基本的には海外で病気やケガをし、治療を受けた際には治療費は全額自己負担になります。日本のように支払い時点で3割負担になる訳ではありません。

ですが、やはり日本の健康保険は優秀なもので、「海外療養費」というありがたい制度があり、これによって最終的には全額自己負担にということがなくなります。これは海外での治療後に日本へ帰り、申請をすることで一部医療費の払い戻しが受けられるという制度なのです。

さすが日本の健康保険です。素晴らしいですね。

スポンサーリンク

注意!「海外療養費」は治療費の7割が返ってくる訳ではない

ただし、この海外療養費にはちょっとした落とし穴があります。それは「海外で支払った治療費の7割が返ってくるのではなく、その治療を日本の医療機関で受けた場合にかかる治療の7割が返ってくる」ということです。

どういうことか。

例えば海外で20万円の治療を受けたとします。順当に考えれば20万円の7割である14万円は返ってくると思ってしまいますよね。ですがその治療をもし日本で受けたなら10万円で済むという場合、10万円の3割である3万円のみが自己負担となり、残り7割の7万円しか戻ってこないのです。

つまり、14万円-7万円=7万円分の治療費が余計に支払ったということになります。海外旅行中なのでしょうがないとはいえ、ちょっと痛い金額となりますね。

もちろん、国によって治療費は変わり、治療費が低い国であれば損をする割合も少なくなります。ですがアメリカなどの治療費が高い国の場合はその差額がかなり大きいため、日本で受けた時よりもかなり自己負担額が高くなってしまいます。

そんな厄介な海外での医療費の自己負担を防ぐためには、やはり海外旅行保険に加入しておくのがベストと言えます。保障金額の範囲内なら全て補償されますので、提携病院で医療費キャッスレスで治療してもらえば、自己負担額が0円になってくれるのです。

海外旅行の心配の種の一つである医療費の問題を考えなくて済むようになるのは、やはり大きな安心感がありますね。それだけでも海外旅行保険を検討する価値はあると言えます。

海外旅行保険に入っていれば医療費はキャッシュレス!

一般の海外旅行保険に加入した場合、その損害保険会社が提携している病院であればキャッシュレスで治療が受けられます。つまり、保障の範囲であればその場で1円も支払う必要がありません。

アメリカなどの医療費が高い国だと、旅行中に病気になった場合は平気で100万円単位の治療費になりかねません。そんな大金を旅行中に用意するというのも難しい話なので、海外旅行保険の医療費キャッシュレスサービスはかなりありがたいサービスなのです。これだけのために海外旅行保険に入る価値があると言えますね。

実はクレジットカード付帯の保険にも医療費キャッシュレスが付いている!?

ちなみに、医療費キャッシュレスサービスは一般の海外旅行保険であれば大抵付いていますので安心ですが、実はクレジットカード付帯の保険にもカードによっては付いていたりします。

年会費無料のカードの中ではエポスカードがそうです。エポスカードは年会費無料の中では珍しく自動付帯(海外旅行の際に条件なしで保障が適用される)でもあるので、海外旅行保険の際には重宝することでしょう。かなりお勧めのカードの一つです。

医療費キャッシュレスなどのサービスが付いているクレジットカードをチェックしたい場合は、こちらのページをご覧ください。
海外旅行保険付帯のクレジットカードはこれを選ぼう!最もお勧めなカードを選んでみました

通常の海外旅行保険のお勧めを知りたい場合はこちらのページをどうぞ。
人気の海外旅行保険の中でお勧めなのはこれ!

スポンサーリンク