年間保険料:2,750円~
賠償責任(限度額):1億円

楽天損保のゴルフ保険「ゴルフアシスト」は大手損保の中では保険料が特に安いため、リーズナブルな保険を求める方に向いています。

また、賠償責任の限度額が1億円、示談交渉サービス付きのため、第3者にケガを負わせた場合の高額賠償を安心して任せられます。他のゴルフ保険と比べると、この点が大きなメリットとなっています。

熱中症も補償してくれますし、当日でもネットから簡単に加入することができるため、ゴルフ保険を探している方はチェックしておいて損はないでしょう。

このページの中身

楽天損保「ゴルフアシスト」の補償内容

契約タイプ:
項目ゴールドプラチナダイヤモンド
第3者に対する
賠償責任
1億円1億円1億円
ゴルフ用品損害10万円20万円30万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
10万円20万円30万円
死亡・後遺障害300万円300万円500万円
入院日額3,000円3,000円5,000円
通院日額1,000円1,000円1,000円
年間保険料2,750円4,950円7,350円
補償内容
死亡保険金ゴルフの練習、競技または指導中の事故によるケガのため、事故の発生日からその日を含めて180日以内に死亡した場合、保険金をお支払い。
・国内、国外を問わない
・ゴルフ敷地場内での事故に限る
後遺障害保険金ゴルフの練習、競技または指導中の事故によるケガのため、事故の発生日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合、保険金額の4~100%をお支払い。
・国内、国外を問わない
・ゴルフ敷地場内での事故に限る
入院保険金事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院日数1日につき、入院保険金日額をお支払い。
・国内、国外を問わない
・ゴルフ敷地場内での事故に限る
手術保険金事故の発生日からその日を含めて180日以内に手術を受けた場合、入院保険金日額の10倍(入院中の手術)または5倍(入院中以外の手術)の保険金をお支払い。
・国内、国外を問わない
・ゴルフ敷地場内での事故に限る
通院保険金事故の発生日からその日を含めて180日以内の通院日数1日につき、90日を限度として通院保険金日額をお支払い。
熱中症危険補償日射または熱射により身体に障害を負った場合、上記の保険金額をお支払い。
第三者に対する賠償責任の補償国内、国外を問わずゴルフの練習、競技または指導中に、偶然な事故によって他人を死傷させ、または財物に損を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に損害賠償金をお支払い。

※ 示談交渉付き。

ゴルフ用品の損害ゴルフ用品の盗難およびゴルフクラブの破損・曲損が起きた場合に、時価額を基準に算定した損害額をお支払い。
・国内、国外を問わない
・ゴルフ敷地場内での事故に限る
ホールインワン・アルバトロス費用国内でゴルフ競技中にホールインワンまたはアルバトロスを達成された場合、慣習として出費を余儀なくされる費用(実費)をお支払い。

※ 目撃者がおらず、証明できない場合については保険金の対象とならない

メリット部分・注目ポイント

保険料が安いうえに、補償内容がかなり充実している

楽天損保のゴルフアシストはゴルフ保険の中でも特に安い保険料(年間2,750円)でありながら、賠償責任の限度額が1億円で示談交渉付き、死亡・後遺障害も300万円が用意されているという魅力的な補償内容となっています。

以下の表は大手損保で内容を比較しているのですが、表で見ると保険料の安さと賠償責任の充実さがすぐに分かるかと思います。

項目楽天損保
ゴルフアシスト
三井住友海上
ネットde保険@ごるふ
損保ジャパン日本興亜
ゴルファー保険
年間保険料2,750円3,000円5,000円
第3者に対する
賠償責任
1億円5,000万円3,000万円
示談交渉×
ゴルフ用品損害10万円10万円15万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
10万円10万円20万円
ゴルファー自身の
ケガの補償
300万円320万円734.9万円

第3者に対する賠償責任に関しては、楽天損保が頭二つ分くらい抜け出していることが分かります。限度額はもちろん、示談交渉サービスがしっかり付いているのが良いですね。

ただ、ケガの補償(死亡・後遺障害)や、ホールインワン・アルバトロス費用は他と比べると少ないという印象を受けます(その分保険料が安くなっているのですが)。

そこの補償を求めるなら損保ジャパン日本興亜も良いかという選択肢も出てきますが、やはり一番怖いのは相手にケガを負わせた場合の高額賠償ですので、そうなると損保ジャパンの3,000万円限度という少なさだと万が一の際は不安が残ってしまいます。

その辺の補償内容のバランスと保険料の安さを考えると、個人的には楽天損保のゴルフアシストが一番選びやすいかなと思えます。

安いプランでも賠償責任限度額が1億円で、さらに示談交渉サービスも付いている

他の大手損保では賠償責任の限度額が3,000万円や5,000万円くらいとなっているのが現状ですが、ゴルフボールを目に当てて失明させてしまったとして賠償金3,000万円以上が請求された例(週刊ゴルフダイジェスト 7/10号)もありますし、今後さらなる高額賠償が請求されるような事故を起こしてしまう可能性はゼロではありません。

そのため、3,000万円~5,000万円では決して安心な額とは言えないのが現状ですので、やはり賠償責任の限度額は1億円は欲しいのが正直なところです。人の生死にかかわる事故が起きた場合、そのくらいの高額賠償になりかねませんので。

楽天損保のゴルフアシストは一番安いプランでも限度額が1億円となっているため、この点はかなりの安心感があると言えるでしょう。

また、年間保険料が数千円程度のゴルフ保険では示談交渉サービスが付いていないところも多いですが、ゴルフアシストでは示談交渉サービスがしっかりと付いてるのも見逃せません。

示談交渉サービスが付いていないと、事故を起こしたときに自分で交渉していかないといけませんので、苦手な方には非常に大きなストレスとなってしまいます。

実は私もそのような交渉はとても苦手なため、もしゴルフ保険に加入するなら絶対に示談交渉を任せられる商品を選ぶと思います(^^;)

当日でも簡単にネットから申し込める

ゴルフアシストはゴルフ当日でもネットから簡単に申し込むことができます。

保険への加入というのはやはり面倒になりがちですので、先延ばしにしてしまっている人もたくさんいるかと思います。その場合でも当日のゴルフ前に簡単に加入することができるというのは、この保険の一つのメリットなのではないかと思っています。

ちなみに、基本的にクレジットカード払となっていますので、ポイントも貯めることができます。

熱中症も補償してくれる

真夏の暑い日のゴルフは、熱中症のリスクを大幅に高めます。症状が重いと救急車で運ばれてそのまま入院・・ということも珍しくありません。

他の損保のゴルフ保険ではそのような熱中症での入院は対象外になっていたりするのですが、楽天損保のゴルフアシストは何とゴルフプレー中の熱中症も補償してくれるのです。

最近は年々暑くなっており、熱中症のリスクはもはや他人事ではなくなってきています。そのため、熱中症も補償してくれるのはかなりありがたいと言えるでしょう。

管理人taka管理人taka

実際にゴルフ場で熱中症にかかってしまう方は毎年必ず一定数いますので、真夏にラウンドを回る際は、命を守るために必ず熱中症対策(休む・水分をとる・クールダウンする等)はしておいてもらえたらと思います。

注意点・デメリット部分

保険料はゴルフ保険の中でも特に安いのですが、その分ケガの死亡・後遺障害の保険金やゴルフ用品の損害、ホールインワン・アルバトロス費用補償は少な目となっています。

なので、それらも充実させたい場合は保険料が高いプランにする必要があります。

ただ、ゴルフ中の自身の死亡などはかなり確率が低く、そのために高い保険料で備えるのもちょっと考えものです。また、ホールインワン・アルバトロスを出す確率は非常に低いし、万が一達成したとしても祝賀会にかかる費用が高すぎるためにあえて公表しないという選択を取る人もいますので、必ず必要という訳ではありません。

そう考えるとゴルフ保険自体の必要性はそれほど高くないと言えますが、やはり相手にケガをさせた場合の高額賠償がかなり怖いので、その点に備えるために安いゴルフ保険に加入すれば良いのではないかと思っています。それを考慮すると、やはり楽天損保のゴルフアシストは保険料の安さと補償内容のバランスが取れているので、とても加入しやすいと言えます。

また、セルフプレー中に達成したホールインワン・アルバトロスは保険金支払いの対象にはなりませんので、その点にご注意を!(1名以上のパートナーと共に、正規にラウンドした場合でないと対象にはなりません)

管理人の最終評価

保険料が安く、賠償責任の限度額が1億円あり、示談交渉サービスも付いているなど、他のゴルフ保険と比べても多くのメリットと魅力を持っています。

現状では個人的に最もお勧めだと思いますので、リーズナブルで中身が良いゴルフ保険を探している方は是非ともチェックしておいてください。ゴルフ当日でもネットで簡単に加入できます。

公式ホームページはこちらから
ゴルフアシスト|楽天損保

この記事を書いた人

木暮 敬嘉
taka
当サイト「takaの保険節約術」運営者、株式会社うぇぶりょく代表、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者。骨折&手術で身をもって保険の大切さを知って以降、独学で身に付けた保険の知識を紹介するようになりました。FPから紹介された保険の見直しもやってます。保険だけでなく安定度の高い資産運用方法を常に模索していますので、興味がある方はLINEの方でご質問を。ラーメン、焼肉、テニス好き。

友だち追加

↑ 保険や投資の最新お勧め情報を配信しています♪ takaが指定する保険相談サービス利用が条件ですが、紹介された保険の見直しもやってます(^^)

保険契約を検討される際には、契約概要を必ずご確認下さい。

保険を探している方はこちらへどうぞ


スポンサーリンク