年間保険料:1,230円~
賠償責任(限度額):1億円

全日本交通安全協会と損保ジャパン日本興亜がタイアップして提供している自転車保険です。

個人賠償責任、ケガの補償が自転車事故のみ対象となっているという珍しい保険ですが、保険料の安さは自転車保険の中でも随一となっています。少しでも安い保険料にしたいと考えている方は、チェックしておいて損のない商品と言えるでしょう。

また、保険加入のための年齢制限がないので、お年寄りだけの世帯の方にもおすすめです。

スポンサーリンク

全日本交通安全協会の「サイクル安心保険」の詳細

保険金額と保険料

項目 プランA
(賠償のみプラン)
プランB
(個人補償プラン)
プランC
(家族補償プラン)
年間掛金 Web:1,230円
郵送:1,430円
Web:2,650円
郵送:2,850円
Web:4,380円
郵送:4,580円
死亡・後遺障害 本人:1,000万円 本人:1,000万円
家族:750万円
入院保険金
(事故発生から180日以内
本人:日額2,000円 本人:日額3,000円
家族:日額3,000円
手術保険金
通院日額
賠償金の
限度額
1億円(家族全員補償)
示談交渉 あり
備考 ・年齢制限なし
・全て自転車事故のみ対象

保障内容

傷害保険 自転車事故のみ補償。
死亡・後遺障害、入院を補償。
賠償責任保険 自転車事故によって発生した損害賠償金を補償。
(他人へのケガ、他人のものを壊したなど)
示談交渉サービス 自転車による賠償事故について、示談交渉を代わりに行ってくれる。
メリット部分

最近はとても多くの自転車保険が販売されるようになりましたが、その中でもトップクラスに安い保険料を誇るのがこちらの商品「サイクル安心保険」です。

特に注目なのが個人賠償責任で、限度額が1億円も用意されていながら、Webから加入した場合は年間保険料が1,230円(1ヶ月あたり約103円)という安さで加入できます。

さらにその保険料で家族全員補償、示談交渉付きというのも素晴らしいです。

また、ケガの補償に関してもかなり割安になっています。

例えばプランB(個人補償プラン)であれば個人賠償責任の他にも死亡・後遺障害保険金(本人のみ)が1,000万円も用意されており、さらに本人の入院保険金も日額2,000円が補償されるようになっています。その内容で年間保険料が2,650円(1ヶ月あたり約221円)という安さなので、ケガの補償に関しても文句なしといえるでしょう。

さらに年齢制限をなくしているため、何歳からでも加入することが出来ます。通常の自転車保険だと70歳未満でしか加入できないところが多いので、お年寄りだけの世帯の場合はとても役に立つ自転車保険となってくれるかと思います。

ただし、保険料が安い分、注意しておいきたい点もあります。加入を検討する際は、以下で解説するデメリット部分もしっかりと把握したうえで決めることをお勧めします。

イマイチな点

最も注意すべきなのは「自転車事故のみ対象」という点です。自分や家族のケガの補償に関してだけでなく、何と個人賠償責任についても自転車事故のみしか対応してくれないのです。

他の自転車保険では個人賠償責任に関しては日常生活のことも補償してくれるところがほとんどですので、加入を検討している方はこの点は覚えておいて欲しいところです。

ただ、単純に自転車事故による損害賠償に備えたい!という方もかなり多いと思いますので、そのような方にはこのサイクル安心保険はとてもお勧めできる商品と言えるでしょう。

また、申し込む際は出来ればWeb上から申し込むようにしてください。郵送申込みだと年間掛金が200円高くなってしまうので・・。

公式ホームページはこちらから
自転車会員保険|一般財団法人 全日本交通安全協会

お勧めの自転車保険をお探しの方へ

自転車保険への新規加入を考えている、または保険料を見直してもっと安い所を探しているという方に向けて『保険料が安くて補償内容が良い自転車保険』を考察・紹介しているページを作りました。

もちろん、他人にケガを負わせた場合に保障してくれる「個人賠償責任保険」も含めてのお勧めを探っていますので、興味がある方は是非ともチェックしてみてください。

特に小学生、中学生、高校生のお子さんをお持ちの方にはこのページは見て欲しいです。
自転車保険 おすすめの比較と評価ランキング

スポンサーリンク