マイカーを持っているけど、通勤・通学は電車・自転車を利用していて、車はたまに乗るくらい・・。

そんな人にはカーシェアリングが凄くお勧めです。もしも今乗っている車にそれほど愛着がなく、車の維持費や駐車場代・保険代・車検・自動車税などのコストをもっと節約したいと考えたことがあるのであれば、カーシェアリングはかなりの助けになる可能性を秘めています。

もし月に半分以下くらいしか車に乗らないのであれば、カーシェアリングにすれば10年間で300万円以上のコストダウンになることも十分にあり得ます。

月に2万7,000円くらいお得になるので、車のコスト削減を真剣に考えている方は是非ともこのページをチェックしていってください。

管理人taka管理人taka

東京・大阪近郊などの都市部にお住いの方に特にお勧めしたい情報ですが、都市部ではなくても車をあまり使わないという人で近くにカーシェアリングのステーションがある方にもかなりお勧めです。

スポンサーリンク

10年間のコスト比較

マイカー所持の場合の10年間のコスト

新車を買って週に2~3回くらいしか乗らない場合、長く見積もるなら10年間くらいは買い替えしなくても大丈夫だと思います。

そんな訳で、分かりやすく10年間のコストを比較してみようと思います。

【利用例】
・ヴォクシー(新車:300万円)
・週3回乗車、月間で約14回乗車
・1回の乗車時間は2時間程度
・千葉県習志野市在住の場合

一応ですが、人によって利用頻度は異なりますし、住んでいる場所も違えば駐車場代も違ってきます。なので、あくまでも大体の価格での比較となることをご理解いただけるとありがたいです。

では、いきます。

新車のヴォクシーをマイカーにした場合を例に、10年間のコストを計算してみました。

車両購入費 300万円(ヴォクシー:新車)
ガソリン代 週3回程度の乗車
月間:4,500円
10年間:54万円
※ ガソリン代は低く見積もっています。
実際はこれよりかかる人が多いと思います。
駐車場代 千葉県習志野市在住の場合
月間:10,000円
10年間:120万円
保険料 ソニー損保、車両保険付き
10年間:80万円
車検 1回の車検費用:10万円
4回で40万円
自動車税 40万円
合計 634万円
(中古の場合はマイナス50~100万円)

新車のヴォクシーを購入した場合、10年間で大体634万円のコストがかかる計算になります。

さらに車を維持するうえで修理代やメンテナンス代などもかかってきます。さらに東京在住の方は駐車場代が倍以上かかるので、それらを含めれば700万円以上のコストになるだろうと思います。

※ カーシェアリングは皆でシェアする利用形態なので実質的には中古利用になりますが、マイカーは新車で計算しました。中古の場合はこれよりも50~100万円くらいコストは安くなると思います。

カーシェアリング利用時の10年間のコスト

カーシェアリングは大手3社のカレコ、タイムズカープラス、そしてオリックスレンタカーの10年間のコストを計算してみました。

マイカーの時とほぼ同じ、週3回の乗車ペースで計算しています。

【月間の利用例】
・カレコはヴォクシー利用時
・タイムズカープラスとオリックスカーシェアはアクア利用時で計算
・12時間パックの利用を1回
・6時間パックの利用を2回
・2時間利用を4回
・30分利用を8回
・合計で月間15日乗車
・走行距離は300km

カレコ・カーシェア
リングクラブ

ベーシックプラン
タイムズカープラス オリックスカーシェア
個人Aプラン
初期費用
(入会金・カード発行料)
1,500円 1,550円 1,000円
月会費 980円 1,030円 2,000円
無料利用分 -980円 -1,030円 -2,000円
時間料金
(月間)
24,700円 24,618円 21,100円
距離料金
(月間)
1,700円
(6時間以下は無料)
1,600円
(6時間以下は無料)
4,500円
10年間の合計料金 316万9,500円 314万7,710円 307万3,000円

3社とも大体310万円前後くらいという結果になりました。料金設定は3社ともかなり違っているので、けっこう差が出るのかな?と思っていたのですが、見事に同じくらいのコストになりましたね。

ちなみに、カレコは平日プランの平日利用、そしてコンパクトカーを利用すれば上記よりもかなり安上がりになります。ただし、ほぼ東京23区内にしかないですが。

※ カーシェアリングは近くのステーションに目当ての車がない場合が多々ありますので、表の「時間料金」と「距離料金」は数値が多少前後します。なので、あくまで一例としてご覧いただけたらと思います。

マイカーよりカーシェアリングの方が圧倒的にお得という結果に

月の半分である15日間もカーシェアリングを利用するという、かなり利用頻度が高い場合を想定した計算をしましたが、それでも全然カーシェアリングの方が安いという結果になりました。

【10年間のコスト】
マイカー(ヴォクシー):634万円
カレコ:316万9,500円
タイムズカープラス:314万7,710円
オリックスカーシェア:307万3,000円

【月間のコスト】
マイカー(ヴォクシー):約5万3,000円
カレコ:2万6,413円
タイムズカープラス:2万6,231円
オリックスカーシェア:2万5,608円

カーシェアリングであれば、3社ともマイカーの半額以下という結果です。320万円くらいの差が付いています。

マイカーの634万円と比べると、カーシェアリングの方がコスト面では圧倒的な勝利と言えるでしょう。

管理人taka管理人taka

マイカーの修理代やメンテナンス代などを含まめると、実質は350万円~400万円くらいの差になると思います。こうして見るとマイカーの出費はかなり痛いですね。

ちなみに、マイカーをヴィッツ、またはアクアにした場合、マイカーのコストは大体550万円~600万円くらいにまで下がりますが、それでもカーシェアリングの方が圧倒的にコスト面では良いという結果になります。

このことから、マイカーに特別な愛着があるわけではなく、通勤・通学・業務に車を利用していないという方は、カーシェアリングに切り替えると大幅なコストダウンに繋がるため、真剣に検討した方が良いかも知れません。

月に約2万7,000円くらい、10年で300万円以上のコストを削れるという結果は、ちょっと見逃せないものがあります。

それぞれのメリット・デメリットを考慮し、合う方を選ぼう

コスト面だけで見るとカーシェアリングの方が圧倒的にお得という結果になりましたが、マイカーにはマイカーの魅力(メリット部分)があり、そしてカーシェアリングにもそれなりにデメリット部分があります。

コスト面だけでなく、それぞれのメリットとデメリットを考慮し、自分に合った方を選ぶのが一番間違いないかと思います。

マイカーのメリット・デメリット

【メリット】
・車好きの方には何物にも代えられない
・好きなようにカスタマイズできる
・通勤・通学・業務に使う場合は不可欠
・いつでも使えるので、精神的に楽
・時間制限なく、自由に乗れる

【デメリット】
・カーシェアリングよりかなりコストがかかる
・車検、故障、駐車場所など、管理が面倒
・洗車などの手間がかかる

マイカーのデメリット部分はコストの高さと手間・管理の面でほぼ占められます。

逆に利便性はとても高いので、コストがかかっても不便の方が嫌だという場合はマイカーを手放さない方が良いでしょう。

カーシェアリングのメリット・デメリット

【メリット】
・マイカーより圧倒的にコストが安い
・ガソリン代無料で、保険料も利用料金に含まれる
・管理する必要がなく、場所を取らない
・出先・旅先で借りることができる

【デメリット】
・カスタマイズは一切出来ない
・基本的に登録した会員しか使えない
・予約時間、返却時間を守らないといけないため、自由性に欠ける
・車種がかなり限られている
・運が悪いと乗りたい日に予約が取れない可能性がある
・近くにステーションがない場合、利用すら難しくなる

基本的にはマイカーよりも不便ですが、コスト面では安いというのが特徴です。車を管理する必要がないというのも、特に車好きではない方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、近くにステーションがない場合は利用すらできませんので、まずはステーション探しから始めないといけません。

コストの低さが非常に大きな魅力になりますので、ここを最優先する方はカーシェアリングを検討した方がいいと思います。

カーシェアリングを一度使ってみよう

カーシェアリングに興味がある方は、まずは一度使ってみることをお勧めします。

それにより

  • 自宅近くにどの会社のステーションがあるのか
  • ステーションに置いてある車種は何か
  • カーシェアリングの使い心地は良いか、悪いか
  • 時間制限があるドライブは慣れそうか
  • 色々な人と車をシェアすることに対し、ストレスを感じるかどうか

などが分かると思います。

利用面ではマイカーよりも多くのストレスを感じるかも知れませんが、もし今後のコストが大幅に削減できることを一番に重要視するのであれば、是非ともカーシェアリング生活にチャレンジしてみてください。

そして「やっていけそうだ」と感じたら、そのままマイカーを売り、カーシェアリングの会員継続で問題ないでしょう。(マイカーは売る前に無料の査定をし、少しでも高く売れるところを探しておきましょう。詳しくはすぐ後の項目で書いてます)

もしもカーシェアリングが合わず、デメリット部分がコスト差以上のものだと感じるのであれば、会員は解除してマイカー生活に戻るのが良いと思います。

大手カーシェアリングサービスはタイムズカープラス、オリックスカーシェア、カレコ、アースカーの4つです。まずはステーションが近くにあるかどうかを探してみることをお勧めします。

もしも近所にいくつもステーションがある場合は

  • 東京23区内であればカレコ
  • それ以外であればタイムズカープラス

をお勧めします。

理由についてはこちらの⇒カーシェアリングを徹底比較!お勧めはどこなのかを考察のページで解説していますので、良ければチェックしてみてください。

試しにマイカーを査定してみよう

カーシェアリングに乗り換えようかな・・と真剣に考えている方は、試しに今自分が乗っている車がいくらで売れるのかを査定してもらってはいかがでしょうか。

例えば個人的にお勧めの査定業者である「楽天オート」であれば、査定を頼むと最大10社へ査定依頼が可能で、さらに成約すると3,000ポイントが貰える仕組みになっています。

買取業者によって査定額はかなり違ってきますので、10社を一気に比較して一番高い値を付けてくれた所に売ることが出来るのは嬉しいですね。

査定は車の情報の他に、名前、住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報も入力します。

もちろん査定は無料ですが、査定の時に入力した電話番号やメールアドレスに車買取業者から連絡がきます。ですが基本的にしつこい勧誘などはありませんので、気軽に査定することが出来ます。

コスト節約のためにカーシェアリングに変えようと考えている方は、結局いつかはマイカーを売ることになります。

今の時点でいくらで売れるのか、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

「楽天オート」の詳細はこちらからチェックできます。
楽天オート無料一括査定のメリットとデメリット、査定前の注意点など

また、お勧めの査定業者についてはこちらのページで解説しています。より高く売るためにはやはり複数業者に査定してもらうという方法は外せませんので、いくつかお勧めを知っておきたいという方は参考にしてもらえればと思います。
中古車一括査定で個人的に絶対外せない3つのお勧め業者

番外編:レンタカーでの代用はちょっと厳しいかも

カーシェアリングでマイカーの代用が出来るのであれば、レンタカーでも出来るのでは?と思うかも知れません。

ですが、週に2~3回くらいのペースで短時間の乗車というスタンスは、残念ながらレンタカーは全く向いていません。

主な理由を以下の表に書いておきます。

  • レンタカーは1回の乗車で6時間からの条件でしか借りられない
    ⇒カーシェアリングは10~15分単位で借りられる
  • 1回の乗車で6,000円以上かかってしまう
    ⇒カーシェアリングなら数百円単位で借りられる
  • 保険に入る場合は毎回書類を書かねばならず、保険代として1日に1,000円くらいかかる
    ⇒カーシェアリングは利用料金に保険代が含まれており、手続きも不要
  • 返却は営業時間内でないといけない
    ⇒カーシェアリングは予約時間内であれば何時でも自由

12時間以上であればレンタカーの方がお得になることもありますが、6時間以下の場合であればカーシェアリングは利用時間に見合った料金で済みますので、週2~3回の短時間利用の場合は圧倒的にカーシェアリングの方が使いやすいと言えます。

お勧めのカーシェアリング会社をお探しの方へ

カーシェアリングをこれから利用しようとしている、またはすでに利用しているけど他にお勧めがあればそちらも使いたいと考えている方に向けて、料金が安く、サービス内容が良いカーシェアリング会社を紹介しているページを作りました。

若干文章が長くなっているので読みずらいかも知れませんが、一番お勧めのカーシェアリング会社が知りたい!という方は是非チェックしてみてください。
カーシェアリングを徹底比較!お勧めはどこなのかを考察

スポンサーリンク