テニススクールやテニスクラブにこれから入ろうとしている方、またはすでに入っているけど、保険について全く気にもしていなかったという方は、そのスクールがテニス保険(スポーツ傷害保険)に加入しているかどうかを確認しておきましょう。

何故かと言うと、テニススクールは団体向けのスポーツ傷害保険に加入している可能性があるからです。その場合は月々の受講料で含まれる保険料を支払うことで、スクール会員たちも補償を受けることが出来ます。

もしもスクールで保険に加入することができ、しかも補償の内容に満足いくようであれば、自分たちでテニス保険を探して加入する必要もなくなるので、その分だけ面倒なことがなくなります。

本気でテニスをする場合はスクールを活用すると思いますし、本気でやるテニスは怪我も増えると思います。保険の出番も増えると思いますので、是非ともスクールの保険内容について、コーチなり責任者なりに聞いてみてください。

特に自分の子供がテニススクールに入る場合は、保険の有無は重要です。家族向けのテニス保険でお勧めできるものがあまりないため、スクールで保険を用意してくれているのが一番助かりますからね。

スポンサーリンク


チェックしておきたいこと

テニススクールの保険でチェックしておきたい項目がいくつかあります。

  • ケガの補償はいくらまで出るのか
  • 個人賠償責任は付くのか
  • ラケットの損害を補償してくれる携行品損害はあるのか
  • 大会出場時は適用内か、適用外か

他人へのケガは高額賠償に繋がる可能性があるので、万が一を考えると個人賠償責任が付いているかどうかはかなり重要です。多分付いている可能性が高いと思いますが、念のためにチェックしておいた方がいいでしょう。

ちなみに、もし入ったスクールで保険が用意されていなくても、自分たちでテニス保険に入れば良いだけの話なので問題はありません。

お勧めはこちらのテニス保険の比較とお勧めの考察のページで解説していますので、テニス保険を必要とされる方は是非とも見ていってください。

スポンサーリンク