就職したら「社会人なら保険に入るべき」と言われることが多くなると思いますが、本当に保険に入る必要があるのでしょうか。

また、もし入るとしたらどの保険が良いのでしょうか。

保険というものに初めて面と向かって接する人は、ここで保険について何も知らなかったことに気付きます。

ここで言いたいのが、保険に対する疑問がたくさんありすぎるから考えるのをやめたい・・という方もとても多いと思いますが、あまり難しく考えなくても接しているうちに段々と分かってくるものですので、保険に対してどうか壁を作らずに気軽に学んでいってみてください。

分かっていくうちに、きっと楽しくなると思います。保険にはそういう部分もあるのです。

役不足ではあると思いますが、私も当ブログを通じて出来るだけ分かりやすく情報発信していきますので、良ければ役立ててもらえればと思います。

スポンサーリンク


新社会人に保険は必要なのか?

もし保険について全く興味がなく、「保険料を払うお金があるなら、貯金した方が良いよ」という価値観を持っているのであれば、無理して保険に入る必要はないと思います。そのような考え方の人はたくさんおり、30代・40代くらいから改めて保険を検討する場合も多くあります。

しかしながら、現在の日本では銀行にお金を預けて貯金しているよりも、終身保険に入っている方が実はお金が増えるということはご存知でしょうか。

もし知らなかったのであれば、是非とも終身保険について今から調べてみることをお勧めします。終身保険であれば、例えば保険料を100万円払い込んだとしても、120万円で還ってくるということは普通にあるからです。120万円以上になることも全然あります。

これほどの貯蓄性を持っている商品は保険以外には滅多にありません。逆に保険であれば現在の銀行とは比べ物にならないくらいお得な運用が出来てしまうのです。

また、日本人の2人に1人はがんにかかっており、死亡率も非常に高いです。もし祖父や祖母、両親ががんにかかったことがある、またはがんで亡くなっているという場合はがん保険を検討する必要があるでしょう。

がん保険に入っていればがんにかかった時に一時金が貰えますし、健康保険がきかない先進医療を利用する場合も自己負担分は2,000万円まで保障してくれます。

基本的にがんにかかった後では通常のがん保険には入れません(保険料が高いコースなら入れる場合がある)ので、がんに備えたい場合は若いうちから考えておく必要があります。

+++++++++++

このように「まだ若いから保険に入る必要はない」と考えてしまうにはあまりにも勿体無いのが保険というものなのです。

効率的に資産を増やしたい、自分の人生に責任を持ってリスクを回避していきたいともし思うのであれば、是非とも保険という商品を上手く利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、基本的に新社会人にはあまり多くの保険はいらない(というか必要ない)という考え方が一般的ですので、入っても1つか2つにしておき、保険料も低く抑えておくのが良いのかなと思います。

就職した後にお勧めの保険はこの2つ

就職して新社会人になった時にお勧めしたいのが「医療保険」「終身保険」の2つです。

【医療保険】
ケガや病気で入院・手術をした場合の保険金が貰えるのが医療保険です。日本人の2人に1人がかかると言われているがん専門のがん保険も医療保険の部類です。

様々なレジャーやスポーツをこれから多く楽しむ新社会人にとって、医療保険は数ある保険の中で一番入っておいた方が良いと言える商品です。若いうちから加入すれば保険料が非常に安くすむ(月々1,000円~2,000円程度から)ため、全くと言って良いほど家計の負担にはなりません。

また、がんに備えてがん保険に入っておくのもお勧めです。特にがん家系の場合は自分ががんになる確率も高いため、万が一の時の経済的不安を解消しておくためにも加入を検討しておくのがいいと思います。

がん保険も若い時に加入すれば保険料がとても安く、さらにがんになった場合には以後の保険料の払い込みが免除されます。「ひょっとしたらがんになるかも・・」と心配している方は、是非とも今から検討しておきましょう。

ただし、医療保険がお勧めとは言っても若いうちは病気やケガにはなりにくく、なったとしても治りが早いです。なので高い保障コースにしておく必要はあまりないため、出来るだけ保険料の安いコースに入っておくのがいいでしょう。

万が一を考えて「先進医療保障」は特約として付けておくのもお勧めです。

【終身保険】
契約者に万が一のことがあった場合でも、満期を迎えて解約した場合でも、払い込んだ保険料以上のお金が還ってくるという貯蓄性の高い商品が終身保険です。

定期保険と比べると保険金の割に保険料はとても高くなりますが、若いうちに加入すれば月々の保険料はそれほど高くないため、家計をあまり圧迫せずに入れます。また、終身保険の特徴として、若く加入すればするほど解約返戻率が高くなるため、早いうちから加入しておく方が最終的に多くのお金が還ってくることになります。

独身のうちは受取人を両親にしておいて、結婚後は受取人を奥さんや家族にすればいいので、実は終身保険は今から入っておくべき保険として是非とも真剣に考えて欲しい商品と言えるのです。

一般的には終身保険などの生命保険は新社会人には必要性は低いと言われていますが、終身保険の場合は満期以降に解約すれば払い込んだ保険料よりも多くの返戻金が還ってくるため、将来の貯蓄を真剣に考えるなら今から入る価値は十分にある商品なのです。

FPに無料保険相談できるサービスを活用しよう

ここまでこのページを読んで、もしあなたが「保険が必要だ」と感じて興味を持ったとしても、保険選びには最後に大きなハードルが待っています。

それがどの保険商品を選ぶべきかというところです。これは各保険商品を一つ一つ正確に調べて内容を比較していかなければ分からないことなのですが、もし保険の知識があまりない人がこれをやろうとした場合は膨大な時間を割かなくてはいけなくなります。

新社会人の場合はまだまだ保険の勉強が十分でない場合が多く、会社に来る保険営業マンの勧められるままに契約することも多々あります。その結果、後々調べてみたらそれほど良い商品ではなかった・・ということになってしまった方はとても多くいます。

保険営業マンがお勧めする商品が本当に良い保険なのかどうか、その判断を自分たちで下すのはとても難しいです。もちろん保険について勉強すればある程度は分かるようになりますが、その時間を割くのがそもそも大変なのであまりやりたくないですよね・・。

そういった事態を解消するため、そして専門家がお勧めする保険商品を知りたいという方に向けてお勧めなのが「無料保険相談サービス」です。

無料保険相談サービスであれば経験豊富なFPさん(ファイナンシャル・プランナー)が自宅、もしくは近所の喫茶店やファミレスまで無料で出向いてくれて、今の自分たちに必要になるであろう保険を適確に紹介してくれますし、その中で特にお勧めの商品も教えてくれます。

また、今後は結婚、出産、マイホーム購入、子供が成人して就職、定年退職、独立して自営業、離婚などなど、さまざまなライフスタイルの変化が出てくるはずであり、それぞれで最適となる保険が異なります。

その時々で相談に乗ってくれる信頼できるFPさんを確保していると、今後何かの時に非常に助かる存在になってくれるはずです。

保険に興味があり、自分たちに最適な保険を教えてくれる人を探しているなら、無料保険相談サービスは是非とも活用しておくことをお勧めします。勧誘なども一切ありませんので、安心して相談できます。

無料保険相談サービスについてはこちらのページで詳しく紹介しています。
【口コミ・評判通り?】無料保険相談 おすすめの比較と評価ランキング

スポンサーリンク