無料保険相談には主に「訪問型」と「来店型」の2つがあります。

訪問型は自宅・カフェ・レストラン・職場など、自分の都合のいい場所を選んで、FPさん(ファイナンシャル・プランナー)に来てもらう形式です。保険の契約もFPさんがやってくれます。主に保険見直しラボ保険マンモス保険のビュッフェなどが訪問型のサービスを展開しています。

来店型は保険ショップなどの店舗へ自分から出向き、そこで保険の専門家(FPなど)に相談を受けることが出来る形式です。LIFULL保険相談のように全国の保険ショップを検索できるサービスがあり、そのようなサイトから予約⇒相談までの申込みが出来るようになっています。

「訪問型」と「来店型」はどちらも相談から契約、アフターフォローまで無料で利用できるようになっています。(無料の理由はこちらのページで解説しています。)

以下、それぞれのメリットとデメリットを解説していますので、こちらを参考に自分にとって都合のいい方法を選択してもらえたらと思います。

スポンサーリンク


メリットとデメリットの一覧表

  訪問型 来店型
メリット
  • 好きな場所に来てもらえる
  • FPさんの経験値の基本水準が高い
  • 自宅相談が出来るので、他人の目を気にしなくて済む
  • 女性FPを選択できるサービスもある
  • 訪問型より気軽に相談できる
  • すでに気になる商品がある場合はスムーズに話が進む
  • キッズスペースを用意してくれているショップが多い
デメリット
  • 自宅に来てもらう場合、掃除をする必要が出てくる
  • 地域によってはFPさんが来てくれない可能性も
  • FPさんによって取り扱っている保険会社の数が異なる
  • 希望場所に来てもらうため、負い目を感じやすい
  • 入社したての経験が浅い人や、保険に対しての知識がまだまだの人が相談相手になる可能性がある
  • 取り扱っていない会社の保険は基本的に紹介されない
  • 女性スタッフが必ずいるとは限らない
  • ショップの利益になるような手数料の高い商品を優先的に紹介される可能性もないとは言えない

訪問型のメリット

自宅でもファミレスでもカフェでも職場でも、自分が都合のいい場所を選んでFPさんに来てもらうことが出来るので非常に楽が出来ます。そして自宅、もしくは近くを自由に選べるため、移動のための交通費がかかりません(もしくは最小限に抑えられる)。

そして訪問型サービスで相談に乗ってくれるFPさんは、基本的に一定の年数を超えた経験者が来てくれます。保険ショップだと経験不足の方が相談相手になる場合もあるため、保険を真剣に選ぶ際には訪問型サービスはとても頼りになってくれるでしょう。

また、自宅に来てもらう場合、他の人を気にする必要がないため、深い所まで話せるという点も見逃せません。経済状況や家庭環境など、言いにくいことや他人に聞かれたくないことがある場合は自宅での相談がベストです。

さらにメリット部分として挙げたいのが、無料相談をするとプレゼントが貰えるところがあることです。例えば保険マンモスの場合、相談後はA5クラスの厳選黒毛和牛を家族分貰うことができます。

最後になりますが、訪問型にはFPのチカラのように女性FPを選択できるサービスもあるため、自宅に男性FPを呼びたくない場合でも利用していけます。また、女性特有の疾病に関してなどの男性には話しにくい相談も女性ならやりやすくなるため、活用していきたいところです。

【こんな方にお勧め】
・忙しくて保険ショップに行けない方
・近くに保険ショップがない方
・小さい子供がいて思うように出かけられない主婦の方
・動くのが大変な妊婦さん
・相談内容を他人に知られたくない方
・経験豊富なFPさんに相談したい方
・女性FPを希望する方

訪問型のデメリット

自宅に来てもらう場合、掃除をする必要があります。小さいお子さんがいるご家庭ではどうしても多少はちらかってしまうものですが、それでも無料で保険相談をしてくれる人が来てくれるのですから、最低限は綺麗にしておきたいところです。

また、地域によっては近くに来てくれるFPさんが一人もいないという状況になる可能性もあります。その場合は一社だけではなくて複数社に申し込むか、または保険ショップを探すことも検討する必要が出てきます。

あと、来てもらったFPさんによって取り扱っている保険会社の数が異なるという点は注意したいです。もしかすると来てくれたFPさんが現在自分が気になっている保険商品を取り扱っていないという状況もあるかも知れません。その場合は無理して相手に合わさず、正直に伝えましょう。

ちなみに、「来てもらっているから、契約しないと悪いかな・・」という負い目を感じてしまう人もいますが、本当に納得できる保険を見つけない限り、安易には契約しないことをお勧めします。もし、どうしても負い目を感じてしまうようであれば、自分から出向く「来店型」の方が合っているかと思われます。

来店型のメリット

来店型は基本的に自分が保険ショップなどの店舗に出向くため、訪問型のように「来てもらったのに契約に至らなかったら悪いなぁ・・」という負い目がないので、訪問型よりも気軽に相談できます。

また、保険ショップによって取り扱っている保険会社が決まっているため、詳しい解説が欲しい商品が決まっている場合はその保険会社を取り扱っているショップに行くことでスムーズに話を進めることが出来ます。

そして多くの保険ショップではキッズスペースを用意してくれていたり、お子様向けのオモチャなども用意されていたりします。遊び盛りの子供がいる場合は保険ショップの方が余裕を持って話を聞ける状況を作れるかも知れません。

【こんな方にお勧め】
・自宅近く、もしくは会社帰りに複数の保険会社を取り扱っている保険ショップがある方
・気軽に相談したい方
・遊び盛りの子供がいて、自宅相談だと子供の動向が気になって集中出来なそうな方

来店型のデメリット

訪問型と比べた際に一番気になる点は、保険ショップには入社したての経験が浅い人や、保険に対しての知識がまだまだの人が相談相手になる可能性があるというところでしょう。訪問型は基本的に一定の年数を超えた経験者が来てくれるので、保険の知識に関する点で言えば訪問型の方が外れが少ないのです。

また、ショップによって取り扱っている保険が決まっていることはメリット部分でもお話しましたが、この点はデメリットにも成り得ます。取り扱っていない会社の保険は基本的に紹介されないからです。

なので、もし興味がある保険がすでにあり、そこと他社商品との比較を望む場合は、あらかじめその保険を含む複数社を取り扱っている保険ショップを選ぶ必要があります。

最後に、店舗によっては女性スタッフも在籍しているかも知れませんが、必ずいるとは限りません。もし女性を希望していながらも近くの店舗では女性スタッフがいない場合、LIFULL保険相談などで他の保険ショップを再度検索するか、もしくは訪問型のFPのチカラで女性FPさんを希望した方がいいと思います。

【ワンポイントアドバイス】信頼できる人を探せるかどうかがカギとなる

「訪問型」と「来店型」のどちらを選ぶにしろ、こちらの家庭や経済状況、そして心情をしっかりと理解してくれた上で、最適の保険を紹介してくれるような、信頼できる人を探せるかどうかがカギになります。まあ、それが難しいのですが・・。

契約させれば手数料を多く貰えるような商品のみを紹介してくる保険ショップの店員さん、FPさんもいないとは限らないので、注意して言動をチェックしていきましょう。不審な点があれば、担当者を変えてもらうなどの対処も必要になってきます。

また、信頼できる人を見つける可能性を少しでも高めるために、「訪問型」と「来店型」のどちらを選ぶにしても1社(1店舗)だけではなく、複数社の相談サービスに申し込むことをお勧めします。

どこがお勧めかはこちらのページで解説していますので、信頼できるFPさん探しに活用してもらえれば幸いです。

スポンサーリンク