男性の保険料(月額):8,392円
女性の保険料(月額):8,360円
(30歳、被保険者0歳、受取総額:200万円、払込期間:18歳、22歳満期、Ⅲ型、無配当)

【返戻率】
男性:110.3%
女性:110.7%

契約日が2016年1月2日となる契約から無配当のⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型の販売を再開しています。特にⅢ型は返戻率が高く、条件次第では115%前後という高い数値になってくれるため、学資保険の中では特にお勧めとなっています。

他の学資保険ではマイナス金利の営業で軒並み保険料が値上げしており、返戻率がとても下がっています。そんな中、この商品は以前と変わらない返戻率を提示してくれているので、現状では見逃すことのできない貴重な学資保険となっています。

また、ソニー生命ではライフプランナーによる無料相談がありますので、家計的に最もお勧めのプランを気軽に聞けるのも良い点です。ただし、契約するにも無料の面談を通してしかできません。ネットや通販から自由に契約できないのが少々気になる点です。

スポンサーリンク


押さえておきたい注目ポイント

ソニー生命の[学資保険スクエア]の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

  • 学資保険なので貯蓄性がある
  • マイナス金利の今でも保険料の値上げが特になく、返戻率も高いまま
  • Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、5年ごと利差配当など、様々なパターンの商品が用意されている
  • 保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
  • 万が一の場合の保険料払込免除が付いている
  • 2016年1月2日より無配当の商品が販売再開している
  • 受取総額をかなり高額まで設定できる
  • 気軽に質問したり、資料の請求ができない
  • ネットや通信で契約することが出来ず、ソニー生命の面談もしくは保険相談サービスからしか加入できない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

学資保険スクエアの詳細

男性の月払保険料と返戻率の例
・保険料払込期間:18歳まで
・満期:22歳
・受取総額:200万円
・被保険者(お子さん)の年齢:0歳
・Ⅲ型
・無配当

契約年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
30歳 8,392円 1,812,672円 2,000,000円 110.3%
40歳 8,496円 1,835,136円 2,000,000円 約108.9%

女性の月払保険料と返戻率の例
・保険料払込期間:18歳まで
・満期:22歳
・受取総額:200万円
・被保険者(お子さん)の年齢:0歳
・Ⅲ型
・無配当

契約年齢 月額保険料 払込総額 受取総額 返戻率
30歳 8,360円 1,805,760円 2,000,000円 約110.7%
40歳 8,420円 1,818,720円 2,000,000円 約109.9%

※ 上の表は2017年4月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

Ⅲ型にすることで返戻金がとても高くなるお勧めの学資保険です。10歳払済、年払にすることでさらに返戻率が高くなります。

保障内容

項目 内容
種類 【学資保険】
・所定の時期に学資金が支払われる
・保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
契約可能年齢 【契約者年齢】
男性:18歳~(子供の年齢により上限変動)
女性:16歳~(子供の年齢により上限変動)

【被保険者(お子様)年齢】
0歳~7歳(プランにより変動)

受取総額 50万円~2,600万円まで
保険料払込期間 10歳、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳
年金受取年齢 Ⅰ型:11歳、14歳、17歳、22歳
Ⅱ型:17歳、22歳
Ⅲ型:17歳、18歳、19歳、20歳、22歳
払込回数 月払、半年払、年払
払込方法 ・口座振替
配当金 「5年ごと利差配当付き」の場合はアリ
保険料の
払込免除
保険期間中にご契約者が死亡されたとき、所定の高度障害状態になられたとき、または所定の不慮の事故により事故日から180日以内に所定の身体障害の状態になられたときは、以後の保険料の払込は免除される
公式サイト 学資保険・学資プランのことなら学資金準備スクエア|ソニー生命保険

メリット部分

マイナス金利の今でも保険料の値上げが特になく、返戻率も高いまま!

マイナス金利の今、各保険会社では終身保険や学資保険の保険料を軒並み値上げしています。その影響で返戻率もかなり低くなり、100%を切る学資保険も出てきています。

そんな中、ソニー生命の学資保険スクエアは保険料の値上げをしていません。そのおかげで、現在でもⅢ型、10歳払、年払にすることで115%前後の高返戻率を期待することができます。18歳払済の場合でも110%を超えてくれるという、現状の学資保険の中では断トツに高い返戻率を提示してくれています。

これはハッキリいって「見逃してはいけない学資保険」といえるくらいのお勧め商品と言えます。とりあえず、学資保険を探している方はソニー生命の学資保険スクエア(今は「学資金準備スクエア」?)は必ずチェックしておきましょう。

無配当の商品が販売再開

これまで無配当の学資保険は2014年11月にⅠ型とⅡ型が、2015年5月2日よりⅢ型が販売停止になってきていますが、契約日が2016年1月2日となる契約から販売を再開しています。

返戻率はかなりの高さを誇っているので、チェックしておきましょう。

ライフプランナーに相談できるため、家計に合わせた最適なプランを教えてくれる

ソニー生命は基本的にライフプランナーと呼ばれる営業の方と相談の上で加入するかどうか、プランはどうするかを決める形になっています。資料請求などは基本的に用意されていない場合が多いです。

ネット完結型と比べると少々手間がかかると言えますが、その分ライフプランナーによる最適なアドバイスも期待できると言えるので、現在の家計でベストなプランを専門家に教えて欲しいという方にはとても役立つ形となっています。

一応ですがソニー生命の学資保険はⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、5年ごと利差配当などの商品が用意されており、家庭環境に合わせたプランを自分たちである程度選ぶことが可能となっています。ですがどれを選べば良いのかわからない人が多いと思いますので、アドバイスが欲しい場合はソニー生命の公式サイトから無料面談を申し込んでみてください。

 ただし、ソニー生命のライフプランナーに相談する場合は当然ですがソニー生命のことしか教えてくれません。もしも他の保険会社の商品と比較して良い商品を決めたい場合は「保険相談サービス」を利用すると良いでしょう。(詳細はこのページの最後に載せています)

「無配当」と「5年ごと利差配当の学資保険」の2つが用意されている

ソニー生命の学資保険スクエアには無配当(Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型)と、5年ごと利差配当(Ⅰ型、Ⅱ型)の2種類が用意されています。

これについて、簡単に解説しておきます。

無配当Ⅰ型:中学・高校・大学入学時、さらに満期時に学資金を用意してくれるプラン。それぞれの入学時に備えることができますが、返戻率は一番低いです。

無配当Ⅱ型:大学進学時(高校卒業)に全額、または大学進学時と満期の時に学資金を用意してくれるプラン。大学の入学金により多くを備えておきたいという場合にお勧めのプラン。返戻率はⅠ型よりも高いです。

無配当Ⅲ型:18~22歳まで毎年学資金を用意できます。返戻率が最も高いので、高校までの出費は何とかなるという方にはとてもお勧めのプラン。

5年ごと利差配当(Ⅰ・Ⅱ型):保険会社の予定した運用益を超えた場合に配当金が貰えます。現状だけで考えるなら大きなメリットは期待できませんが、将来起こりうるインフレに対応しているため、先々を考えるなら無配当よりもお勧めかも知れません。

保険料払込免除が付いている

この保険商品には保険料払込免除が最初から付いているため、働き手(夫または妻)に万が一のことがあった場合には保険料の払込みが免除されます。

学資保険の中にはこの保険料払込免除を特約として付けられるけど有料になってしまうという商品もあるため、基本保障で付いているのは嬉しいポイントです。

受取総額を2,000万円以上まで設定できる

学資保険スクエアの公式サイト上のシュミレーションでは、受取総額を最大で2,600万円まで設定できるようになっています。

そのため、学費の高い大学(医学部、歯学部、獣医学部)を目標としている子供がいる家庭でも十分に活用していけます。

デメリット部分

気軽に質問したり、資料の請求ができない

学資保険スクエアは何と言っても公式サイトで資料請求ができないところが痛いです。また、わからない点があった場合はわざわざライフプランナーと面談したうえで聞く必要があります。

ソニー生命ではライフプランナーによる無料面談か、またはソニー生命を取り扱っている無料の保険相談サービスでしか保険に加入することが出来ない仕組みになっています。

面談時にプロの方から詳しく聞くことで商品に対する理解はとても深くなるとは思いますが、やはりある程度はインターネットで他の保険会社の商品と比較・検討してから面談をやりたいと思うのが普通なので、公式サイト上で資料請求ができたり、もっと気軽に質問できる仕組みがあった方が取っつきやすい商品になるのになと思わずにはいられません。

申し込み前の注意点

詳細を知りたい、さらに他と比較したい場合は保険相談サービスに行くのががお勧め

ソニー生命の保険商品は「ソニー生命専任のライフプランナー」による無料面談を行うことで詳細を知ることができます。この場合、当然ですがソニー生命のことしか聞くことはできません。他に良い商品があってもそちらをお勧めされることはないのです。

ですが、ソニー生命のライフプランナーを通さなくても詳細を聞けたり、申し込みも出来るところがあります。それが無料の保険相談サービスです。

保険相談サービスであればソニー生命の商品詳細が聞けることはもちろん、それ以外にも色々な会社の商品と比較してくれて、私たちの状況に合った最適な保険商品を紹介してくれます。そのため、ソニー生命の商品に興味がある場合は無料の保険相談サービスの利用も検討してみてください。

個人的なお勧めサービスは保険見直しラボです。ここのFP(相談員)は全員がソニー生命を扱えますし、保険相談サービスの中でも特に高いメリットを提示してくれているサービスのため、ソニー生命の学資保険スクエアを検討したい場合はこのサービスの利用をお勧めします。

ちなみに、加入の意思がまだない状態でも保険相談サービスであれば嫌な顔をされることは一切なく、気軽に相談できるのでお勧めです。ソニー生命の学資保険スクエアについてじっくり聞くだけでも良いですが、希望をすれば他会社の学資保険との比較もしてくれますし、もしくは他に興味がある生命保険について一から説明してもらうなど、保険についての疑問点はこの機に一気に解決出来ます。資料が欲しい方にもお勧めです。

予約はこちらから
生命保険の無料相談は保険見直しラボ

管理人の最終評価

マイナス金利の影響で他の学資保険では保険料の値上がり、返戻率の低下などの傾向がみられますが、学資保険スクエアでは何故か保険料の値上がりがなく、返戻率も高いままです。

そのため、現状では非常に貴重な商品となっています。学資保険を探している方は必ずチェックしておきましょう。

なお、この商品は公式サイトで気軽に資料請求することはできません。ソニー生命のライフプランナーに相談するか、もしくは保険相談サービスに聞くしかないというのが少し面倒なところとなっています。

ライフプランへの相談はこちらから(公式サイト)
学資保険・学資プランのことなら学資金準備スクエア|ソニー生命保険

保険相談サービスはこちらがお勧め
生命保険の無料相談は保険見直しラボ

管理人taka管理人taka

学資保険をお探しの方はこちらの学資保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

保険の相談は保険ショップの利用がお勧め

保険選びで迷う方は、保険ショップでプロのFPに相談をお願いするのもお勧めです。かなり多くの会社・商品の中から比較・検討してくれますので、私たちに最適な保険を提案してくれる可能性が高いです。

お近くのショップはこちらから探せます
保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」

スポンサーリンク