「動く宝石」として数多くの人から愛されたきたヨークシャー・テリア。日本での人気はかなり高く、ヨーキーの相性で親しまれています。

飼い主と一緒にいるのが大好きで、好奇心旺盛なのでこちらも飽きることがありません。毛でおおわれた独特の外見をしていますが、その姿は非常に愛らしいため、好きな人にはたまらなく感じることでしょう。

そんなヨークシャー・テリアですが、小型犬に多く見られる心臓病や膝蓋骨脱臼などにかかりやすいという一面を持っています。

また、年齢と共に多くの病気にかかりやすくなり、手術などの高額治療になってしまう可能性が増えてきます。そんな時にしっかりと対処できるよう、私たち飼い主も経済的な面でしっかりと備えていかなければいけません。

そして高額治療に備えるのであれば、ペット保険を検討してみるのも一つの方法です。ペット保険は掛け捨てなので愛犬が病気にならなければ保険料は損になりますが、高額治療にちゃんと備えたいなら真剣に検討しておくことをお勧めします。

このページでは

  1. なりやすい病気
  2. お勧めのペット保険
  3. 愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

の3つのテーマをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク


ヨークシャー・テリアがなりやすい病気

【膝蓋骨脱臼】
主に小型犬種がなりやすい病気で、ヨークシャー・テリアも例外ではありません。後ろ脚の膝のお皿がずれてしまうことで起こります。

発祥のサインは「スキップをするように走る」「脚を上げて3本足で歩く」「膝の痛みを訴える」「膝関節が動かせなくなる」などがあります。

階段などの段差で脚をひねったり、滑りやすいフローリングの上にずっといたり、肥満で足腰に負担がかかるといったことで発症してしまうと言われていますので、出来るだけ早く生活環境をヨーキー用に仕上げて予防してあげたいところです。

軽度~重度まで、治療には外科手術が必要になるため、高額手術に対する備えをしておく必要があります。

【股関節形成不全】
股関節が変形したりずれてしまい、動くのを嫌がるようになるのが「股関節形成不全」です。大好きな散歩なのに座り込むことが多くなった場合、疑ってみた方がいいかも知れません。

悪化すると手術をする必要が出てきますので、早め早めに病院に連れて行きたいところ。

この病気は遺伝性疾患の可能性が高く、その場合は基本的に保険が適用されません。後天的に発症することもありますが、肥満が原因の場合が多いと言われていますので、まずは適度な食事量にするなどで予防していく必要があります。

【心臓病(僧帽弁閉鎖不全)】
弁の異常が原因で、左心室から左心房へ血液が逆流してしまう病気です。咳をしたり、すぐに疲れた様子を見せるといった症状を起こしますので、普段から注意して見ておく必要があるでしょう。悪くなると心不全を起こすことがあるため、不安を感じたら動物病院に連れて行くのがベストです。

老齢によって発生することが多いですが、肥満が引き金で心臓病になることもありますので、日頃から食べ過ぎに注意する必要があります。

僧帽弁閉鎖不全は内科治療が行われますが、状態によっては外科治療をすることもあります。外科手術は高額で、30万円前後かかるケースが普通ですので、高額治療に対する備えが必要となってきます。

【外耳炎】
犬全般で外耳炎は注意しなければいけない病気の一つですが、ヨークシャー・テリアも例外ではありません。外耳道に耳垢や異物が溜まるとそれが原因で炎症を起こすことがあります。この炎症が外耳炎という症状で、かなりのかゆみのためにヨークシャー・テリアは頻繁に耳を掻くようになります。

外耳炎は原因によって使用する薬が異なるため、動物病院で処方される薬で治療するのが良いです。また、こまめに耳を掃除してあげることが外耳炎を予防に繋がりますので、日々のケアをしっかりとしてあげるのが何よりも大切です。

【てんかん】
脳の神経細胞の伝達異常により、硬直、けいれん、泡を吹く、歯を食いしばるなどの症状がでる病気です。症状自体は長くても数分で収まるケースが多く、発作が終わると普通の状態に戻ります。

てんかんの対処法は抗てんかん薬を服用していくことです。基本的に完治しない病気なので、獣医さんの一緒に一生付き合っていくことになります。

【白内障】
目のレンズ(水晶体)に異常な白濁がおき、だんだんと目が白くなっていく病気です。ヨークシャー・テリアもこの病気には注意しなければいけません。症状が酷くなると目が見えない状態にまでなってしまいますので、早期の発見と治療が重要となってきます。定期的に病院に通い、悪化する前に発見してあげたいところです。

白濁が進行した場合の治療は基本的に外科手術となります。高額治療になる可能性が高いですので、備えが必要となってきます。

【その他の病気】
椎間板ヘルニア、皮膚病など

+++++++++++

ヨークシャー・テリアだけでなく、ペットの治療には人間の様な保険が適用されないため、基本的に治療費は全額自腹となってしまいます。特に外科手術を含む治療はかなり高額になってしまうので経済的に非常に痛いのですが、それでも手術することで元気な姿に戻ってくれる可能性が高まることを考えると、やはり高額手術を選択してしまうものです。

愛犬に十分な治療を受けさせてあげて、さらに高額治療による出費を抑えたいのであれば、ペット保険に入るという選択肢も考えなくてはいけません。

ヨークシャー・テリアにお勧めのペット保険

ヨークシャーテリアは「膝蓋骨脱臼」や「僧帽弁閉鎖不全」など、いわゆる「小型犬特有の病気」にかかりやすい傾向があります。保険選びの際はそこを考慮して選ぶのが良いでしょう。

基本的には愛犬にお勧めのペット保険のページで「小型犬へのお勧め保険」を解説しているのですが、その部分を参考にしてもらえれば問題ないと思います。(こちらから⇒愛犬にお勧めのペット保険

このページは文章量がとても多いですが、犬のお勧めペット保険についてかなり考察しているため、ペット保険への加入を検討している方は是非とも最後まで読んでおくことをお勧めします。

読むのが面倒という方のために、結論だけ以下に書いておきます。

お勧めはPS保険とペッツベスト

個人的にヨークシャー・テリアを含む小型犬にお勧めだと思っているのはペッツベストとPS保険です。

【PS保険】
・小型犬の保険料がかなり安い
・終身まで継続できる(ペッツベストは16歳まで)
・オリコン満足度ランキングで3年連続総合1位を獲っている
・保険金の支払いが簡単なうえに凄く早い(平均3.6日)
・年間最大100万円まで補償
手術1回あたり10万円までしか出ない(年間2回まで)

【ペッツベスト】
・小型犬の保険料がかなり安い
・80%補償なので高額治療の際にも安心
・通院・入院・手術の回数制限がない
免責金額(自己負担額)が設定されているので少額治療には向かない

ただ、やはりちゃんとした理由が分かっていた方が安心感もあると思いますので、出来れば「愛犬にお勧めのペット保険」のページは読んでおいて欲しいかなと思います。ちなみにペット保険の中で断トツに有名なアニコムですが、経済的に余裕がある方には非常にお勧めだと思います。その理由もこのページで書いています。
愛犬にお勧めのペット保険

愛犬の噛みつき事故による損害賠償への対処

愛犬が他人に噛みついてケガをさせると賠償責任が発生します。お相手の怪我の具合によってはかなりの高額賠償になる場合があり、1,000万円を超える高額賠償になってしまうこともあります。

そんな愛犬の噛みつき事故に備えるには『個人賠償責任保険』に加入することで解決します。一応ペット保険には特約として個人賠償責任保険を付けられるところもありますが、ペッツベストもPS保険もその特約は用意されていません。

また、例えペット保険側で個人賠償責任保険を用意している場合でも、正直言って全然たいしたことのない内容のものがほとんどです。『個人賠償責任保険』は他に凄く良い内容のところがありますので、ペット保険とは別口で入っておくことをお勧めします。

※ 別口で入るのであれば、ペット保険の特約で付いている個人賠償責任保険に入る必要がなくなります。(ペット保険では個人賠償責任保険のことを「ペット賠償責任特約」などの名前にしていますが、同じ保険です)

噛みつき事故の場合のお勧め保険についてはこちらのページで解説しています。噛みつき事故は他人事では済まされないため、ペット保険と合わせてこちらもチェックしておくことをお勧めします。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

ちなみに、このページでは月額150円で年間1億円までの補償が受けられるという超お勧めの個人賠償責任保険もご紹介しています。クレジットカード発行という条件があるのが少々痛いですが、経済的にほとんど負担にならずに加入できるので、入っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク