ブランド:VISA
提携先:株式会社カカクコム

【注意!】
2015年12月にREXカードの還元率が1.75%⇒1.5%に下がりました。
REXカードLiteはこれまで通り1.25%です。

他のカードの還元率は1%以下が多い中、1.5%の高還元率を誇るのが「REX CARD(レックスカード)」。価格.comを運営するカカクコムが提供するクレジットカードであり、条件付き年会費無料、JACCSモールでのポイント獲得、価格.com安心支払いサービスでのポイント還元、入会特典など、節約するための材料が揃っている注目のカードです。

生活の中で少しでもお得になるクレジットカードを持ちたいと思うのは自然な事です。REXカードはそんな欲求を満足させてくれるカードの中でも特にお勧めと言えるカードなのです。

カードでの買い物が多い方、保険への加入に利用したい場合は、チェックしておいて損はないと思います。

このページではREXカードの詳細、デメリットについて、Liteとの比較、付帯保険、ポイントの活かし方、家族カードなどについて解説していますので、知りたいポイントがあればじっくりと見ていってくださいませ。

スポンサーリンク


コンテンツ一覧

  1. 【最大の注目ポイント】還元率が1.5%!
  2. 還元されたポイントの有効期限と利用方法(デメリットあり)
  3. JACCSモールを経由してさらにポイントアップ!
  4. REXカードとREXカードLite、どちらに申し込むのが良いの?
  5. 付帯保険は自分で選ぶ
  6. ETCカードは無料、家族カードは400円+税で発行できる
  7. お得な入会キャンペーンを利用しよう
  8. REXカードの基本情報

【最大の注目ポイント】還元率が1.5%!

REXカード(年会費2,500円+税)は1.5%という高い還元率を持っているクレジットカードです。他のカードは0.5~1%くらいがほとんどな中、この還元率の高さは国内でも最高水準となっています。

例えば2万円のテニスラケットを購入すると300円お得になります。0.5%のカードだと100円、1%だと200円ということを考えると、他のカードと比べて100~200円もお得になる計算になります。

ただ、これだとジュース1~2本分くらいお得になるくらいだから大したことないじゃないか・・と思うかも知れませんが、カードでの支払いを生活の中心に置いている場合はバカにできない額になります。

もし月に4万円カードで支払いをしたとすると、REXカードなら月に600円もお得になります。ランチ一回分ですね。そして年間で7,200円も還元されるという計算をしてしまうと、もはや見逃せない額になってしまうでしょう。

ちなみに0.5%の還元率だと年間2,400円、1%だと4,800円ですので、REXカードの方が年間3,600円~6,000円もお得なのです。1年に1回、高級うな重を夫婦で食べれるくらい還元されるのがREXカードの良い所なのです♪

また、高額なゴルフクラブを数本購入する時にREXカードで支払っておけば、それだけで数千円分のお得となります。ゴルフクラブを買ってくれたお礼に、家族で焼肉でも食べに行けます。食べ物の話ばかりですが、そのくらいお得だということを分かっていただきたいのです。

ちなみにREXカードLite(ライト)は年会費は無料ですが、還元率は1.25%と低めに設定されています。REXカードとライトのどちらがお得かについては別の項目で解説していますので、そちらを参考にしていただけたらと思います。(⇒REXカードとREXカードLite、どちらに申し込むのが良いの?

還元されたポイントの有効期限と利用方法(デメリットあり)

REXカードで還元されたポイントには有効期限があり、ポイント獲得月より2年間が期限となります。2年を過ぎるとポイントが消えてしまうのは、REXカードのデメリットと言えます。なので、それまでにポイントを消費する必要があります。

そしてREXカードで獲得したポイントは、以下の2つにしか使えません。

  • 3,500ポイントごとにJデポ3,500円分
  • 3,500ポイントごとにANAのマイル 600マイル

3,500ポイントに対してANAの600マイルはちょっと割に合わなそうなので、ここはJデポ3,500円分に替えるのが妥当だと思います。

Jデポはカードの利用代金請求の時の値引きに使えます。つまり、カード請求が20,000円の時、Jデポ3,500円分を使うことで16,500円の支払いで済ますことが出来ます。

ちなみに、Jデポにも有効期限があります。期限は3ヶ月と短いので、Jデポに変えたらすぐに使うようにした方が無難と言えるでしょう。Jデポに変えたけど使うの忘れてた・・ということにならないように気を付けたいところです。

また、もし2年間で3,500ポイントがたまらないと、Jデポと引き換えることも出来なくなります。ここもデメリットと言えますね。お買い物であまりREXカードを使わないのであれば、別のカードを利用した方が良いでしょう。

2年間で3,500ポイントを得るための目安は
・REXカードは月に9,722円以上の利用
・REXカードライトだと月に11,667円以上の利用
で達成することが出来ます。

それぞれ携帯料金と少しのお買い物、または外食時の支払いをするだけで最低ラインは超えると思いますので、あまりポイントの有効期限は気にする必要はないのかも知れません。

ただし、意識して最低ラインを超えるように調節していくことは大切だと思いますので、ポイントを無駄にしないようなカードライフを送るようにしましょう。

JACCSモールを経由してさらにポイントアップ!

