年間保険料:1万円~
保険金額:10万円~

業界初となる自転車本体を補償する自転車保険です。ロードレースなどの競技中の事故の場合でも補償してくれるため、高額な自転車を持っていて日常的に激しく自転車に乗る方は検討する価値はあるかと思います。

反面、自分のケガや相手のケガは補償してくれませんので、加入の際はその点に注意するようにしてください。

スポンサーリンク

グッド保険サービスの「ロードレース保険」の詳細

保険金額と年間保険料
保険金額免責金額5万円プラン
の保険料(1年)
免責金額3万円プラン
の保険料(1年)
10万円10,000円12,000円
15万円15,000円18,000円
20万円20,000円24,000円
25万円25,000円30,000円
30万円30,000円36,000円
35万円35,000円42,000円
40万円40,000円48,000円
45万円45,000円54,000円
50万円50,000円60,000円
55万円55,000円66,000円
60万円60,000円72,000円
65万円65,000円78,000円
70万円70,000円84,000円
管理人taka管理人taka

全損時は免責なしで全額(+臨時費用保険金)が支払われます。

補償内容
全損の場合再調達価額または保険金額のどちらか低い額
+臨時費用保険金
修理可能な場合修理費用から免責金額を控除した額
+臨時費用保険金
盗難時補償なし
【再調達価額とは】
保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに要する額をいいます。
つまり、同じ自転車を購入するための金額を補償してくれるということです。
【臨時費用保険金とは】
損害保険金の30%相当額を支払ってくれる保険金です。
つまり、全損で再調達価額が30万円だった場合、30万円の他に9万円が支払われます。
免責金額の考え方

グッド保険サービスのロードレース保険では「免責金額」が用意されています。

この免責金額とは、例えば「免責金額5万円プラン」で契約していたとして、修理費用が15万円だった時には15万円が補償されるのではなく、そこから免責金額を差し引いた額(15万円-5万円=10万円)を保険金として私たちが受け取ることができるようになっています。

ただし、実際には臨時費用保険金もありますので、上記の例だと10万円よりももう少し高い保険金を受け取ることができるようになっています。

また、全損の場合は免責金額を控除せずに保険金が支払われます。つまり、再調達価額が30万円の場合、免責金額である5万円は引かれずにそのまま貰えることになります。

メリット部分

業界初となる「自転車本体の補償」をしてくれる保険です。今までの自転車保険だと自分のケガにしか対応してくれませんでしたが、ロードレース保険では自転車本体を破損した場合に補償してくれる仕組みとなっています。

その代り、自分自身のケガ、相手のケガ、相手の自転車の破損等については補償されません。あくまでも自分の自転車の全損・破損が対象となる保険ということは忘れないでください。

自分のケガ、相手のケガを補償する自転車保険を探すならこちらのページへどうぞ。
自転車保険 おすすめの比較と評価ランキング

また、基本的に最も安い保険金額10万円でも保険料は年間で1万円かかりますので、ロードレースに使うような高額な自転車をお持ちの方以外は加入するメリットは少ないと考えた方が良いでしょう。

ただし、日常生活や練習中の事故だけでなく、ロードレースやトラックレースなどの競技中の事故による破損も補償してくれるので、自転車が生活に欠かせないほどの趣味である、レースにも出場している、それでお金を得ているというほどの方は検討する価値はあるかと思います。

例えば30万円の自転車を購入し、5年目で事故で壊してしまった場合、保険金額30万円のコースに加入していれば全額補償してくれます。さらに臨時費用保険金として損害保険金の30%に相当する額も支払われるので、合計で39万円を受け取ることができるのです。

5年間で支払う保険料は15万円です(年間3万円)。安い保険料ではありませんが、自転車に乗る頻度が高い方は万が一のために加入を検討しておくのも良いかと思います。

イマイチな点

まず知っておきたいのが、盗難による損害は対象外という点です。高級自転車は盗難の恐れも付きまといますが、この保険ではそもそも盗難に備えることができませんので、加入を検討する際はその点だけ忘れないようにしてください。

管理人taka管理人taka

ちなみに、盗難に備えたい場合はブリジストンの自転車を購入するのがお勧めかも知れません。ブリジストンで購入した自転車は3年間無料で盗難補償を付けることができますし、さらに盗難にあった際は同じ自転車を3,000円でもう一台補償してくれるとのことですので、3年間限定ではありますが盗難に備えるならかなり良いのではないかと思っています。(⇒各種補償制度、防犯登録 | お客様サポート | ブリヂストンサイクル株式会社

また、免責金額があることも覚えておきましょう。フレームなどの部分破損の場合は修理費用から免責金額を差し引いた金額が支払われる仕組みになっているからです。

しかも免責金額は保険料が安いプランで5万円、保険料が高いプランで3万円と設定されていますので、あまり大した修理でない場合は保険金自体が0円になることもあります。(ただし、全損の場合は免責金額が差し引かれることはありません)

【豆知識】
自転車競技に使用されるスポーツ自転車は車体がカーボン製が多く、カーボンはキズがつくと(破損していなくて)たとえ修理しても安全性が保てないためにレースや競技にも使用できなくなります。つまりほぼほぼ修理ではなく全損扱いになってしまいます。

公式サイトはこちら
ロードレース保険|株式会社グッド保険サービス

この記事を書いた人

木暮 敬嘉
taka
当サイト「takaの保険節約術」運営者、株式会社うぇぶりょく代表、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者。骨折&手術で身をもって保険の大切さを知って以降、独学で身に付けた保険の知識を紹介するようになりました。FPから紹介された保険の見直しもやってます。保険だけでなく安定度の高い資産運用方法を常に模索していますので、興味がある方はLINEの方でご質問を。ラーメン、焼肉、テニス好き。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪ takaが指定する保険相談サービス利用が条件ですが、紹介された保険の見直しもやってます(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク