1人旅行の保険料:2,030円~
2人旅行の保険料:3,050円~
(ハワイ、5日間の旅行)

保障内容、保険金額がとても充実している海外旅行保険です。安心感を求める場合、三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」は間違いなく候補に入るでしょう。

その反面、保険料が少し高いというデメリット部分を持っていますので、その点は覚えておく必要があります。ただ、安心感を求める場合は多少高くてもこの保険は検討すべきでしょう。

スポンサーリンク

押さえておきたい注目ポイント

三井住友海上の海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

保険料が安いのに補償はしっかり
リピーター割引でさらに安く
家族旅行がリーズナブル
92日までの海外留学・ワーホリも契約可能(留学の詳細はこちら
アフリカ・中南米への旅行は条件次第で割高に
フリープランがない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

三井住友海上の海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の詳細

保険金額と保険料
・旅行先:ハワイ
・旅行期間:5日間
・[]内は同行者の保険金額

保障内容 一人旅行
(タイプA)
一人旅行
(タイプC)
二人旅行
(タイプA)
保険料 2,030円 3,330円 3,050円
傷害死亡 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
治療・救援費用 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
疾病死亡 1,000万円 3,000万円 1,000万円
[1,000万円]
緊急歯科治療費用
(縮小割合50%)
あり あり あり
テロ等対応費用 10万円 10万円 10万円
[10万円]
個人賠償責任
(示談交渉なし)
1億円 1億円 1億円
携行品損害
(自己負担額なし)
30万円 50万円 30万円
航空機寄託
手荷物遅延等
費用
10万円 10万円 10万円
弁護士費用等 100万円 100万円 100万円
備考 リピーター割引の場合、保険料が5%OFF
管理人taka管理人taka

友人、恋人と旅行する場合はファミリープランは利用できません。それぞれで契約する必要があります。

旅行場所と人数別での保険料の違い
・2人~3人は家族での旅行
・旅行期間は5日間

旅行場所 1人旅行 2人旅行 3人旅行
アジア
(韓国、台湾、中国、
シンガポール、タイなど)
1,970円 2,970円 3,740円
北米、ヨーロッパ、
オセアニア
(ハワイ、グアム含む)
2,030円 3,050円 3,840円
アフリカ・中南米 4,060円 6,090円 7,690円
管理人taka管理人taka

保険期間が8日以内のアフリカ・中南米への旅行の場合、保険料がかなり高くなります。

詳細

保険期間 日帰り~92日間まで
(出発当日でも加入可能)
申込み期間 60日前~当日午後11:30まで
加入可能年齢 69歳まで
サポートサービス 24時間・年中無休・日本語受付のサポート体制
・指定病院ならキャッシュレスで治療が受けられる
・緊急医療アシスタントサービス
・スーツケース修理・回収お届けサービス
フリープラン なし

保障内容

治療・救援費用 事故によるケガのため、治療を受けた場合に補償される
傷害死亡
疾病死亡
事故によるケガや病気により死亡した場合に補償される
傷害後遺障害 事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合に補償
テロ等対応費用 テロ行為による交通機関の遅れに対する自己負担分などを補償
個人賠償責任 他人にケガをさせた、他人の物を壊してしまった場合に補償される
(示談交渉はなし)
携行品損害 偶然な事故(盗難・破損・火災など)により、携行品に損害が生じた場合に補償される
航空機寄託手荷物遅延等費用 航空会社に運搬を寄託した手荷物が、航空機の到着後6時間以内に、予定していた目的地に運搬されなかった場合に補償される
メリット部分

リピーター割引の実施により、頻繁に海外旅行に行く方にはお得な利用が可能となっています。ただし、リピーター割引は一定の要件を満たさないと適用されないため、前もって要件はチェックしておく必要があります

リピーター割引の要件はこちらから確認できます。
よくいただくご質問 │ 海外旅行保険はネットde保険@とらべる

海外旅行保険の中でも特に保障内容がしっかりしている割に、保険金額は安めに設定されているありがたい保険です。さらに複数人での家族旅行の場合はかなりリーズナブルに利用できるようになるので、家族旅行の際にはチェックしておきたいですね。

また、特約として「ペット預入延長費用」も付けることができます。これは飛行機の遅れ・欠航などでペット専用施設の延長費用が発生してしまった場合に補償されるものです。保険料は10円とかなり安く、その安さで日額5,000円の補償が付けられるので、ペットを専用施設に預ける予定の方はこの特約も検討しておくことをお勧めします。

イマイチな点

基本的に一人旅行でも複数人での旅行でも保険料は安いですが、保険期間が8日以内または31日以上のアフリカ・中南米への旅行の場合、書面で契約するよりも割高になるので注意が必要です(本当にかなり高くなります・・)。

また、フリープランがなく、自由に保障内容を決めることができないため、クレジットカード付帯の海外旅行保険と併用して足りない分だけを補うという方法が使えません。

クレジットカード付帯の海外旅行保険も上手く活用したいという場合は、自由設計ができるジェイアイ傷害火災保険の「t@biho(たびほ)」などを利用すると良いでしょう。

ちなみに、公式HP上ではネット申込みだと55%割引!といったことが書かれていますが、割引された状態でようやく他と張り合える保険料(それでもこちらの方が少し高い・・)になるので、ネットからの申し込みは必須と考えた方が良いでしょう。

お勧めの海外旅行保険をお探しの方へ

どの海外旅行保険に加入するか迷っている方に向けて、管理人が特にお勧めだと判断したものを紹介しているページを作りました。

保険選びの参考になると思いますので、どこを選ぶべきか悩んでいる方は良ければ見ていってください。
人気の海外旅行保険の中でお勧めなのはこれ!

海外留学について

期間が92日までの留学であれば、ネットde保険@とらべるから申し込むことが可能です。

そして3ヶ月を超える留学・ワーキングホリデーを目的とした場合は、こちらのページより申し込みが可能となっています。(3ヶ月を超えるプランの場合、申込書の取り交わしが必要となります)

以下に補償内容と保険料の例を載せておきますので、1年までの留学やワーキングホリデーに行く予定がある方は参考にしてみてください。

保険金額と保険料
・留学期間:1年間
・年齢:69歳以下

保障内容 M90 M95
保険料 442,070円 478,000円
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 3,000万円
治療・救援費用 1,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
個人賠償責任
(示談交渉なし)
1億円 1億円
携行品損害
(自己負担額なし)
30万円 30万円
航空機寄託
手荷物遅延等
費用
10万円 10万円
テロ等対応費用 10万円 10万円
弁護士費用等 100万円 100万円
備考 その他、オプションで緊急一時帰国費用補償特約を付けることが可能

また、三井住友海上では1年以上の留学・ワーホリに行く方向けの長期保険も用意されています。そちらは2年までの期間を申し込むことができるので、長期の海外留学保険を探している方はこちらの専用ページをチェックしてみてください。

お勧めの海外留学保険を探している方はこちらのページもご覧ください。
人気・格安の海外留学(ワーホリ)保険の中でお勧めなのはこれ!

管理人taka管理人taka

まだ留学・ワーホリの申し込みをしていない方はこちらで無料相談ができます。実は私のテニス仲間の女性が運営しているサービスなのです。信頼できる方なのでお勧めですよ。
↓↓
語学学校入学手続き・サポート全て無料!
留学エージェントBlossa

スポンサーリンク