年会費:KGA Golfer’sカード 3,000円、KGA Golfer’s GOLDカード 10,000円
賠償責任(限度額):1億円

セディナの「KGA Golfer’sカード」と「KGA Golfer’s GOLDカード」にはゴルファー保険が付帯しており、それぞれのカードの年会費を払うことで利用できるようになります。

※ ゴルフ保険としての費用は0円ということになりますが、その分年会費という形でお金は支払います。

保険内容はかなり良いため、ゴルフ専用にクレジットカードを作りたいと考えている方は一考の余地があるカードとなるでしょう。

スポンサーリンク


KGA Golfer’sカードの「ゴルファー保険」の詳細

セディナのKGA Golfer’sカード、またはKGA Golfer’s GOLDカードに付帯しているゴルファー保険により、以下の補償が受けられます。

●賠償責任

ゴルフのプレー中に他人にケガをさせた場合に損害賠償金を支払ってくれます。

賠償責任限度額は1億円

●傷害

ゴルフプレイ中にケガをした時に補償されます。

●用品損害

ゴルフ場でゴルフクラブなどを破損、盗難にあった場合に補償されます。

●ホールインワン、アルバトロス費用

ホールインワン、アルバトロスを達成した時のお祝いの費用が支払われます。

●保険の対象

カード会員本人のみ

保険内容の詳細は公式サイトをご覧ください。
KGA Golfer’s GOLDカード & KGA Golfer’sカード

注目ポイント

関東ゴルフ連盟が提供するゴルファー保険というだけあり、その補償内容はかなり満足いくものとなっています。年会費3,000円のKGA Golfer’sカードでも賠償責任が最高1億円であり、さらに自身の傷害の補償額も悪くないです。

また、ゴルフ関連の各種買い物をする時でもポイントが最大20倍になったりするので、買い物の際もお得になります。あとはGOLDカード限定ですが、メディカルコールが付帯しているので24時間電話で健康相談の受け付けもしてくれます。

ゴルフのためにクレジットカードを1枚用意したいと思っている場合、このカードはかなりお勧めとなるでしょう。

イマイチな点

家族会員には付帯しないため、家族でゴルフをする場合には対応できないのが残念。

また、カード付帯保険のため、KGA Golfer’sカード、またはKGA Golfer’s GOLDカードを持たないといけません。新たにクレジットカードを作りたくない人には向いていないでしょう。

KGA Golfer’sカードを作る

セディナの「KGA Golfer’sカード」と「KGA Golfer’s GOLDカード」を持つことで、カードに付帯している「ゴルファー保険」を利用することが出来ます。

ネットからでもカードを作ることが出来るので、この保険に興味がある方はカードの発行を検討してみてください。

【KGA Golfer’sカード】
・高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
・年会費:3,000円(税抜)
・家族会費:300円(税抜)

【KGA Golfer’s GOLDカード】
・原則として年齢満30歳以上、年収500万円以上で勤続5年以上の方
・年会費:10,000円(税抜)
・家族会費:1,000円(税抜)

カードの発行はこちらから
KGA Golfer’s GOLDカード & KGA Golfer’sカード | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

KGA Golfer’sカード付帯ゴルフ保険の保険金額

補償内容KGA Golfer'sカードKGA Golfer's GOLDカード
死亡・後遺障害300万円500万円
入院日額4,500円7,500円
通院日額3,000円5,000円
賠償責任最高 1億円最高 1億円
ホールインワン
アルバトロス
10万円50万円
携行品損害10万円20万円
保険料なし(ただし、カードの年会費が3,000円(税抜))なし(ただし、カードの年会費が10,000円(税抜))
公式サイトKGA Golfer's GOLDカード & KGA Golfer'sカード

スポンサーリンク