個人年金保険のなかでもかなり返戻率が高い方で、据置期間を置くことでさらに返戻率を高めることができる商品です。

保険料払込免除を付けることは出来ませんが、返戻率だけで見るならかなりお勧めと言えます。

ただ一点、支払方法は口座振替しか選べませんので、クレジットカード払いによるポイント付与が狙えないのが残念なところです。

スポンサーリンク

押さえておきたい注目ポイント

明治安田生命の個人年金保険「年金かけはし」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

  • 貯蓄性が高い個人年金保険。支払った保険料以上の年金を受け取ることが出来る
  • 保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
  • 個人年金保険の中でもかなり高い返戻率なので、お勧めの商品
  • 年金受取りを先延ばしすることで、さらに返戻率を上げることが出来る
  • 基本保障に「保険料払込免除」が付いていない。そして特約としても用意されていない
  • クレジットカードで支払うことが出来ない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

年金かけはしの詳細

男性の返戻率の例
・保険料払込期間:55歳~60歳満了(契約年齢により変動)
・年金受取開始年齢:60歳~65歳(契約年齢により変動)
・年金受取期間:10年
・月額保険料:2万円

契約年齢 払込総額 年金総額 返戻率
20歳
(55歳満了、60歳払込開始)
840万円 約898万円 約107.0%
30歳
(60歳満了、65歳払込開始)
720万円 約762万円 約105.9%
40歳
(60歳満了、65歳払込開始)
480万円 約498万円 約103.7%

女性の返戻率の例
・保険料払込期間:55歳~60歳満了(契約年齢により変動)
・年金受取開始年齢:60歳~65歳(契約年齢により変動)
・年金受取期間:10年
・月額保険料:2万円

契約年齢 払込総額 年金総額 返戻率
20歳
(55歳満了、60歳払込開始)
840万円 約898万円 約106.9%
30歳
(60歳満了、65歳払込開始)
720万円 約762万円 約105.8%
40歳
(60歳満了、65歳払込開始)
480万円 約498万円 約103.8%

※ 上の表は2017年4月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

個人年金保険の中ではかなり高い返戻率となっているため、優先的に検討したい商品と言えます。

保障内容

項目 内容
種類 【個人年金保険】
・保険料を払い込むことで、満期以降に年金を受け取ることができる
・受取り方式を年金ではなく、一時金などから選べる場合もある
・保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
契約可能年齢 0~70歳
保険料払込
満了年齢
60歳、65歳、70歳、75歳満了
保険料払込期間満了後の据置期間 1年~5年
年金受取期間 5年、10年確定年金
被保険者が死亡の場合 保険料払込満了前⇒既払込保険料相当額
据置期間中⇒既払込保険料相当額と被保険者が死亡した日における積立金相当額のいずれか大きい金額
特約 この保険には付加できる特約はなし
払込回数 月払、年払
払込方法 口座振替
(クレジットカードは不可)
資料請求 明治生命公式サイトよりお願いします
明治安田生命 | 年金かけはし

メリット部分

返戻率が高い

マイナス金利で各社の個人年金保険は次々に販売休止となっている中、年金かけはしは返戻率の引き下げこそあったものの、まだまだ100%を超える返戻率となっています。現在の個人年金保険の中ではなかなか高い返戻率となっています。

基本的に個人年金保険は返戻率が高ければ高いほどお勧めになるという単純明快な性質を持っている保険ですので、年金かけはしはこれだけでお勧め保険の部類に入ります。

また、据置期間を設けることでさらに返戻率が上がります。詳しくはすぐ下で解説しています。

据置期間を設けることで、さらに返戻率を高くできる

年金かけはしは据置期間を設けることでさらに返戻率が高くなります。

例えば30歳で契約した男性が65歳で保険料の払い込みが満了となる場合、そのまま65歳から年金受取りを開始するよりも、5年間の据置期間を置いて70歳で年金受取りを開始した方が返戻率が数%アップするのです。同様に75歳で年金受取りを開始した場合、さらに返戻率が数%上乗せされます。

年金かけはしでは据置期間を1年~5年までの間で設定できます。少しでも返戻率を上げたい場合は据置期間を長く置くことを検討してみてください。

デメリット部分

特約が一つもなく、「保険料払込免除」も付いていない

年金かけはしは残念ながら基本保障に「障害状態になった場合の保険料払込免除」が付いていません。また、この保険が特約が一つもないため、当然ながら特約として保険料払込免除を付けることも出来ません。

もしものことを考えると、保険料払込免除が付いていないのが痛い所と言えますね。

ただし、同じ明治安田生命の年金ひとすじ(現在販売休止)なら保険料払込免除が付いているので、万が一を考慮したいならこちらも検討しておくことをお勧めします。ただし、年金ひとすじかけはしと比べると返戻率が低く、さらに据置期間を設けることも出来ませんので、最終的にお得になる方を優先したい場合は年金かけはしの方がお勧めとなります。

クレジットカードで支払うことが出来ない

この商品の保険料はクレジットカードで支払うことができません

そのためクレジットカード払いによるポイント付与が出来ないということになります。ポイントを貯めることにささやかな喜びを見出している方も多くいると思いますが、この保険では残念ながらポイントを貯めることは出来ません。

他の保険との比較・考察

年金ひとすじとの大きな違い
※ 現在、年金ひとすじは販売休止になっています。

年金かけはしと似た様な保険に年金ひとすじがあります。

この2つは同じ明治安田生命が出している個人年金保険で、名前の感じが少し似ていて勘違いしやすいため、公式サイトの方でも相違点のページが用意されています。

こちらのページに相違点が載っています。
明治安田生命 | 「年金かけはし」と「年金ひとすじ」の相違点について

公式サイトで色々と細かく載っていますので全て載せるのは割愛しますが、年金かけはしとの大きな違いだけ以下に書いておきます。

  • 契約年齢範囲が、年金ひとすじの方が10歳低い(20歳~60歳)
  • 告知が必要
  • 保険料払込免除のしくみがある
  • 据置期間の設定が出来ないため、返戻率を高めることが出来ない
  • 年払いがなく、月払いのみ

管理人の最終評価

返戻率はなかなかの高さですが、他の個人年金の方が高い場合が多く、しかもクレジットカード払いが出来ないのでポイント還元も期待することができません。

良い商品ではあるのですが、残念ながら凄くお勧めとまではいきません。

管理人taka管理人taka

個人年金保険をお探しの方はこちらの個人年金保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク