男性の保険料(月額):3,630円(2,400円)
女性の保険料(月額):2,560円(2,100円)
※()内は非喫煙者優良体の保険料
(30歳、保険金額10万円、支払保証期間2年、60歳満了)

非喫煙者割引が適用された場合の保険料が収入保障保険の中でもトップクラスで安いという、とても魅力的なメリットを持っている商品です。

ただし、非喫煙者割引が適用されるには「最高血圧120mmHg未満、最低血圧80mmHg未満」という狭き門を通らないといけない上、もしも適用されずに標準体になってしまった場合は月々の保険料がかなり高くなるので注意が必要です。

その他にも三大疾病時の保険料払込免除特約を付けられたり、無料のメンタルヘルスサービスが受けられたりと、色々なメリットを持っている商品ですので、所定の基準を満たして非喫煙者割引を受けられる方には非常にお勧めの保険となります。

押さえておきたい注目ポイント

チューリッヒ生命の[収入保障保険プレミアム]の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

  • 掛け捨ての収入保障保険。解約返戻金や満期後の保険金は無し
  • 保険期間中に死亡または高度障害となった場合、満期まで毎月定額の保険金(もしくは一時金)が支払われる
  • 保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
  • 支払保証期間を1年、2年、5年、10年から選べる(年数が多くなるにつれ、月の保険料は少しずつ高くなる)
  • 非喫煙者優良体になるとトップクラスに安くなるが、血圧の基準値がかなり厳しめなのが痛いところ
  • 標準体で契約した場合の保険料はかなり高いので、非喫煙者割引が適応されない場合は他の保険をお勧めする
  • 最高1億円までの高額保障が可能
  • 三大疾病時の保険料払込免除特約が付けられる
  • 年金受取りだけでなく、一括受取、一部一括受取も可能
  • 無料のメンタルヘルスサービスが受けられる

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

収入保障保険プレミアムの詳細

男性の月払保険料の例
・保険(払込)期間:60歳満了
・保険金額:毎月10万円、15万円
・支払保証期間:2年
・()内は非喫煙者優良体の保険料

契約年齢 毎月10万円 毎月15万円
20歳 3,630円(2,470円) 5,160円(3,420円)
30歳 3,630円(2,400円) 5,160円(3,315円)
40歳 4,020円(2,560円) 5,730円(3,540円)
50歳 3,660円(2,630円) 5,205円(3,645円)

女性の月払保険料の例
・保険(払込)期間:60歳満了
・保険金額:毎月10万円、15万円
・支払保証期間:2年
・()内は非喫煙者優良体の保険料

契約年齢 毎月10万円 毎月15万円
20歳 2,320円( - ) 3,195円(2,535円)
30歳 2,560円(2,100円) 3,540円(2,850円)
40歳 2,650円(2,200円) 3,675円(3,000円)
50歳 2,290円( - ) 3,135円(2,295円)

※ 上の表は2015年8月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

非喫煙者割引のおかげで、数ある収入保障保険の中でも特に安い保険料となっているのが大きな魅力です。反面、喫煙者にとっては保険料がかなり高いということは覚えておきたいところです。

保障内容

項目 内容
種類 【収入保障保険】
・被保険者が死亡、または高度障害状態になった場合、満期まで毎月定額の保険金(もしくは一時金)が支払われる
・そのため、保険金の受取総額は死亡した時期によって異なる
・保険料は掛け捨てで、解約返戻金や満期時の保険金として戻って来ない
・保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
契約可能年齢 満20歳~満70歳
保険金額 5万円~1億円(1万円単位で選べる)
保険期間
(保険料払込期間)
55歳、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳満了
支払保証期間 1年間、2年間、5年間、10年間
特約 【リビング・ニーズ】
余命6ヶ月と判断された場合、死亡保険金額の全部または一部に相当する金額を生存中に受け取れる(この特約はあらかじめ付加されている)
その他の特約 ・ストレス性疾病保障付就業不能保障特約
・3大疾病保険料払込免除特約
・代理指定請求特約
払込回数 月払、年払
(支払いはまとめた方が少しお得に)
払込方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保険料の
払込免除
責任開始期以後に発生した不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故からその日を含めて180日以内の保険料払込期間中に所定の身体障害の状態に該当したとき、将来の保険料の払込が免除される
診査 非喫煙優良体:健康診断書、または人間ドックの検査結果のコピーが必要
標準体:告知扱いのため、医師の診断は不要
非喫煙者割引
(リスク細分型)
・過去1年以内に喫煙していない
・最高血圧120mmHg未満、最低血圧80mmHg未満
この2点を満たせば適用

メリット部分

「非喫煙者優良体」で契約できればかなり保険料が安くなる

収入保障保険プレミアムには非喫煙者割引というリスク細分型の割引制度が用意されています。これは「過去1年以内に喫煙していない」「最高血圧120mmHg未満、最低血圧80mmHg未満」の2点を満たすことで適用されます。

適用されると保険料が非常に安くなり、2015年9月時点では収入保障保険の中でもトップクラスに安い保険料となっています。収入保障保険などの生命保険は「保険料が安い」というのは大きなメリットになりますので、その点だけで判断するなら収入保障保険プレミアムはとても魅力的な保険商品と言えるでしょう。

ただし、標準体型だった場合、保険料は他の会社と比べても少し割高になってしまいます。非喫煙者で、血圧が基準値の範囲内の方には非常に魅力的な保険となりますが、それ以外の方は選ぶメリットは特になくなってしまうかも知れません。

