男性の保険料(月額):3,175円
女性の保険料(月額):3,150円
(30歳、入院日額5,000円、終身払、がん診断・先進医療給付金付き)

ソニー損保の医療保険にはSUREベーシック、SUREスマートフィット、SUREワイドの3つが用意されており、その中でもがんに対する保障がとても充実しているのがSUREワイドです。

医療保険の中でもがんの保障に関しては特に内容が良いですが、その分保険料がかなり高くなっています。

スポンサーリンク

押さえておきたい注目ポイント

ソニー損保の医療保険「SUREワイド」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

がんに対してかなり手厚い保障が用意されている
普通の病気での入院でも1回で120日まで保障してくれる
66歳以降はお得になる「60歳以降半額プラン」も用意されている
保障内容は良いが保険料がとても高い
通院保障がないのが痛い
終身払いしかない

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

SUREワイドの詳細

月払保険料の例
・保険(払込)期間:終身払
・入院保険日額:5,000円
・がん診断給付金、先進医療給付金付き

契約年齢 男性 女性
20歳 2,310円 2,410円
30歳 3,175円 3,150円
40歳 4,565円 4,255円
50歳 6,730円 5,915円

※ 上の表は2016年3月現在の保険料です。

管理人taka管理人taka

がんに対する保障がとてもしっかりしている反面、医療保険の中では保険料は特に高いです。

保障内容

項目 内容
契約可能年齢 満20~満70歳
入院日額 5,000円~10,000円
※ がんで入院の場合は2倍、消化器系のがんは3倍
入院した場合の支払い日数制限 ・1入院120日、通算1,095日まで保障
・がんの場合は支払日数無制限
保険期間と
保険料払込期間
保険期間:終身
保険料払込期間:終身払
主な特約 特になし
払込回数 月払
払込方法 口座振替
保険料の
払込免除
調査中
非喫煙者割引 なし
資料請求、
申込み
ソニー損保公式サイトよりお願いします
SUREワイド|医療保険(入院保険)ならソニー損保

保障プラン

項目 5,000円プラン 10,000円プラン
1回の入院の支払限度日数 ・120日
・がんの場合は支払日数無制限
【主契約】
入院給付金
(日帰りOK)
(通算1,095日限度)
・1日につき5,000円
・がんの場合は10,000円
・消化器系のがんは15,000円
・1日につき10,000円
・がんの場合は20,000円
・消化器系のがんは30,000円
【主契約】
手術給付金
(何回でもOK)
手術の種類に応じて5・10・20万円
【主契約】
がん診断給付金
(2年に1回を限度)
(何回でもOK)
悪性新生物:100万円
上皮内新生物:20万円(1回のみ)
【主契約】
先進医療給付金
・技術料と同額を保障
・通算2,000万円限度

メリット部分

がんに対してかなり手厚い保障が用意されている

ソニー損保の医療保険にはSUREベーシック、SUREスマートフィット、SUREワイドの3つが用意されています。このページで解説しているSUREワイドはがんに対してとても手厚い保障が用意されている保険となっています。

どのように手厚いのかというと

【がん診断一時金が100万円】
がん(悪性新生物)と診断された場合、一時金として100万円が貰えます。しかも2年に1回を限度に何回でも給付金が貰え、2回目以降も診断確定の時点で貰えるという嬉しい条件なので、がんの発生・再発に対して経済的に大きく備えることができます。

ただし、上皮内新生物の場合は一時金が20万円にまで減ってしまい、さらに1回しか貰えなくなります。がんで備えたいのは悪性新生物とはいえ、上皮内新生物の場合ももう少し条件良くしてもらえると良かったかなと思います。

【がんで入院の場合は支払日数無制限になる】
がんで入院した場合は支払日数が無制限になります。通常の病気やケガ、がん以外の7大疾病の場合も120日となっているので、他と比べると長めの設定になっています。

【がんで入院した場合は入院日額が2倍以上になる】
がんで入院した場合、入院日額が2倍になります。例えば日額5,000円で契約している場合は日額10,000円になります。さらに消化器のがんの場合は3倍になるため、1日で15,000円が貰えるようになります。

このように、医療保険としてはがんに対する保障が非常に充実していると言えます。

上皮内新生物に対しての保障がイマイチという気になる点もありますが、本当に備えるべき悪性新生物に対しては嬉しいくらいに充実しているため、「医療保険だけじゃなくてがん保険も欲しいな」と思っていた方にはかなり向いていると思います。

ただし、がんに対する保障内容が良い分、保険料は当然ながら高くなります。がんに対する保障を充実させたい方にはお勧めですが、適度な保障で出来るだけ安くしたい場合は他の医療保険(またはがん保険)を検討した方が良いでしょう。

普通の病気での入院でも1回で120日まで保障してくれる

SUREワイドではがんの場合は支払日数無制限になるというメリットを持っていますが、他の病気に関しても1回で120日まで保障されています。

7大疾病以外の病気・ケガでも120日まで保障されるというのはなかなか嬉しいポイントです。ただし、3大疾病のがん以外(心疾患、脳血管疾患)の場合も120日になってしまうため、この部分も支払日数が無制限となっている新CURE(キュア)と比べるとちょっと見劣りしてしまいます(その代り、新キュアは普通の病気は60日ですが)。

66歳以降はお得になる「60歳以降半額プラン」も用意されている

SUREワイドには60歳以降は保険料が半額になるプランも用意されています。これは通常プランよりも60歳までは少し保険料が高くなりますが、60歳以降は半額になるという内容になっています。

実際にどちらがお得になるのかを計算してみましたが、30歳男性(入院日額5,000円)で加入した場合、66歳になる少し前までは通常プランの方が安上がりですが、それ以降は半額プランの方が安くなり、以降はその差がずっと開いていくという結果になりました。

もしこの保険に生涯ずっと入ると決めているのであれば、60歳以降半額プランにしておくと良いと思います。

ただし、老齢年金が開始される65歳には解約しようとしている方、または他に良い医療保険が出てきたら乗り換えようとしている方は、通常プランを検討しておいた方が良いでしょう。

デメリット部分

保障内容は良いが保険料がとても高い

SUREワイドは医療保険にがん保険がプラスされたような保険であり、しかも内容の質はかなり良いです。

それは良いのですが、その分だけ保険料が高くなってしまっています。他の医療保険にがん一時金特約(50万円)を付けたとしても、1,000円前後くらいの差があります。まあSUREワイドの方は一時金が100万円で、しかも2回目以降も診断確定の時点というかなり良い条件なので、こちらの方が高いのは当然ではありますが。

ただ、このくらいの保険料になってしまうと、「医療保険にここまで出す必要はあるのか?」という問題が浮かんでくる人も多いかと思います。経済状況が普通の一般家庭であればなおさらです。

中身が悪ければ簡単に切り捨てられるのですが、この保険は切り捨てるにはもったいない内容のため、かなり悩みどころとなる保険とも言えるのです。

通院保障がないのが痛い

近年は通院での治療が増えており、将来的にさらに通院治療が増えると言われています。それはがんの治療でも同様です。

そのため、通院での保障がないのはかなり痛いなというのが正直なところです。がんの時に入院給付金額を2倍にしているのであれば、むしろ通院保障を付けて欲しかったですね。

終身払いしかない

この保険では保険料払込期間が終身払しか用意されていません。つまり、一生涯の保障が欲しい場合は一生保険料を払い続ける必要があるのです。

終身払いは「月々の保険料が安くなる」「他に良いがん保険が出た場合に乗り換えやすい」などのメリットがありますが、やはり一定期間で払い終わる形のものも選べるようにしてほしかったです。

長生きする予定の場合は終身払いだと結局支払う保険料の総額は高くなってしまうので、60歳払済や65歳払済を希望する方のために用意しておいて欲しかったと思ってしまいます。

管理人の最終評価

ソニー損保の医療保険にはSUREベーシック、SUREスマートフィット、SUREワイドの3つが用意されていますが、SUREワイド以外はがん診断一時金がないのが非常に痛いです。

しかも他の医療保険と比べると微妙に保険料が高めなため、SUREベーシックとSUREスマートフィットはそれほどお勧めとは言えないのが現状です。

そのため、その3つの中ならSUREワイドが最も注目すべき保険だと思います。が、確かにSUREシリーズの中では最も注目すべきでり、がんに対しての保障がとても良いのは事実なのですが、少々保険料が高いため、リーズナブルな価格を求めるならシンプルながん保険を検討した方が良いかと思います。

医療保険としてもがん保険としても、ちょっと中途半端な印象を受けてしまうのが残念なところです。

管理人taka管理人taka

医療保険をお探しの方はこちらの医療保険 おすすめの比較と評価ランキングのページがお役に立てると思います。

スポンサーリンク