妊娠中は出来れば海外旅行は避けた方が良いと思いますが、前々から予定していた、または新婚旅行などの理由から旅行を避けられないケースも多々あります。

そんな時に忘れずに利用したいのが海外旅行保険です。身重の体での旅行はいつもとは勝手がかなり違うのでストレスも溜まりますし、お腹の赤ちゃんのことを考えると体調面で少しでも異変があった場合に備えて医療面での補償は欲しい所ですよね。

このページでは妊娠中でも加入できて補償もしてくれる海外旅行保険を紹介していますので、該当する方はチェックしてみてください。

※ ただし、現状では全てに対応してくれる保険はなく、妊娠初期のみ補償されるようになっています。

スポンサーリンク

妊娠を起因とする治療を補償してくれるところ

妊娠中の旅行には海外旅行保険を是非とも付けておきたいところなのですが、残念ながらほとんどの保険では妊娠を起因とする治療は補償してくれないのが現状となっています。

とはいえ、少ないながらも加入できるところはありますので、逃さずチェックしておきましょう。

AIG損保(旧AIU保険)の海外旅行保険
保険期間が31日までの契約で、「治療・救援費用」「疾病治療費用」「救援者費用」のいずれかを含むプランに限り、「妊娠初期の症状に対する保険金支払責任の変更に関する特約」がセットされ、妊娠初期の異常(妊娠満22週以後の発生は除く)により医師の治療を開始した場合には、お支払いの対象となる場合があります。(引用:よくあるお問合せ:契約前-AIG損保海外旅行保険について| 海外旅行保険ならAIG損保

この保険の詳細はこちら
AIG損保の海外旅行保険のメリットとデメリット、申込み前の注意点など

ジェイアイ傷害火災保険の「t@biho(たびほ)」

たびほでは保険期間31日以内の契約の場合、妊娠初期(22週未満)に限り、妊娠初期の症状に対して補償してくれます。

・・・妊娠初期の異常を直接の原因として責任期間中に治療を開始した場合に限り、その妊娠初期の異常を疾病とみなし、同特約の規定に従い、治療・救援費用保険金を被保険者に支払います。(引用:海外旅行保険t@bihoたびほ | 約款全文)

この保険の詳細はこちら
ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険「t@biho(たびほ)」のメリットとデメリット、申込み前の注意点など

上記2保険の注意点

上記のAIG損保とジェイアイの海外旅行保険は妊娠を起因とする治療を補償してくれるのは良いのですが、両社ともに妊娠満22週以後に発生したものに関しては補償されなくなっています。

お腹が大きくなった頃に旅行に行こうとしても補償はされなくなっていますので、そこだけ注意が必要となります。

妊娠中でも加入だけはできる保険もある

妊娠中でも加入できる海外旅行保険はいくつかあります。

・損保ジャパン日本興亜の「新・海外旅行保険【off!(オフ)】」
・au損保の「海外旅行の保険」
・HS損保の「スマートネッとU」

などが代表的な保険です。「妊娠中だと加入は難しい」という情報もネット上にはありますが、意外と妊娠中でも加入できる会社はあるので、探してみると上記以外にもあるかと思います。

ただし、これらは共通して「妊娠・出産・早産・流産およびこれらに基づく病気が原因により生じた費用は、保険金をお支払いする対象とはならない」という感じで明記されているため、妊娠に関することに関しては残念ですが補償されません。

また、クレジットカード付帯の海外旅行保険も妊娠・出産に起因するトラブルに関しては補償されません。妊娠初期(22週未満)のみ補償してくれる保険に加入するか、最悪を想定する場合は旅行自体をキャンセルするという選択をする必要もでてくるでしょう。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪保険相談で紹介された商品を判断して欲しい方はこちらからお気軽に質問してください(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク