003

自転車はお年寄りから子供まで幅広く利用されている最も身近な乗り物ですが、自転車事故を起こして他人にケガを負わせてしまったら数千万円の賠償責任が発生することも起こりうるので、家族の誰かが自転車を頻繁に利用するのであればそれに対する補償を用意しておいた方が良いかと思います。

このページでは数多くある自転車保険を比較し、その中でも特にお勧めのものをピックアップしていますので、自転車保険を探している方は参考にしていただけると幸いです。また、自転車保険が必要かどうかの管理人の見解も述べています。

スポンサーリンク

自転車保険は個人賠償責任保険だけあけば実質的にOKなの?

kojinbaisyou01

頻繁に自転車に乗る方は、おそらく例外なく「もう少しで人にぶつかりそうだった・・」という経験をしているでしょう。これまでに実際にぶつかったことがあるという方も少なからずいるはずです。

にも関わらず、あまりにも自転車が身近な乗り物のためか、他人に大怪我を負わせてしまった時のことを考えて、そして備えている人があまりにも少ないように思います。

これはかなり危険な傾向にあると言えます。何故なら自転車事故で他人に大怪我を負わせてしまった場合、数千万という賠償額が発生するケースもあるからです。(事故例:母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」 – MSN産経west

自分のケガなら自己責任でどうにでもなりますが、相手にケガを負わせた場合は非常に厄介な事態に陥るケースも少なくないのです。

そのような他人にケガを負わせてしまった場合の高額な賠償責任に対応するには、前もって「個人賠償責任保険」に入っておく必要があります。商品にもよりますが、最大で1億円~3億円の賠償責任に備えてくれるなど、個人賠償責任保険に入っておくだけでかなりの安心感を得ることができるのです。

もちろん、個人賠償責任保険は自転車事故による賠償責任にも対応しています。ちなみに最近は自転車保険の義務化が全国で進んでいますが、個人賠償責任保険に加入しておけば自転車保険への加入義務を果たしたことになります。

この個人賠償責任保険は基本的に「自転車保険」の中に含まれていますので、「自転車保険」と「単品の個人賠償責任保険」の両方を比較してみて、その中から一番安くて中身が良い商品を選ぶのが一番良いのです。

少し前まではクレジットカード付帯の個人賠償責任保険だけの方が圧倒的に安かったのですが、最近は自転車保険でも負けないくらい安くて良い商品が出てきています。当ページではその中から一番いい保険をご紹介していますので、良ければ参考にしていただけたらと思います。

【注意!】アナタはすでに個人賠償責任保険に入っているかも?

自転車保険や個人賠償責任保険を探す前に、必ずチェックしておいて欲しいことがあります。

それは「すでに個人賠償責任保険に入っている場合がある」ということです。もし何らかの自動車保険や火災保険、もしくは傷害保険に入っている場合、特約として個人賠償責任保険を付けているかも知れないのです。

これは是非とも確認しておいてください。もし入っていなくても、年間1500円程度の安さで付けられるかも知れませんので、これを機に入っておくことをお勧めします。

ちなみに、すでにどこかの個人賠償責任保険に入っていた場合、新たに同じ保険に入っても2倍の補償が受けられる訳ではありません。確かに最大補償額は2つの合計額になりますが、最近は限度額が1億円という十分な金額設定になっているところがほとんどなので、2つ入っていても保険料の無駄遣いとなってしまいます。そのため、重複することは避けた方が無難です。

まだ個人賠償責任保険に入っていないか、または入っていても補償額が数百万~3千万円くらいの低額の場合のみ、以下で紹介する保険に加入するのが良いかと思います。

【表で比較】自転車保険・個人賠償責任保険の安さランキング

自転車保険と個人賠償責任保険を保険料が安い順にランキングした表を用意しましたので、参考にしていただけたらと思います。

基本的には個人賠償責任保険は「賠償責任のみ」となっているのに対し、自転車保険は「自分のケガの補償+賠償責任」となっています。自転車用の保険としてはどちらを選んでも問題ありませんので、気になるものを選んでいくのが良いかと思います。

注意点として、ここで紹介している個人賠償責任保険については「該当するクレジットカードを持っていることが条件」となっているため、カードの新規発行が面倒な方は自転車保険を選ぶのが良いかと思います。

※ プランが複数あるところもありますが、この表では個人賠償責任が付いている中で一番安いプランの保険内容を載せています。

自転車保険・
個人賠償責任保険
死亡・
後遺障害
入院日額 通院日額 賠償金額 保険料
全日本交通安全協会
サイクル安心保険

(賠償のみプラン)
なし なし なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【年額】
1,230円
楽天損保
サイクルアシスト

(基本タイプ)
100万円 1,000円
手術保険金あり
なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【年額】
1,620円
三井住友VISAカード
ポケット保険

カード発行必須
なし 500円 なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【月額】
140円~
160円
JCBカード
日常生活賠償プラン

カード発行必須
100万円 なし なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【月額】
150円
日本生命
まるごとマモル
10万円
(後遺障害は対象外)
なし なし 無制限
(国外の場合は3億円限度)
【年額】
1,990円
サイクルパートナー 400万円 2,000円 なし 最高 2億円
(示談交渉あり)
【月額】
本人 170円
家族 240円
楽天カード
個人賠償責任保険
事故補償プラン

カード発行必須
100万円 なし なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【月額】
220円
全日本交通安全協会
サイクル安心保険

(個人補償プラン)
1,000万円 2,000円 なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【年額】
2,650円
JCBカード
自転車プラン
100万円 1,000円
手術保険金あり
なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
月々280円
コープネット
団体じてんしゃ保険
1,100万円 2,000円
手術保険金あり
1,000円 最高 1億円
(示談交渉あり)
【年額】
家族 5,140円
パルシステム
自転車保険
本人 49万円
夫婦 156万円
家族 152万円
1,500円
手術保険金あり
1,000円 最高 2億円
(示談交渉あり)
【年額】
本人 3,000円
夫婦 5,000円
家族 7,000円
ちゃりぽ
自転車あんしん保険
400万円 6,000円 なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
【年額】
本人 3,520円
DeNAトラベル
自転車の責任保険
70万円 1,000円 300円 最高 1億円
(示談交渉あり)
【年額】
本人 3,600円
ソフトバンク
自転車あんしん保険
300万円 5,000円
(手術保険金あり)
なし 最高 5,000万円
(示談交渉あり)
【月額】
本人 330円
夫婦 520円
家族 790円
三井住友海上
ネットde保険@さいくる
290万円 4,000円
手術保険金あり
なし 最高 3億円
(示談交渉あり)
【年額】
本人 3,990円
夫婦 5,230円
家族 7,210円
セブンイレブン
自転車向け保険
290万円 4,000円
手術保険金あり
なし 最高 3億円
(示談交渉あり)
【年額】
本人 3,990円
夫婦 5,230円
家族 7,210円
Yahoo!プレミアム
自転車プラン
なし 1,000円
(手術保険金あり)
500円 最高 1億円
(示談交渉あり)
【月額】
本人 340円
夫婦 560円
家族 1,020円
au損保
自転車向け保険 Bycle

・()内は自転車事故の場合
250万円
(500万円)
4,000円
(8,000円)
手術保険金あり
なし 最高 2億円
(示談交渉あり)
【月額】
本人 360円
本人・親族 610円
家族 740円
J-EYES
自転車!安心パスポート
なし 3日以上の入院で
10,000円
なし 最高 1億円
(示談交渉あり)
月々390円
ドコモ
サイクル保険
550万円 3,000円
(手術保険金あり)
なし 最高 2億円
(示談交渉あり)
【月額】
本人 440円
夫婦 650円
家族 980円

管理人お勧めの自転車保険・個人賠償責任保険のベスト5を挙げてみる

基本的に保険料が安くて補償内容が良い所がお勧め保険となりますので、そこを踏まえて個人的にお勧めだと思える自転車保険または個人賠償責任保険を5つ挙げてみたいと思います。

  1. 楽天損保の「サイクルアシスト」

    楽天損保が出している自転車保険です。オリコン顧客満足度自転車保険の部門で第1位を取っており、補償内容・安さ共に素晴らしい商品となっています。死亡・後遺障害、入院・手術保険金がついて年間1,620円という保険料は自転車保険・個人賠償責任保険の中でも特に魅力的です。

    賠償責任についても自転車事故に限らず、日常生活も対象となっているため、「この内容でどうしてこれほど安いのか・・?」と疑問を持ってしまうほどの自転車保険となっています。

    また、1年契約だけでなく長期利用者向けに3年契約まで用意されており、3年契約にすることで年間保険料が1,350円(月々約113円)という安さになります。

    中身と安さが高いレベルで備わっている自転車保険は他にそうそうありませんので、楽天損保のサイクルアシストは自転車保険(または個人賠償責任保険)を探している方全員にお勧めできる商品と言えます。

    公式サイトへ

  2. 全日本交通安全協会の「サイクル安心保険」

    全日本交通安全協会と損保ジャパン日本興亜がタイアップして提供している自転車保険です。上の表でも分かる通り、個人賠償責任のみの契約が可能で、しかも年間保険料が1,230円(1ヶ月あたり約103円)という安さで加入できます。

    死亡・高度障害補償と入院補償が加わっているコースもありますが、そちらも非常に安い保険料でありながら、充実の保険金額となっています。安さを求めるなら、この保険はチェックしておいた方が良いでしょう。

    ただ、賠償責任を含む補償内容全般が「自転車事故のみ対象」となっていますので、その点を考慮すると楽天損保のサイクルアシストの方が良いかなと思います。

    公式サイトへ

  3. サイクルベースあさひとau損保の「サイクルパートナー」

    自転車の大手販売業者である「サイクルベースあさひ」と「au損保」によって開発されたオリジナルの自転車保険です。上の表を見ても個人加入・家族加入の両方で保険料が非常に安いため、リーズナブルな自転車保険を求める方には最適と言えます。

    さらに死亡・後遺障害が400万円、入院日額が2,000円も付いているため、個人賠償責任保険だけだとちょっと不安・・、だけど安い保険料が良い!という方は是非ともチェックして欲しい自転車保険と言えます。個人加入・家族加入の両方でかなりお勧めです。

    公式サイトへ

  4. 日本生命の「まるごとマモル」

    自転車事故による高額賠償の補償に加え、電車を止めてしまった場合にも補償してくれる「個人賠償責任危険保険金」が用意されている保険です。

    年間1,990円(月々約166円)という安さなのに日本国内であれば無制限で補償してくれますし、国外の損害賠償でも3億円補償してくれます。さらに、家族全員が対象、別居の父母も対象、示談交渉付なので、一般的な個人賠償責任保険よりも条件は良いと言えるでしょう。

    また、プランによっては携行品損害やゴルフ補償も付いてきます。これについては付加すると保険料が高くなってしまいますので、必要な方だけ検討すると良いかと思います。

    注意点として、電車を止めてしまった場合は補償されるのですが、接触がない場合に限られますので、加入の際はこの点は覚えておくと良いでしょう。

    自転車の高額賠償に加えて万が一電車を止めてしまった場合の補償も付いている保険はそうそうないので、まるごとマモルは個人的に注目している保険です。4位という順位ではありますが、お勧め度はかなり高いですので、興味がある方はチェックしてみてください。

    公式PDFへ

  5. 三井住友VISAカードの「ポケット保険(自由設計コース)」

    クレカ付帯の個人賠償責任保険です。月々140円の保険料で最高1億円の補償が受けられます。もちろん示談交渉サービス付き、家族全員が対象、日常生活中の事故にも対応という充実の内容となっています。

    ただし、クレジットカード発行が面倒となりますので、すでに三井住友VISAカードを持っている方、またはこれから発行しても良いと考える方にお勧めします。カード発行が面倒であるなら無理に加入する必要はないでしょう。

    年会費無料のクレジットカードの発行はこちらから行えます。
    年会費永年無料のエブリプラス

    ただ、1位でお勧めしている楽天損保の「サイクルアシスト」の方が安いうえに内容が良いため、こちらを選ぶ必要性は少ないかと思います。以前はとてもお勧めの保険だったのですが、最近はさらに良いものが出てきましたので、残念ながらこの順位まで下がってしまいました・・。

    公式サイトへ

自転車保険の義務化について

高額賠償を伴う自転車事故の増加により、兵庫県では2015年10月1日より自転車保険への加入を義務化しました。自転車の利用者、および未成年者の保護者は自転車保険に加入する必要があります。

大阪でも2016年7月1日に義務化が施行され、埼玉県、名古屋市、滋賀県、京都府、鹿児島県などもそれに続いています(2018年4月現在)。他にも数県で加入を「努力義務」としており、今後は全国でその動きが加速していくことが予想されています。

では、自転車利用者は必ず新たに自転車保険に入る必要があるのかというと、そういう訳ではありません。すでに何らかの自転車保険に入っている方、または個人賠償責任保険に加入している方はその義務を果たしたことになります。

そうなのです、自転車保険に入っていなくても、個人賠償責任保険に入っていれば大丈夫なのです。そのため、すでに自動車保険や火災保険、もしくは傷害保険に入っている場合、特約として個人賠償責任保険を付けている可能性がありますので、その場合はもう義務を果たしていることになります。

これは是非とも確認しておいてください。もし入っていなくても、年間1500円程度の安さで付けられるかも知れませんので、これを機に入っておくことをお勧めします。

それ以外の方は自転車保険または個人賠償責任保険に加入する必要がありますので、よろしければこのページを参考に加入を検討してみてはどうかと思います。

自転車保険に加入する際の注意点

01

何らかの医療保険を入っている場合はすでに自分のケガに関しては補償されているため、自転車保険に入る必要はありません。他人へのケガに備えられる「個人賠償責任保険」のみを用意しておけば大丈夫です。

それと、自転車保険の「自分へのケガの補償」についてですが、基本的に自転車事故のみに限定しているか、または少し広くても交通事故全般に限った場合しか補償されません。その他の日常のケガに関しては補償されないため、加入の際はその点に注意してください。(※ 個人賠償責任保険は日常生活も補償されます)

また、「医療保険自体の必要性が低いから、自転車保険も必要ない。個人賠償責任保険だけあれば良い。」という人もいます。これについては私も半分は賛成です。医療保険は保険としてあまり意味をなしていない(多少の貯金があれば必要ない)ものだと私は考えていますので、加入する価値はかなり低いと思っています。そのため、個人賠償責任保険のみに加入しておけば基本的には問題ないでしょう。

ですが、「加入するのも悪くないんじゃないか」とも思っているのも事実です。というのも、自転車保険は医療保険と比べると圧倒的に保険料が安いため、経済的にあまり負担になることがありません。家族全員が加入できるのに年間で1万円を切るなど、医療保険と比べるとその安さはかなり魅力的です。子供が成人して自己責任で生活できるようになるまでなどの補償としてとても入りやすいのです。

また、死亡・後遺障害の補償が付いているのも大きな魅力です。もちろん自転車事故か交通事故の場合に限定されてしまいますが、それでも安い保険料で数百万円の死亡補償が付くのは医療保険にはないメリットなのです。

自転車事故に備えるために医療保険に入る必要は全くないですが、自転車保険なら万が一の自転車事故・交通事故のために入っておくのも悪くないのではないか・・と思っています。

もしも現時点で医療保険にも個人賠償責任保険にも入っておらず、子供や家族の自転車事故に対して何らかの補償が欲しいと考えている場合は、自転車保険のみに入るという方法も十分検討する価値があると思います。その場合は、上で紹介している管理人のお勧めなどを参考にしていただけると幸いです。

自転車での「ながらスマホ」は絶対に辞めてください!

406122

当サイトの管理人は「ながらスマホ」は絶対に辞めて欲しいと思っています。特に自転車でのスマホ操作は非常に危険で、もしそれで事故を起こそうものならどれほどの責任が追及されるか分かりません。

そもそも自転車に乗りながらの「ながらスマホ」は道路交通法に違反していますので、それだけで罪になります。もしご自身、または家族の誰か(学生さんが圧倒的に多いです・・)が自転車に乗りながらスマホをいじる傾向があるのであれば、すぐに辞める(辞めさせる)ことをお勧めします。

それでも「ながらスマホ」をしようと思っている方には、個人的には自転車保険には入って欲しくないですね。出来ればこのページをそっと閉じてくれることを願います。事故を起こす可能性を自ら高くしている人が保険に入ることは、同じ保険に入っている他の人の迷惑になりますので。高額賠償が起こったとしても自己責任でお願いします。

ただし、「ながらスマホ」をする人は他人に重大なケガを負わせる可能性も高いので、事故を起こされた人のことを考えると個人賠償責任保険は必要なのかも知れません。これも迷惑極まりない話なので、出来れば加入して欲しくないのですが、被害者のことを考えるとその判断は難しいところです・・。

※ 個人賠償責任保険があるからと言って自転車での「ながらスマホ」をして良いということは絶対にありません。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク