マイカーにしろ、カーシェアリングにしろ、レンタカーにしろ、車を利用する人はETCカードを1枚は持っておきたいところです。

ETCカードがあれば高速道路に乗る際に料金所渋滞につかまることなくスムーズな移動ができるようになるため、今や車を利用する人には欠かせない存在になっていると言っても過言ではないからです。

また、国交省がETC義務化へ向けて動いているので、近いうちにETCカードを持っていないと高速に乗れないという状況になるかも知れません。

車に乗る機会が多いけど、まだETCカードを1枚も持っていないという方は、なるべく早めに発行しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク


カーシェアリング利用者もETCカードを発行しておこう

当サイトでは通勤・通勤・業務で車を使用しない場合、コスト削減のためにカーシェアリングを利用することを推奨しています。実際に計算してみると分かりますが、マイカーを持つよりも大幅にコスト節約になるからです。(詳しくはこちらのページで解説⇒マイカーとカーシェアリングの料金比較と、それぞれのメリットとデメリット

そしてカーシェアリングの場合、大抵どの会社のどの車両にもETC車載器とカーナビは付いているため、私たちはETCカードを持っているだけでETCを利用できるようになります。

「高速道路には乗らないようにしてるし、今はETCカードはいらないかな・・」という方もかなりいると思いますが、いつ家族や恋人・友人・親戚の要望で高速に乗らなければいけない事態に陥るか分かりませんので、不測の事態に備えたい場合はやはり1枚は持っておく方が良いと言えるでしょう。

義務化になったら結局は1枚持っておくことになるのですから、今の内に発行しておくのが無難と言えるのかも知れません。

ETCカードはクレジットカードによって発行費用と年会費が無料のところもありますので、無駄なお金を使いたくない場合は無料のところを狙って発行していきましょう。

どのETCカード(クレジットカード)がお勧めなのか?

ETCカードは何らかのクレジットカードを持っていれば発行できるようになっています。

ただし、クレジットカードによって発行費用と年会費が無料のところと有料のところに分かれますし、サービス内容も違ってきますので、少しでもお得にETCを利用していきたいなら新たにクレジットカードを発行することも視野に入れた方が良いでしょう。

どのクレジットカードでETCカードを発行するのが良いのか?については、こちらのページで詳しく解説しています。
⇒鋭意作成中

管理人taka管理人taka

クレジットカードによってサービス内容はかなり変わってきますので、出来るだけ納得できるところを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク