月額:550円~
賠償責任(限度額):1億円
救援者費用:100万円~

三井住友VISAカードを持っている人が入れるポケット保険の中には「スキー・スノーボードコース」があり、月々550から加入することが出来ます。

スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツのみならず、登山や釣りなどのアウトドア全般で役立つ保険です。

スポンサーリンク


三井住友VISAカードの「スキー・スノーボードコース」の詳細

三井住友VISAカードの「スキー・スノーボードコース」に加入すると、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

スキー・スノーボードなどのスポーツ中、または日常生活中に他人にケガをさせたり、他人のものを壊してしまった場合に補償されます。

賠償責任限度額は1億円

●傷害

スキー・スノーボードなどのスポーツ中、または日常生活中にケガをして入院した場合に補償されます。死亡・後遺障害、入院、通院の保険金が支払われます。

●用品に対する補償

携行品の破損、または盗難にあった場合に補償されます。スキー・スノーボードの破損・盗難ももちろん対象となります。

●救援者費用

スキー・スノーボードを含むアウトドアやレジャー中に遭難してしまい、捜索活動が行われた場合に生じた費用が補償されます。なお、病気が理由での遭難、登山用具を使用する山岳登坂での遭難は対象外です。

●保険の対象

カード会員本人のみ、夫婦、家族、と3パターンから選べる

注目ポイント

基本的な内容(メリットとデメリット)は、同じ三井住友海上火災保険が提供するYahoo!プレミアムの「スキー・スノーボードプラン」と同じなので、そちらをチェックしておいてください。

簡単にまとめると

【メリット】
・個人賠償責任や救援者費用の補償があるため、他人へのケガが多くなりがちなウィンタースポーツをするうえで助けになる
・冬のスキー、スノーボードだけでなく、登山や釣りなど、オールシーズンでのレジャー、アウトドア用の保険として使える

【デメリット】
・ピッケルやアイゼンを使うような山岳登坂では保険の対象外
・病気の場合の遭難は、救援者費用の補償は対象外となる

となっています。これらはYahoo!プレミアムの「スキー・スノーボードプラン」も同じです。

違う点としては、三井住友VISAカードの方が保険料と補償額が若干高めになっています。

また、Yahoo!プレミアムの「スキー・スノーボードプラン」の方はYahoo!プレミアムの会員のみ加入することができ、三井住友VISAカードの「スキー・スノーボードコース」の方は三井住友VISAカードを持っている人が加入することが出来ます。

ちなみに

  • Yahoo!プレミアムは月額380円
  • 三井住友VISAカードは年会費無料

という違いもあります。

三井住友VISAカードを作る

「スキー・スノーボードコース」に加入するには三井住友VISAカードを持ってないといけません。持っていない方は、新たに作る必要があります。

三井住友VISAカードは「エブリプラス」であれば年会費が無料です。

【エブリプラス】
・年会費永年無料
・ポイント3倍

【デビュープラスカード】
・18歳~25歳限定
・初年度年会費無料
・2年目以降も一回の使用で年会費無料に(通常 税抜1,250円+税)

【クラシックカード】
・26歳以上の方におすすめ
・初年度年会費無料
・2年目以降の年会費1,250円+税

カードの発行はこちらから
エブリプラス
三井住友VISAカードエブリプラスのご案内:三井住友VISAカード

デビュープラスカード、クラシックカード
三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの「スキー・スノーボードコース」の保険金額と保険料
保障内容 Sサイズ Mサイズ Lサイズ
月額保険料 本人:550円
夫婦:890円
家族:1,610円
本人:1,040円
夫婦:1,810円
家族:3,450円
本人:1,530円
夫婦:2,740円
家族:5,300円
死亡・後遺障害 100万円 300万円 500円
入院日額 1,000円 2,000円 3,000円
通院日額 500円 1,000円 1,500円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品損害 10万円 10万円 10万円
救援者費用 100万円 300万円 500万円
備考 三井住友VISAカードを持っていないと加入できない
三井住友VISAカードエブリプラスのご案内:三井住友VISAカード
公式サイト ポケット保険 スキー・スノーボードコース

スポンサーリンク