月額:無料(その代り、カードの年会費27,000円~)
賠償責任(限度額):1億円

ダイナースクラブ ビジネスカードにはゴルファー保険が自動付帯しており、カードを持っていれば補償を受けることが出来るようになっています。

賠償責任保険金額が1事故1億円とかなり良く、他の補償も悪くありません(用品損害が少し低めですが・・)。ゴルフをするうえで必要となる補償は揃っていますので、カードに自動付帯するゴルフ保険としてはかなり良いと思います。

このページの中身

ダイナースクラブ ビジネスカード「ゴルファー保険」の補償内容

契約タイプ:
項目 ビジネスカード
第3者に対する
賠償責任
1億円限度
死亡・後遺障害 300万円
入院保険金日額 4,500円
通院保険金日額 3,000円
ゴルフ用品の損害 5万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
10万円
年会費 27,000円(税抜)
補償内容
自身の傷害 ご自身のケガに対する保険。
賠償責任保険 誤って第三者にケガをさせてしまったり、他人のものを破損させてしまった場合の補償。
ゴルフ用品の損害保険 ゴルフ用品の破損・盗難に対する保険。
ホールインワン・アルバトロス費用 ホールインワンやアルバトロスを達成した際のお祝い費用の保険。

メリット部分・注目ポイント

無料で自動付帯するゴルファー保険の中では特に内容がいいです。損害賠償が1億円ですし、傷害による入院・通院保険金もかなり良いです。

また、ダイナースクラブ ビジネスカード自体がビジネスオーナーに特化したカードであり、持っていれば信用の証になるし、ビジネスに利用できる大きな特典も付いてきます。

さらに、オフの時でも旅行・グルメ・エンタテイメントなどで各種サービスが受けられます。

無料付帯のゴルファー保険のみならず、ダイナースクラブ ビジネスカードを持っていればビジネスでもプライベートでも役立ってくれることでしょう。

注意点・デメリット部分

ゴルファー保険自体は無料付帯ですが、カード自体の年会費が27,000円ということと、発行に多少のハードルがある(個人事業主、法人企業の役員など)ことから、誰にでもお勧めできるという訳ではありません。

ゴルファー保険目当てにカード発行・・という選択肢はまずないと思います。

基本的にはビジネスやプライベートでの充実のサービス、またはカードを持っていることのステイタスが中心で、ゴルファー保険はその後に来る「ちょっとした付属」という位置付けです。

ダイナースクラブ ビジネスカードを作る

ダイナースクラブのゴルファー保険を利用するには、ダイナースクラブの中でも「ビジネスカード」を持っていないといけません。

【ダイナースクラブ ビジネスカード】
・年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主
・年会費は27,000円(税抜)

サービスの内容やカードの発行は以下の公式サイトから見ることが出来ます。
ダイナースクラブ ビジネスカード

管理人の最終評価

ダイナースクラブのビジネスカードの自動付帯となっているので、すでにカードを持っている方は利用することができます。ありがたいですね。

ただ、基本的にカード自体の年会費が高いため、このゴルファー保険目当てにカードを発行するという選択肢はないかと思います。

この記事を書いた人

木暮 敬嘉
taka
当サイト「takaの保険節約術」運営者、株式会社うぇぶりょく代表、CFP®認定者。骨折&手術で身をもって保険の大切さを知って以降、独学で身に付けた保険の知識を紹介するようになりました。FPから紹介された保険の見直しもやってます。保険だけでなく安定度の高い資産運用方法を常に模索していますので、興味がある方はLINEの方でご質問を。ラーメン、焼肉、テニス好き。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪保険相談で紹介された商品を判断して欲しい方はこちらからお気軽に質問してください(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク