「貯蓄性の高い死亡保険が欲しいけど、終身保険って何を選べばいいのか全然分からない・・」という方に向けて、現役プロFPである管理人評価でのお勧めどころを紹介させてもらっています。

人気が高い終身保険の中でも、ここは絶対に候補に入れておくべき!という終身保険をランキング形式でピックアップしていますので、もし「これは!!」と思うサービスがあったら是非とも資料請求や保険相談(基本的に全て無料)などを申し込んでみてください。

このページの内容

このページでは、以下の順番で終身保険のランキング・お勧め保険情報を紹介しています。

知りたい情報のところをクリックしてもらっても良いですし、このまま読み進めてもらっても問題ありません。保険のことをあまり詳しくない方は、プロFPの無料保険相談を利用することも検討してみてください。

それでは、いきます。

  1. オリックス生命の「RISE(ライズ)」

    資料請求はこちらから

マイナス金利の今でも返戻率が100%を超える
保険金が1,000万円超の場合、返戻率が少しUP
クレジットカード支払い可
インフレには対応していない
男性の保険料
と返戻率
女性の保険料
と返戻率
30歳:10,920円(110.8%)
40歳:17,470円(103.8%)
50歳:37,690円(96.3%)
30歳:10,365円(112.7%)
40歳:16,580円(105.6%)
50歳:35,865円(97.7%)
・保険金額500万円、60歳満了
・保険金額が1,000万円を超えると返礼率がさらにUP!
・クレジットカード払いの場合、返戻率が実質1.5%前後UPする(理由はこちら
保険料が安く、返戻率がとても高い!

マイナス金利の今、終身保険は軒並み保険料を値上げしています。その影響で返戻率がとても低くなり、100%を切るところが多くなってきています。もしくは販売停止という憂き目にあっている商品もあります・・。

そんな中、ライズは30歳、40歳からの加入でも満期後には100%を超えてくれるため、解約返戻金を狙う場合でも払込保険料を上回ってくれる貴重な存在となってくれています。

また、保険料が値上げしたといっても他と比べると安いため、解約せずに死亡保険金目当てで加入する場合でも非常にお勧めとなっています。

保険金が1,000万円を超えた場合、返戻率がさらに高くなる

ライズは30歳男性の場合、保険金を500万円で契約する場合は返戻率が110.8%となっています。ですが、何とライズは保険金額が1,000万円を超えると返戻率が111.3%(30歳男性)となるのです。0.5%もUPするのですから、1,000万円を超える契約を検討する場合は優先的に候補に入れておきたいですね。

ただ、1,000万円以下の場合でも他の終身保険よりも高い返戻率となっていますので、現状では終身保険を検討するならライズを外すことはできないでしょう。

気になる点は

保険金額、解約返戻金額が共に固定型のため、もしインフレになった場合は対応できないというデメリットを持っています。将来のインフレを想定する場合は、変額保険などを検討する必要が出てきます。


資料請求は公式サイトから
終身保険 RISE(ライズ) | オリックス生命


終身保険を検討中ならプロFPに相談してみませんか?

  1. マニュライフ生命の「こだわり終身保険v2」

    資料請求はこちらから

三大疾病時に保険料の払い込みが免除になる
さらに一気に保険料払込期間満了直後の高額な解約返戻金が適用される
クレジットカード支払い可
返戻率はあまり高くない
男性の保険料
と返戻率
30歳:21,180円(92.7%)
・保険金額1,000万円、65歳満了
・クレジットカード払いの場合、返戻率が実質1.5%前後UPする(理由はこちら
がん保険の代わりになる

こだわり終身保険v2の魅力は「三大疾病時(悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中)になったら以後の保険料の払い込みが免除される」という点と、「三大疾病時に解約返戻金が一気に高額になる」というところにあります。

特に後者が重要で、例えばがんになった時に満期時の解約返戻金(保険金1,000万円で契約した場合は約825万円)までアップしてくれるため、そのお金をがんの治療に充てられるというメリットがあるのです。

日本人は今や2人に1人ががんにかかる時代と言われていますのでがん保険の必要性がかなり高いのですが、この保険は終身保険でありながらがん保険の代わりにもなるという商品なのです。

しかも三大疾病にならなければ通常通り終身保険として使えるため、死亡時には保険金がしっかりと払われることになります。つまり、損をしないがん保険として利用していけるのです。

例えば返戻率の高い終身保険(現状ではRISE)で大きな保険金をかけて、もし余裕があったらがん保険に入る代わりにこだわり終身保険v2を契約するというやり方も有効になってきます。

気になる点は

残念ながら返戻率はあまり高くありません。そのため、この保険は解約返戻金に期待するのではなく、がん保険の代わり&死亡保障を目的として契約を検討するといいでしょう。


資料請求は公式サイトから
マニュライフ生命の資料請求


【おまけ】変額保険をお探しならソニー生命の「バリアブルライフ」

変額保険なのでインフレに対応
基本の保険金額から下がることはない
ハイリスク・ハイリターンのため、解約前提での加入は避けるべし
保険料が値上がったため、以前ほどの強烈なインパクトはない
詳細ページへ
変額保険なのでインフレに対応している

バリアブルライフは変額保険なのでインフレになればなるほど保険金額と解約返戻金額が上がっていきます。

これはオリックス生命の「ライズ」などの一般的な固定型終身保険にはない大きなメリットであり、インフレ政策を取ろうとしている今の日本(まだあまり上手くいっていませんが・・)を見てみると、この保険はかなり検討する価値があると言えるのです。

残念ながら度重なる値上げでかなり保険料が高くなっていますが、それでもインフレを想定するならこの保険はまだまだ利用価値が高いと思っています。

基本の保険金額が下がることはない

変額保険の欠点はインフレにならずに運用が上手くいかなかった場合は自分が貰える金額が下がってしまうことですが、バリアブルライフでは保険金に関しては最初に決めた金額以下には下がらないことが保障されています。

万が一運用が上手くいかなかった場合でも、死亡時の保障としてなら他の終身保険と同等な使い道が用意されているのはありがたいです。

ただし、解約返戻金に関しては最低額が保障されていませんので、運が悪いとどこまでも下がってしまいます・・。

気になるところ

基本的にこの保険はハイリスク・ハイリターンです。上手い具合に運用出来れば良いですが、そうでない場合は解約返戻金が大幅に下がるというリスクが待っています。

そのため、解約返戻金狙いの場合は他の保険の方が安定します。

気になるところ.2 詳細を知るのが少し面倒

自分の年齢での保険料・返戻率・保障内容などを詳しく知りたい場合は、ソニー生命専門のライフプランナー(⇒バリアブルライフ公式ページ)か、または各保険ショップで面談・確認する必要があります。

公式ホームページでサッと調べたいところなのですが、多分見ても詳細はほぼ分からないと思います・・。

なので、詳細を知りたい場合はどちらかを利用する必要があるのですが、個人的には無料の保険相談サービスを利用することをお勧めします。

保険相談サービスであればソニー生命の商品詳細が聞けることはもちろん、それ以外にも色々な会社の商品と比較してくれて、私たちの状況に合った最適な商品を紹介してくれます。そのため、ソニー生命の商品に興味がある場合は保険相談サービスの利用も検討してみてください。

個人的なお勧めサービスは保険見直しラボです。ここのFP(相談員)は全員がソニー生命を扱えますし、保険相談サービスの中でも特に高いメリットを提示してくれているサービスのため、ソニー生命のバリアブルライフを検討したい場合はこのサービスの利用をお勧めします。

ちなみに、加入の意思がまだない状態でも保険相談サービスであれば嫌な顔をされることは一切なく、気軽に相談できるのでお勧めです。ソニー生命のバリアブルライフについてじっくり聞くだけでも良いですが、希望をすれば他会社の終身保険との比較もしてくれますし、もしくは他に興味がある生命保険について一から説明してもらうなど、保険についての疑問点はこの機に一気に解決出来ます。資料が欲しい方にもお勧めです。

予約はこちらから
生命保険の無料相談は保険見直しラボ

終身保険を検討中ならプロFPの無料保険相談がお勧め

現在は保険選びのプロであるFPさん(ファイナンシャル・プランナー)への相談が無料で出来るサービスが充実しているため、終身保険選びで迷っている方は保険相談サービスを利用してみることをお勧めします。

私も数多くの無料保険相談サービスや保険ショップで相談してきた経験があるのですが

  • 勧誘は今まで一度もされたことがない
  • 対応がとても丁寧
  • 保険の知識が非常に豊富
  • 相談は何回しても無料
  • 契約後のアフターフォローもしっかりやってくれる
  • 自宅、もしくは近所のファミレスや喫茶店まで来てくれる(無料保険相談サービス、または一部の保険ショップが行っている「訪問型」というサービスがこれ)
  • サービスによっては保険相談をすると商品をプレゼントしてくれる

など、かなり相談しやすい環境を整えてくれています。

相談サービスの中では保険見直しラボがイチオシ!

現在は無料保険相談サービスも保険ショップも数多くありますが、現状では保険見直しラボが最もお勧めだと思います。

保険見直しラボは無料保険相談サービスとしては他とはワンランク上(またはそれ以上)のメリットを持っている会社です。保険相談で重要な要素となる取扱保険会社数は28社とかなり多く、しかも在籍しているFP全員が全社を扱えます。また、新卒の未経験は採用しないという徹底ぶりで、FPの経験値と質の高さは業界でもトップといっても過言ではありません。

生命保険や医療保険の契約は数年~数十年と付き合っていくものであり、少しの保険料の差が将来的に数万円~数十万円の違い(損失)になってしまいます。そのリスクを少なくしたい場合は経験豊富なFPと28社の保険会社を揃えている保険見直しラボがとても役立つと思います。

個人的には「保険の相談をしたいなら、ここで相談を受けないという選択肢はない」と言い切れるほどのお勧めサービスです。

ちなみに、面談+アンケート回答で1,000円~1,500円相当のお好きなプレゼントを一つ貰うことが出来ます。

保険料・返戻率の比較表(返戻率が高い順に並べています)

終身保険は返戻率が高いところがお勧めとされる傾向があります。自分の年代だとどの商品がどのくらいの返戻率になっているのか、チェックしておくことをお勧めします。

また、各年代の返戻率トップ3もまとめる予定だったのですが、各年代でほぼ順位に変動がないため、作りませんでした。

管理人taka管理人taka

返戻率が高いところは要チェックです!

【男性、保険金額500万円、60歳満了の場合】

商品名 年齢 保険料 返戻率 備考
WAYS(ウェイズ)
アフラック
30歳 12,180円 101.6% 4つの支払い方法から選べる
40歳 20,725円 92.4%
50歳 43,885円 ?%
RISE(ライズ)
オリックス生命
30歳 10,920円 110.8%
40歳 17,470円 103.8%
50歳 37,690円 96.3%
長生き支援終身
東京海上日動あんしん生命
30歳 13,920円 89.8% 介護状態になった場合でも保険金が支払われる
40歳 21,895円 85.6%
50歳 45,425円 82.6%
一生のお守り
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
30歳 11,925円 ?% 解約返戻率が調べられない
40歳 18,825円 ?%
50歳 39,265円 ?%
&LIFE 積立利率変動型終身保険
三井住友海上あいおい生命
30歳 13,040円 ?% ・積立利率変動型のため、解約返戻率は変動
・最低保証利率の0.50%で、利率は毎月見直される
・インフレに強い
40歳 20,265円 ?%
50歳 41,440円 ?%
つづけトク終身
メットライフ生命
30歳 10,485円  -  ・積立利率変動型のため、解約返戻率は変動
・最低保証利率は0.60%で、利率見直しは10年ごと
・インフレに強い
40歳 16,470円  - 
50歳 34,270円  - 

スポンサーリンク