月額:490円~
賠償責任(限度額):1,000万円~

三井住友VISAカードを持っていると、お手軽に入れる「ポケット保険」が利用できるようになります。そしてポケット保険の中の一つに「テニスコース」があり、テニスをしている人に向けた保障を用意してくれています。

スポンサーリンク


三井住友VISAカードの「テニスコース」の詳細

三井住友VISAカードの「テニスコース」に加入すると、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

テニスなどのスポーツ中、レジャー中、日常生活中に誤って他人をケガさせたり、ものを壊してしまった場合に補償されます。

Sタイプの場合、賠償責任限度額は1,000万円

●傷害

テニスなどのスポーツ中、または日常生活中にケガをしてしまった場合に保険金が支払われます。

●用品損害

携行品が破損、盗難にあった場合に保険金が支払われます。テニスラケットを誤って折ってしまった場合も含みます。

●保険の対象

コースにより、カード会員本人のみ、夫婦、家族、と3パターンから選べる

保険内容の詳細は公式サイトをご覧ください。
ポケット保険 テニスコース:クレジットカードの三井住友VISAカード

注目ポイント

高めの月額に比べて補償額が低く、特に個人賠償責任が1,000万円とかなり低めですが、「テニス以外の場合でも各補償内容が補償される」という特徴を持っています。

そのため、「テニスだけでなく他にも色々とやってるよ!」という場合には有用となるでしょう。

また、保険内容に「家族コース」があるのも見逃せません。家族が適用されるスポーツ保険はなかなかないので、家族でテニス(または他のスポーツ・レジャー)をしているなら、この保険はチェックしておいて欲しいところです。

イマイチな点

テニス関連だけの補償を求める場合、保険料がそこそこ高いのにこの補償額の低さは満足いかないかも知れません。

また、個人賠償責任が1,000万円~と低めなのも気になるところ。テニス以外にも補償されるとはいえ、個人賠償責任は最低でも5,000万円は欲しいなと思ってしまいます(個人的な意見ですが)

三井住友VISAカードを作る

「テニスコース」に加入するには三井住友VISAカードを持ってないといけません。持っていない方は、新たに作る必要があります。

三井住友VISAカードは「エブリプラス」であれば年会費が無料です。

【エブリプラス】
・年会費永年無料
・ポイント3倍

【デビュープラスカード】
・18歳~25歳限定
・初年度年会費無料
・2年目以降も一回の使用で年会費無料に(通常 税抜1,250円+税)

【クラシックカード】
・26歳以上の方におすすめ
・初年度年会費無料
・2年目以降の年会費1,250円+税

カードの発行はこちらから
・エブリプラス
三井住友VISAカードエブリプラスのご案内:三井住友VISAカード

・デビュープラスカード、クラシックカード
三井住友VISAカード

三井住友VISAカード「テニスコース」の保険金額と保険料

補償内容SサイズMサイズLサイズ
死亡・後遺障害100万円300万円500万円
入院日額1,000円2,000円3,500円
通院日額500円1,000円1,750円
賠償責任最高 1,000万円最高 3,000万円最高 5,000万円
携行品損害10万円10万円10万円
保険料(月額)本人 490円
夫婦 820円
家族 1,520円
本人 980円
夫婦 1,730円
家族3,330円
本人 1,590円
夫婦 2,870円
家族 5,600円
公式サイトポケット保険 テニスコース:クレジットカードの三井住友VISAカード

スポンサーリンク