あんしんペット少額短期保険と合併し、生まれたのが「あんしんペット保険」です。もっとぎゅっと少額短期保険だけの時と比べ、内容が大幅に変わっています。

保険料が安く、さらに通常保障のMプランに加えて手術のみのSプラン、免責金額なしのLプランが用意されているため、幅広い選択が可能になっています。ただし、1回獣医に通うごとに免責金額がかかるというデメリット部分もありますので、加入の前に補償内容はしっかりとチェックしておきたいところです。

もっとぎゅっと少額短期保険の「あんしんペット保険」の詳細

保険料

ペットの種類 月額保険料(0歳~20歳)
小型犬 Sプラン:570円~1,940円
Mプラン:950円~2,610円
Lプラン:2,420円~4,970円
中型犬 Sプラン:740円~2,070円
Mプラン:1,330円~3,190円
Lプラン:2,860円~6,010円
大型犬 Sプラン:930円~2,440円
Mプラン:1,560円~3,300円
Lプラン:3,450円~6,270円
Sプラン:460円~920円
Mプラン:740円~1,330円
Lプラン:1,850円~2,970円

補償内容

項目 Sプラン Mプラン Lプラン
補償対象 手術・手術と連動する入院 通院・入院・手術 通院・入院・手術
保障割合 80% 70% 70%
年間支払限度額 1回につき50万円
(最大100万円)
70万円 70万円
支払限度額回数 2回/年 なし(無制限) なし(無制限)
免責金額 14,000円
(1回につき)
14,000円
(1回につき)
なし
特約 【ペット賠償責任担保特約】
年間限度額:500万円
特約保険料:年払い900円、月払い80円
噛みつき事故などによる法律上の賠償責任が生じた場合に対する補償
割引制度 なし
新規加入可能年齢 満11歳未満(10歳11ヶ月まで)
更新可能年齢 20歳まで
支払い方法 ・クレジットカード(月払い・年払い)
・コンビニ(年払い)
資料請求 公式サイトからお願いします。
ペット保険なら【月々460円からのあんしんペット保険】犬の保険・猫の保険
スポンサーリンク


メリット部分

3つのプランが用意されており、保険料が安いプランや充実のプランを選べる

もっとぎゅっと少額短期保険の「あんしんペット保険」では3つのプラン(S、M、L)が用意されています。

Sプランは手術(それと手術に連動する入院)を中心とした補償であり、通常の入院や通院の補償はありません。その分、保険料は非常に安くなっており、さらに補償割合がプランの中で最も高い80%という割合となっています。

他のペット保険にも同じような手術専用プランが用意されていますが、その中で比較してもあんしんペット保険は特に安い保険料となっています。手術の補償が欲しい方にはかなり役立つプランと言えるでしょう。

Mプランはあんしんペット保険の中でも通常の補償となっています。通院・入院・手術が補償対象となっており、補償割合は70%となっています。免責金額が14,000円なのが痛いですが、その分だけ保険料は安めで設定されています。

最もバランス良く作られているのがMプランとなっています。

LプランはMプランの免責金額を0円にした内容となっており、3つの中で最も充実した補償となっています。ただし、保険料はかなり高いです。

このようにあんしんペット保険は3つのプランが用意されているため、安さを重視するならSもしくはMプラン、補償の良さを重視するならLプランといった選び方が出来るようになっています。

【M・Lプラン限定】通院・入院・手術の回数制限がなく、1回の上限金額もなし

もっとぎゅっと少額短期保険の「あんしんペット保険」の大きな魅力として、「支払い回数、1回の支払い金額に制限がない」ということが挙げられます。

このタイプの補償は年間補償限度額が少な目というデメリットがあるものの、回数制限がないので気軽に病院に行けるという点と、上限金額が設定されていないので手術などの高額治療が起こった際にも大きな助けになってくれることにあります。

