個人で入れるテニス保険の比較と考察を行っているページです。どこの保険に入ろうか迷っている方は、このページを参考にしてみてください。

【注意!】
セゾンカードのテニス安心プランは、現在新規の受付を終了しています。良い保険だっただけに残念です。
スポンサーリンク


テニスの専用保険を活用すべき

ゴルフには「ゴルファー保険」という専用の保険が数多くあるのは有名ですが、実はテニスにも専用の保険があります。

「テニス保険」は一般的な傷害保険やスポーツ・レジャー保険よりもテニス向きな補償内容でまとめられているため、テニスをやっている方はこのどれかに入るのが現状では一番と思われます。

テニス保険の比較表

以下はテニス専用の保険の一覧表です。コースが複数ある保険もありますが、この表では一番低い保険料で統一しています。補償額や保険料の比較などに役立てていただけると嬉しいです。

補償内容 三井住友VISAカードの
「テニスコース(S)」
グッド保険サービスの
「スポーツ・レジャーの保険」
保険料 【月額】
本人:540円
夫婦:880円
家族:1,590円
【年額】7,000円
死亡・後遺障害 100万円 35万円
入院日額 1,000円 1,500円
通院日額 500円 1,000円
賠償責任 最高 1億円 最高 1億円
携行品損害 10万円 10万円
受託品賠償責任  ―  10万円
救援車費用  ―  300万円
備考 三井住友VISAカードを持っていないと加入できない
エブリプラスの発行はこちら(年会費無料)
 ― 

※ 昔はもっとテニス保険があったみたいなのですが、今は少ないようです。残念・・。

他の傷害保険、スポーツ・レジャー保険と比べてどうか

当サイトでは他にも色々とスポーツやレジャーの保険、または旅行・傷害保険の情報をまとめていますが、実は現状でいうならテニス保険と変わりないくらいの補償内容のものもあります。

一応、「テニス保険」はテニス向けに補償内容が揃っているので間違いないと言えば間違いないのですが、無理してテニス保険に入る必要性もないかも知れません。懇意にしている保険会社で良い傷害保険やスポーツ保険があれば、内容次第ではそちらに入っても問題ないと言えるでしょう。

以下でお勧めのテニス保険を紹介していますが、基本的にこのセゾンカードのテニス安心プランを中心に解説しています。これまでにいくつものテニス保険が無くなっている中、このテニス安心プランだけはなくならないで欲しいと本気で願っています・・。

残念ですが、セゾンカードのテニス安心プランは新規の受付を終了してしまいました。

お勧めのテニス保険

個人向けの保険を探しているなら、グッド保険サービスの「ゴルフ・スキー・スケート・テニス・つりをする方のための傷害総合保険」がお勧めなのではないかと思います。

こちらは年間で7,000円の保険料なので少々高いのですが、個人賠償責任は1億円ですし、死亡・入院・通院・携行品損害も付いているので、かなり使えるかと思います。

また、テニスだけでなくゴルフ・スキー・スノーボード・アイススケート・つりなどでも使える保険ですので、スポーツが好きな方はチェックしておいて損のない保険かと思います。

公式サイトはこちらから
スポーツ・レジャーの保険|株式会社グッド保険サービス

他人をケガさせた場合の高額賠償に備えたい場合

テニス中や日常生活中での「他人へのケガによる損害賠償」だけに備えたい!という場合は、JCBカードの「日常生活賠償プラン(月額150円)」をお勧めします。
日常生活賠償プランの詳細

この保険、月々150円という安さで賠償責任補償額が最高1億円という素晴らしい商品なのです。他よりも頭一つ抜けているくらいの内容だと思います。

自分のケガはどうでも良いから、万が一の賠償責任に備えたいという場合には、この日常生活賠償プランは一番に検討して欲しい保険と言えるでしょう。

ちなみに家族全員が補償の対象になります。子供の自転車事故は高額賠償に繋がる例がいくつもありますので、テニスコートやテニスクラブまで自転車で通っているという場合には万が一を考えた対策があった方が良いでしょう。その場合でも日常生活賠償プランに入っていれば、最高で1億円の賠償責任を補償してくれるので、かなりの安心感を得られます。

また、この安さだと火災保険や自動車保険のセットとしての価格というのが一般的ですが、「日常生活賠償プラン」はJCBカードを持っていれば単品で加入することが出来ます。

JCBカードを持っていない人は発行しなければいけないという手間がありますが、JCB EITカードなら年会費永年無料で即日発行可能なため、かなり低いハードルで手に入れることが出来ます。

EITカードはインターネットからでしか申込みできません。紙での申し込みは現在のところ、やっていないとのことです。

※ すでに何らかの自動車保険や火災保険に入っている場合は、もしかしたら契約時にすでに個人賠償責任保険に加入されているかも知れません。一度確認してみてください。

スポンサーリンク