REXカードはJACCSモール内のAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどでお買い物をすることで、Jデポが0.5%~12%も貰えるというシステムになっています。

もちろん通常の1.5%の還元も適用されますので、普通に買うよりも2%以上もお得に買い物が出来るようになるのです。

JACCSモールでのお買い物ではAmazonと楽天で0.5%、ベルメゾンで1%、Joshinで1%、エクスペディアで4%のJデポが貰える形になっています。頻繁にAmazonや楽天、ベルメゾンを使う方は、REXカードでJACCSモールを経由することでかなりお得に買い物をすることができます。

REXカードとREXカードLite、どちらに申し込むのが良いの?

REX CARDには年会費のかかるREXカード(年会費2,500円+税)と、年会費無料のREXカードLite(還元率1.25%)の2種類があります。

どちらを発行するべきか迷うかも知れませんが、年間50万円の利用を境目にどちらがお得かがハッキリと分かれますので、あまり迷う必要はありません。

まず、知っておくべき情報として、REXカードは年間利用が50万円以上で年会費無料となります。もし年間50万円以上(月41,667円以上)の利用がないのであれば、ポイント分を含めてもREXカードLiteの方がお得です。

あまりカードを使わないのであれば、REXカードLiteにしておくのが良いでしょう。REXカードLiteでも1.25%の還元率はありますので、他のクレジットカードよりもお得に買い物できることには変わりありません。

ただし、上でも説明している通り、Jデポに替えるための最低ラインである3,500ポイントに到達するために、REXカードLiteの場合は月に11,667円以上の利用が必要となります。このラインを超えないようであれば、他の年会費無料のクレジットカードにした方が良いでしょう。(携帯料金+少しの買い物でこのラインは超えられると思います)

今はP-one Wizが無料系の中で一番高い1.5%の還元率ですので、こちらを利用すると良いでしょう。
P-one Wizを発行するメリットとデメリット、申し込み前の注意点など

年間50万円以上の利用が見込まれるのであれば、断然REXカードの方がお得になりますので、迷うことなく発行して良いでしょう。

※ REXカードにはショッピングプロテクションを無料付帯で付けられますので、それを狙う場合は年間50万円にいかなくてもREXカードを申し込んでも良いかなとは思います。

付帯保険は自分で選ぶ

先程出てきたショッピングプロテクションですが、REXカードの付帯保険(無料)で付けることが出来ます。

ただし、無料付帯は「ショッピングプロテクション」と「国内・海外旅行傷害保険」のどちらか一つを選ぶ形になります。両方付けることはできません。(REXカードLiteの場合は「国内・海外旅行傷害保険」のみ)

ショッピングプロテクションは「国内外を問わず、REX CARDで購入した品物について、購入日から90日間、盗難・破損などの偶然な事故によって被った損害を年間100万円(1事故につき自己負担3,000円)まで補償します。(公式サイトより引用)」という保険です。

国内・海外旅行傷害保険は、旅行の際にケガをした、相手にケガを負わせた、携行品が破損したなどの場合に補償される保険です。(詳しい補償額などはこちらをご覧ください)

どちらを選ぶかは人それぞれで変わりますので、好きな方を選べばいいと思います。個人的には、海外旅行に行かないのであればショッピングプロテクションにしておくのが良いかなと思います。

ちなみに他にもクレジットカードを持っている場合は、無料付帯で上記の保険のどちらか、もしくは両方付いている場合がありますので、手持ちのカードの内容をよくチェックしてみてください。

ETCカードは無料、家族カードは400円+税で発行できる

REXカード(Liteも含む)では、無料でETCカードを発行することが出来ます。

また、家族カードも格安で発行することが出来ます。

【家族カード発行の場合】
REXカード:年会費400円+税
REXカードLite:無料

家族が発行する場合も、この安さは嬉しいところです。

お得な入会キャンペーンを利用しよう

REXカード(Liteも含む)は現在、入会特典キャンペーンを行っており、条件次第では数千円分のJデポを手に入れることが出来ます。

REXカードの発行はこちらから出来ます。
REX CARD/REX CARD Lite 高還元率クレジットカード|レックスカード

REXカードの基本情報

項目REX CARDREX CARD Lite
提携ブランドVISA
年会費2,500円+消費税無料
還元率1.75%1.25%
付帯保険・ショッピングプロテクション
・国内・海外旅行傷害保険
(上記2つの内、1つを選べる)
国内・海外旅行傷害保険
共通の付帯保険
・ネットあんしんサービス
・カード盗難保険
追加カード・ETCカード(無料)
・家族カード(年会費400円+税)
資格18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
※未成年の方がお申し込みの場合には親権者の方の同意が必要
支払日末日締め/翌月27日払
公式サイトREX CARD/REX CARD Lite 高還元率クレジットカード|レックスカード
項目ショッピングプロテクション
(REX CARDのみ)
補償限度額
(年間)
100万円
1事故あたりの
自己負担額
3,000円
補償期間購入日から90日間
項目国内旅行傷害保険
死亡1,000万円
後遺傷害保険金30万円~1,000万円
入院日額5,000円
手術保険金5万円/10万円/20万円
通院日額3,000円
備考保険が適用される事故はかなり限られています。
詳しくはこちらをチェックしておいてください。
項目海外旅行傷害保険
傷害死亡最高2,000万円
後遺傷害保険金80~2,000万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用最高200万円
賠償責任最高2,000万円
携行品損害最高20万円
免責(3,000円)
救援者費用最高200万円

スポンサーリンク