年会費:KGA Golfer’sカード 3,000円、KGA Golfer’s GOLDカード 10,000円
賠償責任(限度額):1億円

セディナの「KGA Golfer’sカード」と「KGA Golfer’s GOLDカード」にはゴルファー保険が付帯しており、それぞれのカードの年会費を払うことで利用できるようになります。

ゴルフ保険としての保険料は0円ということになりますが、実質は年会費という形で支払うという形になっています。

保険内容はかなり良いため、ゴルフ専用にクレジットカードを作りたいと考えている方は一考の余地があるカードとなるでしょう。

ただし、現在はカードの新規申込受付を終了しています。既にカードをお持ちの方のみ、利用できるサービスとなります。

このページの中身

KGA Golfer’sカード「ゴルファー保険」の補償内容

契約タイプ:
項目KGA Golfer’sカードKGA Golfer’s GOLDカード
第3者に対する
賠償責任
1億円1億円
死亡・後遺障害
保険金額
300万円500万円
入院保険日額4,500円7,500円
通院保険日額3,000円5,000円
ゴルフ用品損害10万円20万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
10万円50万円
年会費3,000円10,000円

メリット部分・注目ポイント

セディナのKGA Golfer’sカードを持つことで付いてくるゴルファー保険です。年会費3,000円なので他のゴルフ保険と比べても安いのですが、賠償責任が最高1億円限度、さらに自身の傷害の補償額も300万円となっており、補償内容はかなり満足いくものとなっています。

また、セディナのモールを経由してネットショッピングをすることで、最大20倍のポイント還元となっています。ゴルフ保険だけでなく、買い物の際もお得になるのは嬉しいところですね。

ゴルフのためにクレジットカードを1枚用意したいと思っている場合、このカードはかなりお勧めとなるでしょう。ただし、現在はKGA Golfer’s カード、KGA Golfer’s GOLDカード両方とも新規申込を停止していますので、すでに発行している方しか利用できないのが残念なところです。

注意点・デメリット部分

家族会員には付帯しないため、家族でゴルフをする場合には対応できないのが残念。

また、2017年1月31日にKGA Golfer’s カード、KGA Golfer’s GOLDカードの新規申込受付を終了してしまっています。既にカードを発行している方は引き続き利用できますが、今現在持っていない方は利用することはできません。

管理人の最終評価

年会費が安い割に補償内容が良いため、すでにKGA Golfer’s カード、KGA Golfer’s GOLDカードを持っている方にはお勧めのゴルフ保険となります。

ただ、これらのカードはすでに発行することは出来ませんので、これからゴルフ保険に加入したい方は別の商品を探しましょう。

この記事を書いた人

木暮 敬嘉
taka
当サイト「takaの保険節約術」運営者、株式会社うぇぶりょく代表、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者。骨折&手術で身をもって保険の大切さを知って以降、独学で身に付けた保険の知識を紹介するようになりました。FPから紹介された保険の見直しもやってます。保険だけでなく安定度の高い資産運用方法を常に模索していますので、興味がある方はLINEの方でご質問を。ラーメン、焼肉、テニス好き。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪ takaが指定する保険相談サービス利用が条件ですが、紹介された保険の見直しもやってます(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク