年間最高補償額:50万円、または70万円まで

手広く保険を手掛けているアクサダイレクトのペット保険が「いぬのきもち保険・ねこのきもち保険」です。

50%と70%補償が用意されている一般的なペット保険ですが、犬・猫共に月々の保険料はかなり安く、それに保険期間中であれば保険金の支払い回数もなく、1回の支払い金額に制限がないという特徴を持っています。(もちろん年間限度額の範囲内での補償となりますが)

そして免責金額(要は余計な自己負担額)もないので、愛するペットが少し調子が悪い(下痢や嘔吐など)という時でも気軽に診察させられるのが素晴らしい点と言えるでしょう。

ペットの体調管理に気を使っているという方は、アクサダイレクトのペット保険はチェックしておくと良いと思います。

スポンサーリンク

アクサダイレクトの詳細

保険料

ペットの種類 保険料(月額)
犬1
チワワ、ミニチュアダックス、トイ・プードルなど
50%補償プラン:1,830円~(装着あり:1,770円~)
70%補償プラン:2,270円~(装着あり:2,190円~)
犬2
柴犬、フレンチ・ブルドックなど
50%補償プラン:2,020円~(装着あり:1,960円~)
70%補償プラン:2,540円~(装着あり:2,450円~)
犬3
ゴールデン・レトリーバー、秋田犬など
50%補償プラン:2,210円~(装着あり:2,140円~)
70%補償プラン:2,810円~(装着あり:2,700円~)
犬4
ブルドッグ、セント・バーナードなど
50%補償プラン:2,910円~(装着あり:2,800円~)
70%補償プラン:3,780円~(装着あり:3,630円~)
犬ミックス(交雑種)
雑種、ハーフ犬、ハイブリッド犬など
50%補償プラン:1,570円~(装着あり:1,530円~)
70%補償プラン:1,910円~(装着あり:1,850円~)
猫(血統種)
純血種
50%補償プラン:1,590円~(装着あり:1,540円~)
70%補償プラン:1,930円~(装着あり:1,870円~)
猫(ミックス)
いわゆる雑種
50%補償プラン:1,360円~(装着あり:1,320円~)
70%補償プラン:1,600円~(装着あり:1,560円~)

※ 「装着あり」はマイクロチップを装着・登録しているペットの場合の金額です。

※ 50%補償の場合、全国の動物病院での診療費の50%が補償されます。同様に70%補償の場合は70%補償されますが、その分保険料も高いという仕組みになっています。

※ 年間最高保険金額は50%プランで50万円、70%プランでで70万円となっています。

ペット保険賠償責任危険補償特約の保険料

ペットの種類 保険料(年額)
犬1 870円
犬2 1,480円
犬3 5,710円
犬4 5,710円
犬ミックス(交雑種) 940円
猫(血統種) 740円
猫(ミックス) 740円

補償内容

項目 内容
各プランの詳細 プラン50:病気やケガの治療費を年間50万円まで補償してくれる
プラン70:病気やケガの治療費を年間70万円まで補償してくれる
回数制限 入院・通院・手術の回数制限なし
年間最高補償限度額 50%補償プラン:50万円まで
70%補償プラン:70万円まで
1回の事故(傷病)に対する保険金額 制限なし(正確には年間最高補償額まで)
特約その.1 【ペット保険賠償責任危険補償特約】
任意セット
1事故の限度額:1,000万円
示談交渉付
噛みつき事故などによる法律上の賠償責任が生じた場合に対する補償
新規加入可能年齢 満8歳まで
継続可能年齢 終身まで可能
支払い方法 クレジットカード
口座振替
資料請求 アクサダイレクト公式サイトよりお願いします。
ペット保険のアクサダイレクト 犬の保険・猫の保険・動物保険をお探しの方へ

注目ポイント

通院・入院・手術の回数制限がなく、1回の上限金額もなし

アクサダイレクトのペット保険の最大の注目点は、やはり「支払い回数、1回の支払い金額に制限がない」ということでしょう。

他のペット保険では年間の回数制限が付いていたり、1回(1日)の上限金額が付いていたりするものですが、アクサダイレクトにはそれがないのです。つまり、何か不安があった場合には何回でも気軽に病院に連れていけて、しかもその回数分全て補償してもらえるというメリットがあるのです。

これはペットの健康状態にとても気を遣う人には非常にありがたい仕組みと言えるでしょう。

ただし、年間の最高補償額はプランによって決まっていますので、それを超えて支払われることはありません。が、逆に言うならその上限ぎりぎりまで気軽に活用できるのがアクサダイレクトのペット保険ということになります。

インターネット割引

8歳以下でのお申込みの場合、インターネットで申し込むと初年度のみ3,000円のお得になります。資料請求などで申し込み用紙を手に入れている場合でも、出来るだけインターネットから申し込む方が良さそうです。

ただし、品種別保険料クラスで「犬4」に該当する場合はインターネットで申し込むことはできません。

マイクロチップ割引

マイクロチップを装着しているペットで加入する場合、保険料が若干安くなります。(年齢によりますが、月々100円前後の違いがあります)

ペット健康相談サービスが無料で使える

獣医師への電話相談が無料となっています。わずかな異変があり、「これは病院に連れて行くべきか迷う・・」という場合にはとても助かるサービスです。

ペット賠償責任特約が付けられる

犬の噛みつき事故による高額賠償に備えられる「ペット賠償責任特約(個人賠償責任保険のこと)」に任意で入ることが出来ます。保険料はかなり安く、1事故につき1,000万円限度となっており、ペット保険が提供する賠償責任の中ではかなり良いほうとなっています。

ただし、品種別保険料クラスで「犬3」「犬4」に該当する場合は他のクラスよりも保険料が5倍以上高くなってしまうため、このクラスの犬種を飼っている方は別口で個人賠償責任保険に加入すると良いでしょう。

補償額が1億円のところもありますので、個人賠償責任保険はそちらで加入するという方法も一つの手です。

もし興味があればこちらのページをご覧ください。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

イマイチな点

満8歳までしか新規加入できない

このアクサダイレクトのペット保険は以前は満13歳まで新規加入することが出来ましたが、現在では変更され、満8歳までとなっています。

最近のペットは長寿になっており、10歳以上、または15歳以上も生きてくれることが多くなっています。なので以前のように10歳以上でも加入させてくれるというのが大きなメリットだったのですが、現在ではそのメリットが失われてしまっています。

9歳以降でペット保険を探している方は、別の保険を検討していきましょう。

年間限度額の設定が低い

通院・入院・手術の回数制限がなく、1回の支払限度額も設定されていないアクサダイレクトですが、他と比べると年間最高補償額が若干低めというのが多少気になる点となっています。

50%プランで年間50万円まで補償なのですが、他のペット保険であれば70万円や80万円の設定になっているところも多くありますので、アクサダイレクトは少し低めと言わざるを得ません。

もし50万円くらいの高額治療をした場合、同じ年に大きな病気にならないことを願うしかありません。(年をまたげばまた50万円の補償が受けられます)

100%補償プランがない

アクサダイレクトの「いぬのきもち保険・ねこのきもち保険」は50%と70%の補償プランは用意されていますが、100%補償のプランはありません。100%補償を求める場合に、別の保険を検討する必要があります。

まずは資料請求を

良いペット保険を探すには、地道な資料請求から始まります。まずは気になる会社の資料請求をして、他の保険と比較検討してみることをお勧めします。

アクサダイレクトのいぬのきもち保険・ねこのきもち保険の資料は公式サイトから請求できます。もちろん無料で取り寄せられますので、忘れずに請求しておきましょう。
ペット保険のアクサダイレクト 犬の保険・猫の保険・動物保険をお探しの方へ

お勧めのペット保険をお探しの方へ

ペット保険への新規加入を考えている、または保険料を見直してもっと安い所を探しているという方に向けて『保険料が安くて補償内容が良いペット保険』を考察・紹介しているページを作りました。

考察しすぎて若干文章が長くなっていますが、管理人お勧めのペット保険ってどれなのか気になる・・という方は是非ぜひチェックしてみてください。
犬にお勧めのペット保険はこちら(小型犬・中型犬・大型犬それぞれを紹介)
猫にお勧めのペット保険はこちら

スポンサーリンク