ちなみに、非喫煙者割引(リスク細分型)を採用している収入保障保険は他にもひまわり生命の「家族のお守り」、AIG富士生命の「さいふにやさしい収入保障」、T&Dフィナンシャル生命の「家計にやさしい収入保障」などがあります。各会社とも非喫煙者割引が適用されると保険料がかなり安くなるのは同じですので、保険を検討する際はこれらもチェックしておくことをお勧めします。(少々面倒くさいですが・・)

保険料の比較はこちらから出来ます。
収入保障保険 おすすめの比較と評価ランキング

最高1億円という高額保障も可能

収入保障保険プレミアムは最高で1億円までという高額保障が可能となっています。

他の会社ではここまで高額の契約が出来ない場合もありますので、高額保障を希望する方は要チェックの商品と言えるでしょう。

三大疾病時の保険料払込免除特約が付けられる

有料となりますが、収入保障保険プレミアムでは「三大疾病保険料払込免除特約」を付けることが出来ます。

これを付けることで三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった場合に以後の保険料の払込みが免除されるようになります。がん家系の方や健康面で不安を抱える方にとってはなかなか重要度が高い特約ですので、これが付けられるのは嬉しいポイントです。

三大疾病になってしまった場合は長期間働けなくなることも考えられますし、あって損はない特約と言えます。

保険金をまとめて一括で受け取ることも可能

この商品は収入保障保険のため、基本的に保険金は年金受取りとなっています。

ですが、希望によっては以下の中からも選ぶことが出来ます。

  • まとめて一括で受け取る
  • 一部を一括で受け取り、残りを毎月年金で受け取る

年金受取り以外にも一括受取、一部一括受取が可能になっていますので、急にまとまったお金が必要になった時でも対応できるのは嬉しいところと言えます。

精神的な悩みを無料で相談できる「メンタルヘルスサービス」付き

チューリッヒ生命の保険の中には、ライフケアパートナーズのメンタルヘルスサービスが無料で受けられる商品がいくつもあります。

収入保障保険プレミアムもそのサポートの対象保険商品となっているため、契約後は「心の悩み」に関する相談を無料でやってもらえます。

相談方法は電話・メール・対面の3つがあり、それぞれ臨床心理士・精神科医・産業カウンセラー等が対応してくれます。保険加入者本人だけでなく、家族も利用可能です。

対面カウンセリングの場合のみ完全予約制、年間5回までの利用となります。

デメリット部分

非喫煙者優良体で契約するための血圧の基準値が厳しめ

この商品は非喫煙者割引が用意されており、適用されると収入保障保険の中でもトップクラスで安くなるという魅力を持っています。

それは大きなメリットには違いないのですが、この非喫煙者割引を適用させるのがちょっとしたハードルになるかも知れないのです。

非喫煙者割引は所定の基準値を満たした場合のみ適用されるという形を取っています。具体的には

  • ①:過去1年以内に喫煙していない
  • ②:最高血圧120mmHg未満、最低血圧80mmHg未満

となっています。

見ると分かりますが、血圧の基準値がけっこう厳しめに設定されています。この数値は40代男女の平均血圧より低いので、半数以上はこの数値をクリアできないことになります。50代、40代だとなおさらクリアできる人が限られてしまうでしょう。

喫煙に関してはもともと吸っていない人はほぼクリアできるので問題ないのですが、血圧の基準値が落とし穴となっているのです。せっかく収入保障保険の中でもトップクラスに安い保険料で契約できるチャンスではありますが、診査が通らない場合は他の非喫煙者割引があるところも検討した方が良いでしょう。

ちなみに、非喫煙者割引がある収入保障保険は他にはひまわり生命の「家族のお守り」、AIG富士生命の「さいふにやさしい収入保障」、T&Dフィナンシャル生命の「家計にやさしい収入保障」などがありますが、これらは収入保障保険プレミアムよりも血圧の診査はゆるくなっていますので、もし血圧の数値が厳しい場合はこれらもチェックしてみてください。

非喫煙者割引が適用されない場合は保険料がかなり高くなる・・

メリット部分でも解説していますが、この商品には非喫煙者割引があり、所定の基準を通って「非喫煙者優良体」で契約した場合はかなり安い保険料となります。

そこは間違いなくメリットには違いないのですが、もしも喫煙の有無と血圧が所定の基準に適合しなかった場合は「標準体」となり、保険料がかなり高くなります。残念ながら標準体の契約の場合、その保険料の高さから一気にお勧めとは程遠くなってしまうので注意が必要です。

もし喫煙が理由で標準体の契約になってしまう状況の場合、アクサダイレクト生命「収入保障2」オリックス生命の「Keep(キープ)」を検討した方がいいかと思われます。

この2つは喫煙者が入れる中ではトップクラスに保険料が安い収入保障保険ですので、チェックしておくことをお勧めします。

管理人の最終評価

健康割引が適用された場合の保険料がとても安く、特に30代・40代の男性には最も安い保険料となります。年代や性別によって保険料の順位が変わるので全パターンでお勧めではないのですが、30代・40代の男性には要チェックの収入保障保険と言えます。

注意点として、もしかしたらだんだん減が適用された「家族のお守り」の方が安い可能性があるので、そちらと比較して安い方を取るのが良いかと思います。

ただし、健康割引が適用されないと保険料がかなり高くなるため、タバコを吸う人や血圧が高い人には全くお勧めできません。また、血圧の条件が「最高血圧120mmHg未満、最低血圧80mmHg未満」という厳しさのため、健康割引が利用できる方は限られてしまうのが残念なところです。

管理人taka管理人taka

収入保障保険をお探しの方はこちらの収入保障保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク