いわゆる「代理店型」の商品で、自動車保険の中では保険料が高めの設定になっています。ただし、事故対応や顧客対応などのサービス内容はかなり高い評価を得ているので、安価よりも高い質を求める方にはかなりお勧めしたい自動車保険です。

反対に、リーズナブルなものを求める方は別の商品をチェックした方が良いでしょう。

このページではtype Rを中心に解説

AIUの自動車保険には現在、2種類のサービスが用意されています。

  • type R(ファミリー向け):自家用8車種を対象とした内容
  • type P(一般型個人向け):バイクなど、自家用8車種以外の用途車種の自動車まで対象

普通の車を購入した場合は「type R」での契約になるかと思います。そのため、このページではtype Rを中心に解説していきます。

スポンサーリンク

押さえておきたい注目ポイント

AIU保険の自動車保険の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

事故対応や顧客対応など、サービスに対する満足度がとても高い
分かりやすい3つの補償プランが用意されている
レッカー移動が距離無制限で無料
保険料が高い
webで気軽にパンフレットを見ることが出来ない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

AIU保険の自動車保険「type R」の詳細

補償内容:
項目 内容
保険のタイプ 代理店型
・昔からあるタイプの自動車保険
・代理店を介するのコストがかかり、保険料が高くなっている
・ただし、事故対応などの満足度が総じて高い傾向がある
リスク細分型
・走行距離や年齢、住まいの地域の違いによるリスクの高さを保険料に反映させる方式
相手への賠償 【自動セット】
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・他車運転危険補償特約
ケガの補償 【自動セット】
・人身傷害特約
車の補償 【自動セット】
・車上ねらい被害費用補償特約
・車両価額協定保険特約(車両保険を付けた場合)
・特定修理工場入庫特約(車両保険を付けた場合)
【任意セット】
・車両保険
その他の補償 ・個人賠償責任補償特約
・地震・噴火・津波危険車両全損時一時金支払特約
・i・セキュア(支払用カード・個人情報不正使用被害等補償特約)
・障害補償特約
・医療保険金支払に関する特約
・弁護士費用等補償特約
・身の回り品補償特約
・ファミリーバイク特約
・人身傷害の被保険者の範囲に関する特約
・自宅・車庫等損害補償特約
・事故時代車費用補償特約(定額払)
・車両全損時諸費用補償特約
・事故時付随費用補償特約
払込方法 ・クレジットカード支払
・Pay-easy
・コンビニエンスストア払
・口座振替
払込回数 ・一時払
・分割払(12回)
・団体扱・集団扱
管理人taka管理人taka

初心者でも分かりやすい3つのプランが用意されています。また、リスク細分型ではありますが、代理店型なので保険料は少し高めの設定になっています。ただし、サービス評価はかなり高いです。

事故対応:
対応時間 ・24時間365日の事故受付と初期対応
・平日9:00~17:00は1事故1担当者制
初期対応の内容 ・事故の相手方との直接対応
・病院などへの連絡
・修理工場への連絡
・代車の手配
※ 夜間、休日の事故に遭遇した場合も安心のシステム
AIUドライブイン
サービス
事故で車が損害を受けた場合に、提携修理工場で以下のサービスが受けられます。
・代車無料サービスの提供
・契約の車の引き取り、納車無料サービスの提供
・割安な修理費用の提示(工賃10%、部品代1%の割引)
・修理内容に永久保証書の発行
・分割時臨時費用保険金
自社調査の満足度 ・全体的な満足度:93.1%
・事故受付時の対応:92.0%
・担当者の話し方・態度:92.7%
・保険金支払いの迅速さ:93.0%
※ 集計期間:2014年12月1日~2015年11月30日
ロードサービス:
対応時間 24時間365日受付・対応
レッカーサービス 距離の制限なく、もよりの修理工場等まで無料でレッカー搬送を行う
(※ こちらで修理工場を指定した場合、100kmまでが無料)
・運搬に際し時間帯により即時入庫できないときは、1日間限度で契約の車を無料預かり
故障時の主な
トラブル対応サービス
・キー閉じ込み時の開錠
・バッテリー上がりの際にケーブルにつないでエンジンをスタートさせる作業
・ガス欠による給油(10リットル程度無料、1回のみ)
・タイヤパンク時のスペアタイヤ交換作業
・落輪時の引き上げ作業(タイヤ1本の落輪のみ無料、ただし条件次第では有料)
・その他プラグ交換などの軽作業(作業時間30分程度の作業)
割引:
主な割引 ・ゴールド免許証割引:最大16%OFF
・新車割引:賠償・傷害保険料9%OFF、車両保険料5%OFF
・長期優良契約割引:10%OFF
・新規年払割引:6%OFF
・運転者家族限定割引:1%OFF
・運転者本人・夫婦限定割引:7%OFF
・障害者割引:10%OFF
・ノンフリート多数契約割引:3~5台 5%OFF、6台以上 7%OFF

お得なキャンペーン
現在は実施していません。


各社の満足度ランキング(2017年):
オリコン 総合:6位
加入・更新手続き:7位
商品内容の充実度:6位
事故対応:1位
調査・認定結果:5位
受取額・支払いスピード:4位
サポートサービス:2位
価格.com 総合:8位
保険料:10位
補償内容:9位
顧客対応:2位
事故対応:1位
保険スクエアbang! サービス:2位

メリット部分

事故対応や顧客対応など、サービスに対する満足度がとても高い

AIU保険の自動車保険の特徴として、事故対応や顧客満足度などの「サービスの質に関する満足度」がとても高いということが挙げられます。

オリコンや価格.comでも事故対応・顧客対応・サポートサービスの評価は非常に高く、それぞれトップ3に入っています。

AIUの自動車保険はいわゆる代理店型です。代理店型はダイレクト型と比べると顧客サポートの評価が高い傾向にありますが、この商品はまさに代理店型を代表するような保険となっているのです。

そのため、「保険料が高くても良いから、本当に良いサービスをしてくれるところに加入したい!」という方には最適といえるくらいの会社だと思います。安いところに入ったのはいいけど、肝心のサポートの質が悪くて本当にガッカリした・・という話はよく聞きますので、「AIUの少し高めの保険料を払っても経済的にはまだ大丈夫!」という方は前向きに検討することをお勧めしたい自動車保険と言えます。

分かりやすい3つの補償プランが用意されている

AIU保険の自動車保険では「おすすめプラン」として、以下の3つの補償プランが用意されています。

  1. 補償を絞り込んで安くしている「スマートプラン」
  2. ケガの補償を手厚くした「レギュラープラン」
  3. 充実の内容となっている「プレミアムプラン」

このようにそれぞれの状況に合わせたプランが用意されていることで、あまり補償に詳しくない初心者の方でも安心して補償を選ぶことができるようになっています。

AIUは保険料が少し高めの傾向になりますが、例えばスマートプランであれば必要なもの以外はちゃんと省かれている内容のため、保険料をかなり抑えることが出来ます。「サービスがしっかりしたAIUを検討しているけど、保険料が高いのがきつい・・」という方はスマートプランを検討してみることをお勧めします。

また、希望に合わせてさらにオプションを付けることも可能ですので、代理店のコンサルティングをもとに納得いくまでプランを練ることもできます。

3つのプランは以下のような補償内容になっています。

補償内容 スマートプラン レギュラープラン プレミアムプラン
対人賠償保険 無制限 無制限 無制限
対物賠償保険 無制限 無制限 無制限
人身傷害保険 5,000万円 1億円 無制限
傷害補償特約  -  あり
(搭乗者傷害プラン)
あり
(交通傷害プラン)
弁護士ワイド
(弁護士費用等補償特約
(被害事故))
あり あり あり
車両保険(一般)
+車両価額協定保険特約
あり あり あり
車両全損時諸費用
補償特約
限度額10万円 限度額10万円 限度額40万円
自宅・車庫等損害
補償特約
あり あり あり
事故時代車費用
補償特約(定額払)
 -   -  日額7,000円
事故時付随費用
補償特約
 -   -  あり
他車運転危険
補償特約
あり あり あり
車上ねらい被害費用
補償特約
あり あり あり
特定修理工場
入庫特約
あり あり あり
レッカー移動が距離無制限で無料

AIUのロードサービスは故障や事故で自力走行不能となった場合、運搬距離を問わず無料でレッカー移動を行ってくれます。

基本的には50kmを超えるレッカー移動は1割程度しかないと言われていますので、距離無制限の恩恵を受けれる人はかなり限られるとは思いますが、その1割に入ってしまった時のことを考えると距離無制限はあって損はないかなとも思います。

また、こちらが指定する入庫先へ運搬する場合は故障・事故現場より100kmが無料運搬距離となります。他の会社では長くても50kmが無料範囲となっているので、この点は嬉しいところと言えます。

デメリット部分

保険料が高い

AIUは代理店型であり、事故対応や顧客対応などの評価はかなり高いです。ですが、サービスの質をよくしている分、保険料は自動車保険の中ではかなり高めの部類に入ってしまいます。

そのため、少しでも保険料が安い自動車保険を探している方にとっては、AIU保険はあまり魅力は感じられないだろうと思います。

ただし、自動車保険の本質はやはり「万が一の事故の時に、どれだけ良いサービスを提供してくれるか」にあると思います。ここがしっかりしていないと事故の時の担当者(もしくは会社自体)の対応にガッカリし、後悔してしまうことも十分にあり得ます。安い自動車保険に入ったからと言って、サポートの質が悪ければ本末転倒なんですよね。

AIUの自動車保険は確かに保険料は高いのですが、それで避けるにはもったいないほど対応に関しては世間の評価が高いです。「サポートがしっかりしているのであれば、多少高くても問題ない」という方にとっては検討の価値は十分あるといえるでしょう。

webで気軽にパンフレットを見ることが出来ない

他の会社では公式ホームページにパンフレットのPDFを用意してくれていますが、AIU生命の自動車保険では基本的にwebからパンフレットを見ることはできません。そのため、中身をじっくりとチェックしたい場合は公式サイトからパンフレットを請求する必要があります。

手元にパンフレットを並べて検討したい人にとっては特に気になることではないでしょうが、webですべてをチェックしたい人にとっては、ちょっと面倒な仕組みだと感じるかと思います。

ちなみに、AIUの自動車保険は資料を請求すると、代理店から確実にコンサルの電話がかかってきます。

申し込み前の注意点

普通の車に乗っている人は「type R」を選ぼう

AIUの自動車保険には2種類のサービスが用意されています。AIU保険は基本的に代理店を通しての契約なので間違える方はいないと思いますが、自分の車はどちらに当てはまるのか、一応の基礎知識として知っておきましょう。

その2種類のサービスは以下になります。

  • type R(ファミリー向け):自家用8車種を対象とした内容
  • type P(一般型個人向け):バイクなど、自家用8車種以外の用途車種の自動車まで対象

自家用8車種とは、以下の車を指します。

  1. 自家用普通乗用車
  2. 自家用小型乗用車
  3. 自家用軽四輪乗用車
  4. 自家用小型貨物車
  5. 自家用軽四輪貨物車
  6. 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  7. 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  8. 特種用途自動車(キャンピング車)

つまり、一般的な車に乗っている人は基本的に「type R」で契約することになります。

これは代理店の方で判断してくれるので覚えておく必要は特にないのですが、自動車保険に関する知識を増やすことは決して無駄にはなりませんので、一応の知識として知っておいた方が良いかと思います。

AIU保険の自動車保険の口コミ・評価(当サイト独自調査)

4.1点/5点満点中

集計結果についてはこちらのページでまとめていますので、興味がある方はチェックしてみてください。
AIU保険の自動車保険 口コミ・評判まとめ

管理人の最終評価

保険料は高いですが、事故対応や顧客対応など、サービスの面ではかなり高い評価と信頼性を持っています。

リーズナブルな自動車保険が良いという方には向きませんが、多少高くてもいいからしっかりとしたサービスを期待したい!という方にはお勧めの自動車保険だと思います。

スポンサーリンク