男性の保険料(月額):2,629円
女性の保険料(月額):2,656円
(30歳、入院日額5,000円、がん治療給付金・先進医療特約付き)

保障内容の違う2つのコースを設けている医療保険です。「エコノミーコース」は入院・手術の保障しかありませんが保険料はかなり安く、「おすすめコース」はがん・先進医療給付金も付いていますが保険料が高めという内容です。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、この保険を検討するなら特にデメリット部分は両方ともチェックしておきましょう。

スポンサーリンク


押さえておきたい注目ポイント

ライフネット生命の医療保険「新じぶんへの保険」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

日帰り入院でも5日分の入院給付金
エコノミーコースの保険料がかなり安い
健康サポート24が利用できる
がん治療給付金に上皮内がんが含まれない
全体的に内容に気になる点が多い

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

新じぶんへの保険の詳細

男性の月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身払
・入院保険日額:5,000円

契約年齢 エコノミーコース
(入院・手術のみ)
おすすめコース
(がん、先進医療給付金付き)
20歳 1,102円 1,901円
30歳 1,470円 2,629円
40歳 2,000円 3,723円
50歳 2,721円 5,290円

女性の月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身払
・入院保険日額:5,000円

契約年齢 エコノミーコース
(入院・手術のみ)
おすすめコース
(がん、先進医療給付金付き)
20歳 1,169円 2,024円
30歳 1,463円 2,656円
40歳 1,807円 3,449円
50歳 2,357円 4,526円

※ 上の表は2017年1月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

エコノミーコースはパット見は保険料が安く感じますが、入院と手術のみのシンプルなプランで、先進医療給付金も付いていないことに注意する必要があります。

保障内容

項目 内容
種類 【医療保険】
・病気やケガで入院したとき、約款所定の手術を受けたときなどに保険金が支払われる
・保険料は掛け捨てで、解約返戻金や満期時の保険金として戻って来ない
契約可能年齢 20歳以上、70歳以下
入院日額 5,000円、8,000円、10,000円、12,000円、15,000円
入院した場合の支払い日数制限 1入院60日、通算1,095日まで保障
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:終身
保険料払込期間:終身、60歳まで、65歳まで
特約 特になし
払込回数 月払のみ
払込方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保険料の
払込免除
約款所定の障害状態になった場合には、保険料の払い込みが免除されます。
非喫煙者割引 なし
資料請求、
申込み
ライフネット生命公式サイトよりお願いします
終身医療保険「新じぶんへの保険」 特長 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

保障プランの例

項目 エコノミーコース おすすめコース
30歳加入時の
保険料
1,463円 2,656円
入院給付金 1日につき
5,000円
1日につき
5,000円
手術給付金 5万円
(入院給付金日額×10)
5万円
(入院給付金日額×10)
がん治療給付金 なし 50万円
(入院給付金日額×100)
先進医療給付金 なし 通算2,000万円まで
(受けた先進医療の技術料と同額)

メリット部分

日帰り入院でも5日分の入院給付金

新じぶんへの保険は5日以内の入院の場合、一律5日分の入院給付金を受け取ることができます。つまり、日帰り入院のように1日しか入院していない場合でも、5日分の給付金が支給される保障内容になっています。

最近は短期の入院が増えていますので、これはなかなかありがたいポイントと言えます。

エコノミーコースの保険料がかなり安い

新じぶんへの保険では入院・手術のみに備えられるエコノミーコースと、さらにがん・先進医療給付金がプラスされたおすすめコースの2つがあります。

このエコノミーコースは入院・手術のみというシンプルな保障内容ではありますが、保険料はかなり安くなっています。リーズナブルな医療保険を探している場合は、この安さは注目すべきだと言えます。

ただし、エコノミーコースにすると先進医療給付金を受けることができません。特約として付けることも出来ませんので、契約の際はその点に注意する必要があります(万が一を考えると、先進医療保障は重要かと・・)。

また、エコノミーコースにした場合、3大疾病の入院日数無制限は付いていません。他の医療保険では入院日数無制限は基本保障で付いている商品もあるので、この点はちょっと痛いですね。

健康サポート24が利用できる

新じぶんへの保険に加入すると、「健康サポート24」を無料で利用できるようになります。

これは自分や家族・子供の健康上の不安を感じた時に、24時間いつでも電話で専門家に相談できるというサービスです。赤ちゃんが夜中に熱を出して対処法に困っている・・という場合などにかなり役立つことでしょう。

具体的には以下のサービスが利用できます。

  • WEB相談窓口・・健康管理、出産・育児、家庭内介護、心の悩みなどを医師、看護師、心理カウンセラーなどに相談できる
  • WEB相談Q&A・・過去の相談事例を見ることができる
  • 気になる病気ガイド・・病気の防ぎ方や対策などについて解説
  • 育児まるまる解決百科・・育児に関する数多くのQ&Aを用意
  • からだにいいレシピ・・高血圧・高血糖などの悩みを持つ方にお勧めのレシピなど
  • からだと心のQ&A・・健康に関する様々なQ&Aを用意

デメリット部分

がん治療給付金に上皮内がんが含まれない

新じぶんへの保険は保険料が高めの「おすすめコース」にするとがん治療給付金が付くようになります。

このがん治療給付金自体はあって損はない保障ではありますが、初期のがんである「上皮内がん(新生物)」が対象外になっているのが気になります。

他の医療保険のがん治療給付金では上皮内がんも悪性新生物と同額の保障を用意してくれているところも多いため、せっかく保険料の高いおすすめコースにしたのに微妙な感じになっているのが残念です。

全体的に内容に気になる点が多い・・

上記の上皮内新生物が対象外というのもそうなのですが、新じぶんへの保険ではこのような「ちょっとイマイチ」と感じるところが他にもあります。

メリット部分で紹介した3大疾病時の入院日数無制限もそうですね。3大疾病時の入院日数無制限はオリックス生命の新CURE(キュア)などの他の医療保険では基本保障に含まれている場合が多いので、エコノミーコースにもこの保障は欲しかったです。

また、エコノミーコースで契約する場合は先進医療特約を付けることができないのも非常に気になります。個人的には万が一に備えるために先進医療保障はかなり必要性が高いと思っていますので。

エコノミーコースは確かに保険料は安いですが、先進医療保障を付けられないことと、3大疾病時の入院日数無制限がないことから、安いのは良いけど内容はイマイチ・・と感じざるをえません。

また、保障内容がしっかりしているおすすめコースにしても、新キュアよりも高い保険料でありながら上皮内新生物が対象外であるといった気になる点があります。

エコノミーコースにしても、おすすめコースにしても、他の医療保険と比べるとちょっとメリットが少ないな・・というイメージがありますね。

管理人の最終評価

エコノミーコースの保険料が安いのは確かに注目すべき点ではありますが、肝心の保障内容と釣り合っているかと言われると微妙なのが本音です。

他の医療保険と比較してから検討することが重要になるかと思われます。

公式サイトはこちら
終身医療保険「新じぶんへの保険」 特長 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

管理人taka管理人taka

医療保険をお探しの方はこちらの医療保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク