保険料(月額):500円

先進医療と臓器移植の保障のみというシンプルな保険です。私が知る限りでは、先進医療保障に特化している保険商品はこれが初めてであり、他にはないかと思われます。

保険料が月々500円のという安さが魅力であり、医療保険やがん保険に入らなくても先進医療の高額自己負担に備えられるという点が注目ポイントです。

反対に、医療保険・がん保険に加入すると特約として月々100円程度で先進医療の保障が付けられるため、その場合はこの保険は必要ありません。

保険料が高くて他の保険への加入を迷う方、または先進医療の保障だけが欲しいという方はチェックしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク


押さえておきたい注目ポイント

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「Linkx coins(リンククロス コインズ)」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

先進医療と臓器移植の保障に特化した保険
「保険」というものの本質に沿っている
月々500円のため、医療保険やがん保険に加入しようか迷う方にもおすすめ
先進医療保障だけで考えた場合、保険料は割高
69歳までしか加入できない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

Linkx coins(リンククロス コインズ)の詳細

保障内容

項目 内容
契約年齢 20歳~69歳
保険料 月々500円
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:1年
保険料払込期間:1年
保障内容 【先進医療給付金】
先進医療による療養を受けた時に、技術料相当額が支払われる。(通算2,000万円限度)
【先進医療一時金】
先進医療給付金が支払われる療養を受けた時、1回につき5万円が支払われる。
【臓器移植医療給付金】
所定の移植術を受けた時に、1,000万円が支払われる
払込回数 月払のみ
払込方法 クレジットカード払
保険料の
払込免除
なし
資料請求、
申込み
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命公式サイトよりお願いします
Linkx coins(リンククロス コインズ) | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

メリット部分

先進医療と臓器移植の保障に特化した保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は医療保険やがん保険に入ることなく、先進医療の保障(+臓器移植の保障)を得ることができる保険です。

私が知る限り、先進医療保障に特化した保険商品が販売されたのはこれが初めてだと思います。

基本的に先進医療の治療費は健康保険が適用されず、全額自己負担になってしまいます。特にがん治療などに利用される重粒子線治療と陽子線治療は非常に高い治療費を要求されます。

重粒子線治療:約309万円
陽子線治療:約276万円

200万円、300万円を超える治療をすべて自己負担で・・というのはかなり厳しい話です。ですが今やがんは国民の2人に1人がかかるといわれるくらいの病気のため、重粒子線治療も陽子線治療も自分には関係ないとは言い切れないのが現状です。

そんな状況を想定した時に役立つのが先進医療保障です。リンククロス コインズは月々500円で加入できるため、保険料の関係で医療保険やがん保険に入りたくないという方でも気軽に利用しやすいのが大きなメリットとなっています。

また、先進医療だけでなく、臓器移植をした際に1,000万円を保障してくれるのも注目ポイントです。日本で臓器移植をする場合は公的医療保険が適用され、高額療養費制度も利用できるため、臓器移植の保障は特に必要ないように思えます。

ですが臓器移植をするということは仕事をしている余裕がなかったり、または手術後に何らかの障害などが残る可能性もゼロではありません。

そのため、当面の生活費や自宅の修繕費用などでその1,000万円がかなり役立つことも考えられます。臓器移植の保障は特にいらないようにも思えますが、移植の前後のことなどを色々と考えてみると必要になる可能性が高いのも事実です。

「保険」というものの本質に沿っている

基本的に先進医療や臓器移植は共にお世話になる可能性はすごく低いですが、もし利用する状況になった時はこの保障はとても役立ってくれるでしょう。

「安い保険料で大きな金額を保障する」というのは保険というものの本質に沿っていますので、その点で考えるとリンククロス コインズはかなり価値のある商品なのではないかと思います。

月々500円のため、医療保険やがん保険に加入しようか迷う方にもおすすめ

リンククロス コインズは月々の保険料が500円という安さです。そのため、医療保険やがん保険に入りたいけど、月々の保険料を払うのがかなり厳しい・・というご家庭の方でも利用しやすいというメリットを持っています。

また、そもそも病気になった時の治療はほとんどが公的医療保険の範囲です。それに高額療養費制度も利用できるため、医療保険に関してはそれほど必要性が高くないと思えるのが現状です(あくまで個人的意見です。がん保険はそれなりに必要性が高いとは思いますが。)

やはり、特に備えておきたいのは先進医療の全額自己負担です。これに関しては数十万~数百万円の治療費がかかってしまうため、医療保険には入っていなくても先進医療の保障は欲しい!と考えるのも自然なことです。

リンククロス コインズはそんな先進医療の治療費を保障してくれるので、保険料の関係で医療保険やがん保険に加入しようか迷っている方にもかなりお勧めできます。

デメリット部分

先進医療保障だけで考えた場合、保険料は割高

先ほどまでは「リンククロス コインズは安い!月々500円なんてすごい!!」と言いましたが、それはあくまでも医療保険やがん保険に加入しない場合の話です。

基本的に医療保険やがん保険には先進医療特約が用意されており、自由につけることが出来るようになっています。しかも、大体どの商品も月々100円程度で先進医療特約を付けられるようになっているのが現状です。

確かにリンククロス コインズには先進医療保障の他に臓器移植の保障もついていますが、それを考慮しても100円と比べてしまうと500円というのは少し割高な気がしますよね。

なので、医療保険やがん保険に加入する予定という場合は、そちらの特約として先進医療の保障を付けるのが値段的にベストとなります。その場合は臓器移植の保障はないですが、そもそも臓器移植をする可能性はとても低いものなので、なくても困ることはないかと思います。

69歳までしか加入できない

リンククロス コインズは69歳までしか加入できません。

病気は年を取ってからの方が圧倒的になる可能性が高く、先進医療の治療もそれに比例します。そのため、69歳以降は入れないというのは大きなデメリット部分だといえるでしょう。

管理人の最終評価

医療保険やがん保険のどちらかに加入しているのであれば特に必要のない保険です。加入している保険の特約として先進医療保障を付けるのがベストです。

ですが、どちらにも加入しておらず、その理由が「保険料が高いから」というのであれば、この保険は検討する価値が十分にあるかと思います。

ただし、69歳までしか加入できませんので、それ以降も保障を求めたい場合は医療保険かがん保険を検討してください。

資料請求は公式サイトからどうぞ
Linkx coins(リンククロス コインズ) | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

スポンサーリンク