外見の可愛らしさだけでなく、人懐こさと愛嬌のある仕草が特徴で、今やペットの中でも不動の人気を誇るプードル。初めはペットとして迎えますが、プードルが持つ朗らかな雰囲気、そして人の言葉を理解しているかのような振る舞いに、やがては掛け替えのない家族の一員になっていることでしょう。

飼っている人、そしてこれから飼う予定だという人がとても多い犬種で、特に小型犬の部類に入る「トイ・プードル」の人気は非常に高く、「人気犬種ランキング」でも1位を獲っているくらい大人気のワンちゃんです。

そんなプードルについて、このページでは

  1. 4つの種類
  2. なりやすい病気
  3. お勧めのペット保険
  4. 愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

の4つのテーマをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク


プードルには4つの種類がある

プードルには犬種標準で定められている4つの種類があります。基本的には大きさ(体高)で分けられていて、それぞれの種類で個性が異なると言われています。

【スタンダード・プードル】
体高:45~60cm
体重:15~19kg程度
最も大きなサイズのプードル。性格は落ち着いていて、介助犬としても使われているという頼もしい種類です。ペット保険では中型犬の部類に入ります。

【ミディアム・プードル】
体高:35~45cm
体重:8~15kg
日本では指定されたばかりのサイズ。世界でも指定していない国が多いです。ペット保険でもミディアムだけ指定されていない場合が多々あります。

【ミニチュア・プードル】
体高:28~35cm
体重:5~8kg
スタンダードサイズを小型化した種類。アメリカでは人気が高いです。ペット保険では小型犬に分類されるケースが多いです。

【トイ・プードル】
体高:26~28cm
体重:3kg前後
愛玩犬として向いている種類。性格は朗らかで愛嬌があるため、日本では特に人気が高いです。ペット保険では小型犬に分類されます。

プードルがなりやすい病気

【膝蓋骨脱臼】
主に小型犬種がなりやすい病気で、トイ・プードルも例外ではありません。後ろ脚の膝のお皿がずれてしまうことで起こります。

発症のサインは「スキップをするように走る」「脚を上げて3本足で歩く」「膝の痛みを訴える」「膝関節が動かせなくなる」などがあります。

階段などの段差で脚をひねったり、滑りやすいフローリングの上にずっといたり、肥満で足腰に負担がかかるといったことで発症してしまうと言われていますので、出来るだけ早く生活環境をプードル用に仕上げて予防してあげたいところです。

酷い場合は外科手術が必要になるため、高額手術に対する備えをしておく必要があります。

【椎間板ヘルニア】
プードル(トイ~スタンダード全て)は椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。背骨と背骨の間にある椎間板を圧迫され、脊髄神経に向かって飛び出してしまうことで痛みや麻痺といった症状を起こしてしまう病気です。

悪くなると自力で歩けなくなったり、排尿ができなくなってしまうため、早めの対処が必要とされます。予防策としては肥満を抑えることと、背骨に負担が掛かるような運動(チンチンのポーズになって動くこと)を過度にしないことなどが挙げられます。

治療には外科手術が必要になり、かなり高額になる可能性があります。椎間板ヘルニアの医療費例は600,000円なので、やはり普段から高額治療に対する備えが必要となってきます。

【白内障】
目のレンズが白濁し、だんだんと目が白くなっていく病気です。プードルがなりやすい病気の一つです。過熟気になると目が見えない状態にまでなってしまうので、早期の発見と治療が必要です。定期的に病院に通い、悪化する前に発見してあげたいところです。

治療は基本的に外科手術が必要となります。高額治療となります。

【緑内障】
眼球内の水分量の調節が上手くいかず、眼内圧が高くなって視神経を圧迫してしって一気に失明になってしまう可能性を持っている怖い病気です。プードルは緑内障になりやすいため、目の痛みを訴えたりした場合は早急に動物病院に連れて行きましょう。

治療は内科的治療と外科治療があります。医療費例は488,070円と高めですが、失明になる前に全力で治療に専念させてあげたいですね。

【胆石】
プードルは胆石(胆泥)が出来やすいと言われています。もし嘔吐をした場合は胆石のサインかも知れませんので、見逃さずに動物病院に連れて行きましょう。また、重症化すると胆嚢が破裂して腹膜炎を引き起こしてしまうので、やはり早めの対処が必要となります。

治療は軽度の場合は内科治療を行いますが、重い場合は外科手術で摘出することになります。高額になると費用は数十万円かかりますので、定期的に病院に通って早期発見に努めたいところです。

【てんかん】
遺伝性の脳疾患で、症状としては硬直、けいれん、泡を吹く、歯を食いしばるなどがあります。症状は長続きせず、長くても数分で収まるケースが多いです。

てんかんの対処法は抗てんかん薬を服用していくことです。基本的に完治しない病気なので、獣医さんの一緒に一生付き合っていくことになります。

【その他の病気】
卵巣嚢腫、前立腺肥大、膀胱炎、心臓奇形、流涙症など

プードルだけでなく、ペットの治療には人間の様な保険が適用されないため、基本的に治療費は全額自腹となってしまいます。特に外科手術を含む治療はかなり高額になってしまうので経済的に非常に痛いのですが、それでも手術することで元気な姿に戻ってくれる可能性が高まることを考えると、やはり高額手術を選択してしまうものです。

