキング、ロッククライミングなどのアウトドアスポーツを楽しむ方に向いています。

ただし、海での活動は対象に含まれません。また、ケガの補償や賠償責任などの補償は一切付きません。捜索・救援者費用のみが対象です。

スポンサーリンク


日本費用補償少額短期保険の詳細

日本費用補償少額短期保険に加入すると、以下の補償が受けられます。

●捜索・救助費用保険金

遭難し、捜索・救助活動が行われた場合に生じた費用(人件費、装備費、ヘリコプター運行費用など)が補償されます。

「滑落」「転倒」「転落」以外にも「道迷い」「疲労」「病気」「落石」「雪崩」「落雷」「悪天候」「鉄砲水」など、遭難の原因を問わず補償されます。

救援者費用保険金は300万円。

●保険の対象

被保険者本人のみ

保険内容の詳細は公式サイトをご覧ください。
レスキュー費用保険(捜索・救助費用保険)

注目ポイント

捜索・救援者費用のみに特化している保険なので、ケガの補償や賠償責任などのその他一切の補償は付かないですが、登山が趣味という方をはじめ、ロッククライミング、スキー・スノボー、ハイキング、釣り、ピッケルやアイゼンなどの用具を使用するような登山など、アウトドア活動を行う場合のほぼ全ての遭難事故が補償の対象となってくれます。(海の活動は適用外)

捜索・救助費用はかなりの額になる可能性がありますので、常に遭難の危険を伴うスポーツ・レジャーを行っている場合は、この保険は万が一の救助費用の助けになることでしょう。

あと、遭難の原因に「病気」や「疲労」などが含まれているのも注目ポイント。他の総合レジャー保険ではそこまで対象としてくれない場合もあります。その点、日本費用補償少額短期保険では「滑落」「転倒」「転落」「道迷い」「疲労」「病気」「落石」「雪崩」「落雷」「悪天候」「鉄砲水」に対応してくれるので、遭難の原因が保険の対象外になる心配はいらないでしょう。

また、季節も問われないため、冬山の時期でもちゃんと補償されます。

イマイチな点

この保険は内容がとてもシンプルで、対象となる人がかなり限られます。なので「ここがちょっと・・」と感じる部分がいくつか出てきます。

まず一つ目の気になる点は「救援者費用保険以外の補償が付かない」ということ。アウトドア中のケガ、そして他人にケガを負わせてしまった場合の賠償責任、携行品損害などの補償は一切付きません。それらを求める場合は他のレジャー保険に入るしかありません。

二つ目は「補償範囲が一人」ということ。仲間や家族で山登りやスキー・スノボーをする場合、全員分の補償を求める場合は各人で加入していないといけなくなります。

そして三つ目は「海は適用外」ということ。海水浴、マリンスポーツ、海釣り、クルージングなどの海難事故は対象外となっています。海での索・救助費用保険を求める場合は、別の保険に加入する必要があります。

日本費用補償少額短期保険(レスキュー費用保険)の保険金額と保険料

補償内容レスキュー費用保険
救援者費用保険金300万円
保険料(年間)5,000円
備考・ケガの補償や賠償責任の補償などは一切なし
公式サイトレスキュー費用保険(捜索・救助費用保険)

スポンサーリンク