支払われる額は年間最高補償額まで(M・Lプラン共に70万円)ですが、そこまでならかなり自由度の高い補償をしてくれます。

ただし、Sプランは支払限度回数が2回で、1回につき50万円までという制限があります。

11歳未満まで新規加入できる

あんしんペット保険は満11歳未満まで新規加入を受け付けてくれています。

ペット保険は新規加入が10歳以下のところも少なくないので、この点はありがたいと言えますね。

ただし、更新が20歳までと書かれているので、ペットが長生きしてくれた時はこの保険では対応できなくなる可能性があります。

保険料が非常に安い!・・けど注意が必要

このペット保険は犬・猫ともに他と比べても非常に安い保険料で契約することが出来ます。Lプランだけは免責金額が0円なのでかなり高く設定されていますが、手術だけのSプラン、そして通常補償のMプランはかなりの安さで契約することが出来るようになっています。

これは確かにメリット部分には違いないのですが、ちょっと注意すべき点があります。それはSプランとMプランには14,000円の免責金額が設定されているのですが、これが1傷病のものではなく、なんと1度の診察等に要した費用を指しており、獣医師への1往復を1回としているのです。

これはデメリット部分でもう少し詳しく解説していますが、正直言ってこれだと(特にMプランの)魅力は半減してしまいます。保険料が安いのもこういう理由があってのことなので、この点は注意が必要となるでしょう。

デメリット部分

1回の治療ごとに免責金額がかかってしまう点に要注意!

この保険は支払回数が無制限、1回当たりの限度額もなく、さらに補償割合が70%(Sプランは80%)で、保険料もLプランを除いてかなり安いという魅力的なポイントをいくつももっているペット保険です。

なのですが、一点だけ覚えておいて欲しい注意点があります。それは「1回の治療ごとに免責金額(14,000円)がかかってしまう」ということです。

免責金額とは簡単に言うと、自己負担分のことです。例えば治療費に3万円がかかった場合、あんしんペット保険では免責金額が14,000円なので、30,000円-14,000円=16,000円が補償の対象となるということです。

つまり、14,000円は必ず自分で負担しないといけないのです。

これ、例えば重大な病気になり、1回の手術での治療費が30万円かかった場合などは、この免責金額(自己負担分)はかなり小さい割合になるので問題はありません。ですが、あんしんペット保険では1回獣医に通うごと(往復)に14,000円の免責金額がかかってしまうため、小さい出費(例えば通院)を繰り返すような状態が続いた場合は全く補償されないことになります。

この点を理解していないと、通院を繰り返しているのに何も補償されないじゃないか!という不満が発生し、かなり面倒なことになりかねませんので、免責金額についてはしっかり公式サイトや資料などでチェックしておいてください。

噛み付き事故への補償金額が少ない

あんしんペット保険には「ペット賠償責任特約」が用意されています。

これはペットが他人をケガさせたり、物を壊した場合に補償してくれるという特約です。月に80円の特約保険料しかかからず、これで年間500万円まで補償してくれるという内容になっています。

ですが、正直言って500万円は低すぎます。他の個人賠償責任保険(同じ補償です)だと1億円の限度額で月々150円くらいで契約できるものもありますので、それらと比べるとかなり低いなと感じてしまいます。

また、ペットの噛み付き事故で1,000万円を超える賠償責任が発生したケースもあるので、500万円だと心もとないのが現実です。

そのため、犬を飼っている方で、散歩中などの他人への噛みつき事故による高額賠償を心配される方は、別枠で個人賠償責任保険に加入することをお勧めします。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
飼い犬の噛みつき事故で他人に怪我をさせた場合のおすすめ保険

まずは資料請求を

良いペット保険を探すには、地道な資料請求から始まります。まずは気になる会社の資料請求をして、他の保険と比較検討してみることをお勧めします。

もっとぎゅっと少額短期保険の「あんしんペット保険」の資料は公式サイトから請求できます。もちろん無料で取り寄せられますので、忘れずに請求しておきましょう。

お勧めのペット保険をお探しの方へ

ペット保険への新規加入を考えている、または保険料を見直してもっと安い所を探しているという方に向けて『保険料が安くて補償内容が良いペット保険』を考察・紹介しているページを作りました。

考察しすぎて若干文章が長くなっていますが、管理人お勧めのペット保険ってどれなのか気になる・・という方は是非ぜひチェックしてみてください。
犬にお勧めのペット保険はこちら(小型犬・中型犬・大型犬それぞれを紹介)
猫にお勧めのペット保険はこちら

スポンサーリンク