愛犬に十分な治療を受けさせてあげて、さらに高額治療による出費を抑えたいのであれば、あらかじめペット保険に入っておくのが一番良いと思います。

トイ・プードル(&ミニチュア・プードル)にお勧めのペット保険

まず初めにトイ・プードルにお勧めのペット保険を解説したいと思います。ちなみにミニチュア・プードルも小型犬に分類されることが多いため、両方ともお勧めペット保険は同じになります。

トイ・プードル(ミニチュア・プードルも)は小型犬のため、基本的には愛犬にお勧めのペット保険のページで「小型犬へのお勧め保険」の項目で紹介しているところで良いと思います。このページは文章量がとても多いですが、犬のお勧めペット保険についてかなり考察しているため、ペット保険への加入を検討している方は是非とも最後まで読んでおくことをお勧めします。

で、愛犬にお勧めのペット保険のページで小型犬にお勧めとしているのはペッツベストPS保険です。この2つは小型犬の保険料が非常に安い上に補償内容が他と比べても遜色ないという、かなりお勧めできるペット保険です。

特にペッツベストは保障の特性上、高額治療にも向いているので、トイ・プードルに心配される胆石、椎間板ヘルニア、白内障、緑内障などの高額治療の際にも役立ってくれるでしょう。

この2つの保険に関しては当サイトでも詳しく解説していますので、良ければじっくりと見ておいてください。
ペッツベストの特徴と魅力、欠点、評価
PS保険(ペットメディカルサポート)の特徴と魅力、欠点、評価

個人的には、多くの人はペット保険に入る理由として「高額治療に備えるため」というのが凄く大きいのではないかと思っていますので、そう考えるとペッツベストが良いのかなと思っています。

ただ、PS保険も凄く良いです。高額治療には少々不安が残るものの、とてもバランスが取れている補償内容で、終身まで継続でき、小型犬の保険料が凄く安いという魅力を持っています。オリコン顧客満足度ランキングでも連続総合1位を獲っているという凄く評価が高い保険ですので、こちらも資料を取り寄せてじっくりと見ておくのもいいと思います。

【ある程度経済的に余裕のある方へのお勧め保険】

お金にある程度余裕がある方は、アニコム損害保険株式会社をお勧めします。

アニコムはペット保険のシェア率52%を誇っていますので、周りでも使っている人は多いと思います。そしてアニコムでは動物病院の窓口で保険金の請求(精算)が出来たり、獣医師によるペットのしつけや子育て相談サポートが付いていたり、電話対応がとても良かったりと、保険料は高いですがサポートに関してはとても充実しているという特徴があります。

知名度も非常に高いので、お金がある経済状況の中で「間違いないペット保険」に入りたいならアニコムがべストと言えるでしょう。

公式サイトはこちらから
ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」

ただし、保険料がペッツベストやPS保険と比べるとかなり高い上に、補償内容はPS保険と比べても大きく変わらないため、純粋に『保険のみ』を求める場合や、保険料を抑えたい場合はペッツベストかPS保険にしておくと良いでしょう。

スタンダード・プードルにお勧めのペット保険

スタンダード・プードルは中型犬に分類されるケースが多いため、基本的には愛犬にお勧めのペット保険のページで「中型犬へのお勧め保険」の項目で紹介しているところを選べば間違いないと思います。

ちなみに中型犬のお勧め保険は小型犬と同じく、ペッツベストとPS保険です。理由などは上の「トイ・プードルにお勧めのペット保険」で書いてある小型犬向けのお勧め保険とほぼ同じですので、そちらを参考にしてください。

愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

愛犬が他人に噛みついてケガをさせると賠償責任が発生します。お相手の怪我の具合によってはかなりの高額賠償になる場合があり、1,000万円を超える高額賠償になってしまうこともあります。

そんな愛犬の噛みつき事故に備えるには『個人賠償責任保険』に加入することで解決します。一応ペット保険には特約として個人賠償責任保険を付けられるところもありますが、ペッツベストもPS保険もその特約は用意されていません。

また、例えペット保険側で個人賠償責任保険を用意している場合でも、正直言って全然たいしたことのない内容のものがほとんどです。『個人賠償責任保険』は他に凄く良い内容のところがありますので、ペット保険とは別口で入っておくことをお勧めします。

※ 別口で入るのであれば、ペット保険の特約で付いている個人賠償責任保険に入る必要がなくなります。(ペット保険では個人賠償責任保険のことを「ペット賠償責任特約」などの名前にしていますが、同じ保険です)

噛みつき事故の場合のお勧め保険についてはこちらのページで解説しています。噛みつき事故は他人事では済まされないため、ペット保険と合わせてこちらもチェックしておくことをお勧めします。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

ちなみに、このページでは月額120円で年間1億円までの補償が受けられるという超お勧めの個人賠償責任保険もご紹介しています。クレジットカード発行という条件があるのが少々痛いですが、経済的にほとんど負担にならずに加入できるので、入っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク