年間保険料:6,370円~
賠償責任(限度額):5,000万円~

JALの普通カード、もしくはCLUB-Aカードを持っていると、専用の「ゴルファー保険」に加入することが出来ます。保険料は一番安いタイプで年間6,370円ということで決して安くはないですが、補償内容と補償額はかなり充実したものとなっています。

ゴルフをするうえで必要となる補償が揃っているため、この保険に入っていれば安心してゴルフを楽しめるでしょう。

スポンサーリンク


JALカードの「ゴルファー保険」の詳細

JALカードの「ゴルファー保険」に加入すると、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

ゴルフプレイ中や練習中に、誤って他人にケガをさせたり他人の物を壊した場合に補償されます。

Lタイプの場合、賠償責任限度額は5,000万円

●傷害

自分自身のケガも補償。

●用品損害

ゴルフ場でのゴルフ用品の破損、盗難を補償してくれます。

●ホールインワン、アルバトロス費用

ホールインワンやアルバトロスを達成した場合のパーティー開催や記念品の贈呈などにかかる費用を補償。(セルフプレー中に達成した場合は対象にはなりません)

●保険の対象

カード会員本人のみ

保険内容の詳細は公式サイトをご覧ください。
JALカード – ゴルファー保険(CLUB-Aカード/普通カード会員用)

注目ポイント

自身の傷害、ゴルフ用品損害、ホールインワン費用など、補償額はかなり良いです。

また、JALカードは旅行時にお役立ちのカードなので、旅行好きの方との相性はいいと思います。そのような方なら、新たにカードを作る際も負担にならないかと思います。

イマイチな点

賠償責任補償額も5,000万円~2億円と悪くないですが、保険料がけっこう高いので「少し痛いな・・」と感じる人もいるかもしれません。さらにカード自体の年会費(普通カードで年2,100円)を考慮すると、クレジットカードから入れるゴルフ保険の中では金銭的にかなり高めだと言えます。

もしも他のカードを持っているのでしたら、そこにゴルフ保険を付けられるかどうか調べてみて、色々と比較してみるのも良いかも知れません。(各クレジットカードのゴルフ保険一覧はこちら)

JALカードを作る

JALカードの「ゴルファー保険」に入るにはJALの普通カード、もしくはCLUB-Aカードを持っていないといけません。この2つは年会費が掛かってしまいますが、旅行好きの方にはメリットが大きいはずです。

【JALカード(普通)】
・18歳以上
・初年度年会費無料
・2年目以降の年会費は2,100円

【CLUB-Aカード】
・18歳以上
・年会費10,500円

サービスの内容の詳細は以下の公式サイトから見ることが出来ます。
マイルがどんどんたまる「JALカード」

【例外】実はJALにはカードに付帯しているゴルファー保険もある

JALの普通カード、もしくはCLUB-Aカードには付帯していませんが、それより上位クラスのカードであるJALダイナースカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナ会員の方はゴルファー保険が自動付帯されています。自動付帯なのに賠償責任が1億円を超え、さらにオプションプランとして有料で保険を追加することも出来ます。

詳しくはこちらのページをチェックしてみてください。(⇒JALカード – オプション・ゴルファー保険(JALダイナースカード/CLUB-Aゴールドカード会員用)

自動付帯の保険だけでもかなり使える内容なのですが、このカードたちは年会費が非常に高いため、付帯分のゴルフ保険目当てで発行するという訳にはいきません。

ゴルファー保険が目当ての場合は、普通のJALカードかCLUB-Aカードを発行し、ゴルフ保険を自分で付ける方がいいかと思います。

JALカード「ゴルファー保険」の保険金額と保険料

補償内容LタイプKタイプJタイプ
死亡・後遺障害400万円600万円900万円
入院日額6,000円9,000円13,500円
通院日額4,000円6,000円9,000円
賠償責任最高 5,000万円最高 1億円最高 2億円
ホールインワン
アルバトロス
30万円50万円100万円
携行品損害20万円30万円40万円
保険料年間 6,370円年間 10,070円年間 17,630円
公式サイトJALカード - ゴルファー保険(CLUB-Aカード/普通カード会員用)

スポンサーリンク