年間保険料:3,000円~
賠償責任(限度額):2億円

パルシステムが提供する自転車保険です。引受保険会社は三井住友海上です。

入院・手術・通院などの必要となる保障が全て揃っており、個人~家族までのプランがしっかりと用意されているため、保障の幅が広い自転車保険と言えます。

ただし、保険金額はそれほど高くないため、加入の際はその点も考慮して決める必要があるでしょう。

スポンサーリンク


パルシステムの自転車保険の詳細

保険金額と保険料

項目 保障内容
年間保険料 個人型:3,000円
夫婦型:5,000円
家族型:7,000円
死亡・後遺障害 個人型:49万円
夫婦型:156万円
家族型:152万円
入院日額 1,500円
手術保険金 入院中の手術:1万5,000円
それ以外の手術:7,500円
通院日額 1,000円
賠償金の
限度額
2億円
示談交渉 あり
備考 加入にはパルシステムの組合員になる必要がある

保障内容

傷害保険 自転車事故を含む交通事故全般を保障します。
死亡・後遺障害、入院、手術、通院等
賠償責任保険 自転車走行中、および日常生活中の事故によって発生した損害賠償金を保障。
(他人へのケガ、他人のものを壊したなど)
示談交渉サービス 自転車や日常生活中の賠償事故について、示談交渉を代わりに行ってくれます。
メリット部分

安めの保険料でありながら、死亡・後遺障害、入院、通院、手術保障の全てが揃っている自転車保険です。それぞれの保障額こそ高くはありませんが、保障が揃っているのはやはり注目ポイントと言えます。

個人・夫婦・家族コースが揃っているのも見逃せません。

また、賠償責任限度額が2億円なのもポイントです。他の自転車保険(個人賠償責任保険)では1億円限度のところが多いので、2倍の保障まで大丈夫になります。ただし、自転車事故で1億円を超える高額賠償になったケースはまだ聞いたことがないため、2億円という設定が必要なのかどうかは微妙なところがあります。

イマイチな点

死亡・後遺障害、入院、通院、手術という全ての保障が揃っているのは確かに良いのですが、保険金額が低いのが気になります。この保険金額の低さだと逆に「個人賠償責任だけにして、保険料を安くした方が良いのでは・・」と思えてしまいます。

交通事故による入院や死亡保障をもっとしっかり設定したい場合は、他の自転車保険も検討する必要が出てくるでしょう。

また、パルシステムの組合員でになる必要があるのがちょっと面倒です。入会金や年会費などはないものの、余計な手続きが増えるのは少し面倒なところではありますね。

お勧めの自転車保険をお探しの方へ

自転車保険への新規加入を考えている、または保険料を見直してもっと安い所を探しているという方に向けて『保険料が安くて補償内容が良い自転車保険』を考察・紹介しているページを作りました。

もちろん、他人にケガを負わせた場合に保障してくれる「個人賠償責任保険」も含めてのお勧めを探っていますので、興味がある方は是非ともチェックしてみてください。

特に小学生、中学生、高校生のお子さんをお持ちの方にはこのページは見て欲しいです。
自転車保険 おすすめの比較と評価ランキング

スポンサーリンク